フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

最近のコメント

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 「集団的自衛権についての安倍総理の会見」直前の大谷昭宏の妄想コメント【キャスト】 | トップページ | NYタイムズと佐々江駐米大使が「集団的自衛権」で応酬の記事への川村晃司のコメント  【いま世界は】 »

2014年5月17日 (土)

メディアでバラバラ!「集団的自衛権の世論調査」の各紙比較、読売「71%容認」朝日「反対56%」 【ウェークアップ!ぷらす】

日本テレビ【ウェークアップ!ぷらす】で、
「世論調査で計れない・国民の声」として、集団的自衛権に関する新聞各社の世論調査を比較していたのでその部分のみ記録しました(青字はナレーション) (町の声は省略)

"聞き方・選択肢"の設定によって結果がこんなに違うとは!

そもそもコレ二者択一にしちゃダメでしょ!?(呆) ○○新聞社は恣意的・我田引水なのがアリアリ。

001

夏の閣議決定に向けて来週から自民党、公明党の与党協議が始まる。
国民の理解はどこまで進んでいるのか

002_2

集団的自衛権の行使容認に賛成か反対か。

004_2

集団的自衛権について新聞各社が行った世論調査。その結果は新聞社によって大きく異なる。何故なのか。

005_2

実際に各社の質問を見てみると、聞き方や選択肢の数が違うことが分かった。

006_2

007_2

まずは読売新聞結果は"必要最小限"の選択肢に回答が集中

008_2

紙面では"全面的に"との回答と合わせて『集団的自衛権71%容認』と見出しで報じられた。

009_2

続いて産経新聞読売新聞とほとんど同じ聞き方・同じ選択肢で聞いており、読売新聞とほぼ同じ結果に

010_2

一方、毎日新聞の調査では、先の2紙と比べ反対意見が増加

011_2

質問に読売・産経にない文言がある。その文言とは『憲法解釈を変更して』というもので否定的な意見が4割近くにまで膨れた。

012_2

そして朝日新聞の調査では、毎日新聞と同じく憲法解釈に触れた上で『アメリカのような同盟国が攻撃された時に日本が攻撃されていなくても』という一文が

選択肢も、賛成か反対の2つだ。

結果は賛成27%、反対56%と否定派が賛成派を大きく上回る結果となった。

013

4紙の世論調査の結果を見ると質問や選択肢によって賛成・反対の傾向に大きな差が出ているのだ。

014

016

015

(街の声で、賛成か反対の二者択一では反対した人が、「必要最小限は認める」3択になると「仕方ない。やや賛成」と回答した例を紹介)

017

安倍総理「逃げようとする日本人を同盟国であり能力を有する米国が救助・輸送しているとき日本近海で攻撃があるかもしれない。
このような場合でも日本人自身が攻撃を受けていなければ、日本人が乗っているこの米国の船を日本の自衛隊は守ることができない。これが憲法の現在の解釈です。」

018

一昨日、安倍総理はこれまで歴代の政府が、集団的自衛権は持っているが使えないとしてきた憲法の解釈を見直し限定的に認めるべきだと訴えた
これに対し各党は・・

019,

020

021

022

023

公明党は憲法解釈変更に慎重だ。
自民公明両党は来週20日から与党協議を始める。

安全保障政策の大転換となる集団的自衛権の行使容認への議論。果たして国民の理解は本当に進んでいるのだろうか。

(VTR終了 スタジオトークはやや要約)

024

辛坊氏「ご覧のようにメディアによってバラバラ

ハッキリ言えることは、集団的自衛権に賛成なメディアは賛成が多く、反対のメディアは反対が多く出る。という事になると質問のやり方自体が意図的ではないかという疑いを当然持つ。」

025

橋本氏「例えば安倍さんも全面的に集団的自衛権を行使できるようにしようとしている訳ではなくて、いま問題になっているのは必要最小限でやろうとしているところ。ですから(読売は)そういう質問になる訳。」

辛坊氏「(笑)でもかなりあからさまな気がする。」

橋本氏「いやいやその場合に出来るだけいまの状況に合った客観的なニュートラルな質問。一番ここで回答が多くなるのは『どちらともいえない』というのを設けると必ずそれが多くなるので、一概に賛成・反対とスパッと言えないので難しいので、質問はきめ細かくならざるを得ない。その時に我田引水的なことをやってはいけないという話。」

026

石破氏(Q.政治家として世論・世論調査をどこまで重視するか?) それはやはり聞き方によるが、ただ世論調査は無視できないので、最も意地悪く聞かれた時にでもなんとか半分位いかないかなという努力はする。国会の質問なんてどんな意地悪な質問が出てくるか分からないが、それにどう答えるかが大事で、国民が否定的な意図を持ったメディアが聞いたとしても、『そうは言いってもね』というところまでやるのが我々の仕事。」

辛坊氏「聞き方によってこれだけのバラつきが出るという事は、恐らく国民の大半は悩んでいるというか、、」

027

牛尾奈緒美氏「安保に関する問題は集団的自衛権だけで否定されるものではなく、もっと包括的に全体の様々な法律を想定して考えるべきものなのに、端的にアリかナシかで聞くこと自体が、マスコミ側の聞き方としてちょっと、、」

028

辛坊氏「それを言われるとこの後の展開が非常に辛くなる(笑)」

以下 略

今回の集団的自衛権解釈変更については、昨日の記事を読んでもらうと安倍総理が何をしたいのか、「日本が再び戦争をする国になる」のか、「他国の戦争に巻き込まれないかどうか」が分かります

「集団的自衛権についての安倍総理の会見」直前の大谷昭宏の妄想コメント【キャスト】

安倍総理の会見見て反対する人は、究極の利己主義だと思う。

で、この「聞き方」・インタビューについては、よくテレビでやってる街の声は・・」ってヤツも意味ない気がします・・・

結構、局の意向で誘導されていると思っちゃうんですよ。

人さし指まぁ、マスコミなんてそういうものだと思っておく事が大事ですね。

とにかく、新聞を一紙だけ読んで分かった気になるのは、最もキケン。

それにしても・・お花畑がアカヒを読むのか? アカヒを読むとお花畑になるのか? 

うーん・・・どうなんだろう

ブログランキング・にほんブログ村へちょっと共感!の方はポチッとよろしく
にほんブログ村

Ebimarubn1mid←風来ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 

Photo_2

« 「集団的自衛権についての安倍総理の会見」直前の大谷昭宏の妄想コメント【キャスト】 | トップページ | NYタイムズと佐々江駐米大使が「集団的自衛権」で応酬の記事への川村晃司のコメント  【いま世界は】 »

ウェークアップ!ぷらす」カテゴリの記事

集団的自衛権関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。


>安全保障政策の大転換となる集団的自衛権の行使容認への議論。果たして国民の理解は本当に進んでいるのだろうか。

ぶっちゃけ安全保障で金儲けと票は取れません。だから国民無関心⇒国会議員無関心でいられるという宿痾があります。しかし、これで金儲け&票が取れるというのは、逆に多くの人が困っているということにもなりますから中々難しいものですが。

安全保障に関して、ここ30年間ぐらいは3つのターニングポイントがあったかと思います。
1つは1990年8月にイラクによるクウェート侵攻から始まった湾岸戦争。日本は90億ドルの戦費負担をしましたが、大半がアメリカに入ったこともあり、クウェートの感謝決議の対象になっていません。これが、保守派にとって衝撃となりました。2つめは2002年9月17日の小泉訪朝。これによって拉致事件と日本は平和が砂上の楼閣であることが暴露され、翌2003年11月総選挙において拉致否定派の社民党が12議席減、共産党11議席減など左派勢力の退潮が始まりました。3つめは2009年9月~2012年12月の民主党政権。2010年9月の尖閣諸島漁船衝突事件、2011年3月の東日本大震災によって国民は安全を求めるようになり、その思いが2012年師走総選挙における民主党壊滅の一因になったと思います。

1つめの事例は一部関係者のみでしたが、後は国民全体が衝撃を受けました。このような流れの中に、我々は生きているのだと言うことを踏まえなければなりません。特に2010年9月の尖閣諸島漁船衝突事件が今回の中越対立における中国の強硬姿勢につながっていると思います。つまりは、日本(民主党政権)が国際社会の緊張の原因を提供したことになります。歴史を遡ればアチソンラインが朝鮮戦争を誘因しています。最近だったらフィリピンの米軍撤退⇒中国海洋侵出⇒米軍のフィリピン再駐留なんて流れがあります。


日本国憲法前文には以下のフレーズがあります。

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。


「平和のうちに生存する権利を有すること」を守るために必要な行動を取ろうと思わないのか、隷属の上での自由が本当の自由なのか、銀行が強盗対策に監視カメラや警備員を雇うのは無駄なのか?警察と裁判所は何のためにあるのか、果たして国際協調とは何なのか、これらを9条堅持派に聞いてみたい。まあ、自分たちの権利が侵害された場合は派手な行動を取るのですが・・・・・・。その例が「9条ナイフ」の中井多賀宏ですが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/中井多賀宏

マスコミの遣りたい放題は酷いね。
自分たちに都合がいいときは世論調査を絶対みたいにいいながら
自分たちに都合が悪いと、世論調査では図れないって論理破綻

知り合いの構成作家に聞いた事あるけど
街中のアンケートなんて、昨今の人気物アンケートなんかでも
ピックアップされたタレントのカンペを見せて、その中から選ばせて
それをあたかも思いついたかのように編集してるって言っていました。

テレビはやりたい放題好きに編集してますよ。

おはようございます。

各紙面でそれぞれ結果は違うようですが、朝日を除いては、概ね多数の消極的賛成を含めた賛成派が多いようですね。でも選択肢の中に「改憲した上で」がないのが気がかりというか、残念というか・・・なんにせよ、これらの世論調査の結果を、今の政治がどれだけ民意として汲み取るかどうか注視したいところです。

しかしまあ、こうやって並べて見ると朝日がずば抜けてお花畑なのが分かりやすく浮き彫りになりますね。
>お花畑がアカヒを読むのか? アカヒを読むとお花畑になるのか?
近所の還暦迎えてるご老体方は朝日購読者が多いようなんですが、それを見る限りだと後者かなーって感じがします、でもやっぱり朝日も読者も両方お花畑かな(苦笑

 おはよう御座います。
 それでも、当該番組はアンケートの内情?を打ち明けている部分では良心的だったかも知れませんね。
 自分たちでも打ち明けているように、世論事情はテレビ局の意向で操作できる、しているってことだと思います。だとしてら、そんなアンケートにどれだけの価値があるんでしょうか。。。ホントにバカバカしい話だと思います。ただ、そういうテレビや新聞が意図的に操作しているということを、もっともっと国民が周知するべきだと思います。こんな結果をもって「国民の多くが・・・」なんて言って欲しくありません。
 余談になりますが、最後にやっていた集団的自衛権に関する一般人と一緒のスタジオトーク?で、あるオバサン「集団的自衛権と聞くと集団自決を思い出す」とかなんとか。結局、中身なんてどーでも良いんでしょうね。

さくらにゃんさん、おはようございます。

アンケート調査は、質問の作り方によっていくらでも回答を誘導できますよね。例えば、内閣支持率を調査するときに、

A:「財政出動により借金を増やしている現在の内閣を支持しますか?」
B:「財政出動により景気刺激策を行なっている現在の内閣を支持しますか?」

Aの聞き方をされれば「支持しない」と答える人が増え、Bの聞き方をすれば「支持する」という人が増えることが予想されます。

実際には同じことを行なっているのですが、視点を変えて質問の内容を変えているだけです。


また、集団的自衛権の行使については調査に回答している人が、どれだけ中身を理解して答えているのかも疑問です。しっかりと判断できる材料がない状態で回答している人がかなり多いのではないでしょうか。集団的自衛権の行使が、どのような影響を及ぼすかが分からずに回答した結果を集計しても、意味がないような気がします。


あと、牛尾奈緒美氏が本質的なことを言ったので、辛坊氏も困っていましたね(笑)

こんにちは!
集団的自衛権に関するニュース、昨日からチャンネル変えながらあちこちで見てみました。
「NHKニュース」「報道特集」「サンモニ」「報道ステーション」など…
そして先ほど偶然見た「たかじんの胸いっぱい」。

安倍総理の独断で決めようとしている、
総理は歴史に名前を残したいと思っている、
自民党はなぜこんなに急ぐのか、
自衛隊員は殺される、
徴兵制度が復活する、
国民は誰も望んでいない、
するなら堂々と憲法改正で是非を問え、
左翼のおばちゃん「アメリカに守ってもらえばええやん、自衛隊が行くことない」

…日本はもうほぼ日本人のものではないようです。テレビも新聞も国民も。
支持率高いのがせめてもの救いですね。

さくらにゃんさん、こんにちは。
集団的自衛権、マスコミは日本の立場でしか報道してませんが・・・時にはアメリカ人の立場になって考えてもらいたいもんです。
日本が攻撃されれば無条件にアメリカが日本を守る。
もしアメリカが攻撃されれば、日本がアメリカを守るかどうか保証できない。
国情や軍事力の違いもありますが、日本とアメリカの立場を置き換えてみれば・・・この問題は一般のアメリカ人にとっては、感情的にとても納得できないことだと思います。
お花畑のマスコミには、1988年の南沙諸島スプラトリーにおける中国海軍による、無抵抗のベトナム将兵64名虐殺の動画でも見てもらいたいものですが・・・例によってやはりスルーするんでしょう。
南シナ海や東シナ海で中国が我が者顔でやりたい放題をやり、脅威がすぐそこまで迫っているにもかかわらず、日本国内ではまだこんな段階・・・やはり日本は平和過ぎたんですかねえ。
マスコミを筆頭に日本国民の多くは、まさか尖閣諸島がこのままの状態で、中国が大人しく手を引くとでも思っているんですかねえ・・・。

今朝の『サンデーモーニング』、なんと河野洋平が出てました(`´#)

ビデオに録ってますが、まだ全てを見てません。ただ、見なくても大体分かりますΨ(`∀´#)

どうせ河野談話のことは一言も言わずに、平和ガ~、友好ガ~、と言いまくるんでしょう(><)

しかし、安倍政権の支持率は下がっていない。これこそが、国民が出した答えではないでしょうか。

そういえば、さくらにゃんさんが以前お書きになった“日本おばちゃん党”が『報道特集』に出て、「危機なんかない!ファンタジーや!」って言ってました。中国が海の支配を狙ってること、北朝鮮の拉致、一切を考えないなんとお目出度い頭なのでしょう。ただ、おばちゃん党みたいな馬鹿が、馬鹿な発言をやり続けてくれるからこそ、安倍政権のやってることがまともに見えるんですよね(^_^;)

それからG-netさんがおっしゃった『たかじん胸いっぱい』。松尾貴史が相変わらず知ったかぶりの嘘話をふかしてますが、『美味しんぼ』の作者、雁屋氏の言ってることは全て嘘。嘘を嘘と言う勇気のない男が言う“平和”なんて一切信じません!!

おはようございます。

堂々と憲法改正すべきだ。改正反対派が言うんですから笑っちゃいます。しかも堂々とは言うけど、別に解釈変更が違法とは言わないんですよね。

個別で対処可能な事もある。という事は可能ではないとこもあるんですよね?しかもそれでは従来通り個別の範疇なのかどうかで自衛官は戸惑いますね。だから両方OKにして、国際法を基準に行動し、必要以上の事はしないように歯止めかければいい。

政権が代われば解釈も変わる可能性・・・何言ってんだろ?国民主権って言ってんのにね。そういう政策を打ち出した政党を国民が選んだのなら仕方ないですよ。それが民主主義ですから・・・ころころ変えるのはよくないと思うなら、そのような政党を選ばなければいいだけの話。何のための選挙なんでしょう?しかもそれと集団的自衛権と何の関係がある?集団的自衛権の必要性の話では?・・・サヨお得意の何でも混ぜて議論するってのが出てますね。それにその事に関しては既に約4年、その悪夢(民主)を見てきましたよね。つまりは国民次第なんですよ。それがわからないとは、ほんと呆れる・・・

● kirisame59 さん
こんにちは。

>ぶっちゃけ安全保障で金儲けと票は取れません。だから国民無関心⇒国会議員無関心でいられるという宿痾があります。しかし、これで金儲け&票が取れるというのは、逆に多くの人が困っているということにもなりますから中々難しいものですが。

  今までは安保問題で票が取れないという時代でしたが、
周辺国のお陰?で、平和ボケだった日本国内の空気も変わってきたと思います。

>安全保障に関して、ここ30年間ぐらいは3つのターニングポイントがあったかと思います。

>3つめは2009年9月~2012年12月の民主党政権。2010年9月の尖閣諸島漁船衝突事件、2011年3月の東日本大震災によって国民は安全を求めるようになり、その思いが2012年師走総選挙における民主党壊滅の一因になったと思います。


私も、やはりこの3つ目の、民主党の無能っぷりで国民が目覚めたのが大きいと思います。
日本の舵取りをするトップに「日本を守り抜く!」という気概を求めつつあるような。
同時にオバマ政権なってあからさまに介入してこないアメリカへの不信感も?

>「平和のうちに生存する権利を有すること」を守るために必要な行動を取ろうと思わないのか、隷属の上での自由が本当の自由なのか、銀行が強盗対策に監視カメラや警備員を雇うのは無駄なのか?警察と裁判所は何のためにあるのか、果たして国際協調とは何なのか、これらを9条堅持派に聞いてみたい。まあ、自分たちの権利が侵害された場合は派手な行動を取るのですが・・・・・・。その例が「9条ナイフ」の中井多賀宏ですが。

中井多賀宏・・・キチガイですね!(・・;)
紫頭というのはアレを彷彿とします。
 何もせず9条のお題目を唱え、アメリカの若者は死んでも日本人は戦ってはいけないなんて、
究極の自己中・卑怯者で、猛烈に軽蔑します。

●    さん
>マスコミの遣りたい放題は酷いね。
自分たちに都合がいいときは世論調査を絶対みたいにいいながら
自分たちに都合が悪いと、世論調査では図れないって論理破綻

確かに!(苦笑)
世論調査は世論誘導だと心得なくてはいけませんね。

>テレビはやりたい放題好きに編集してますよ。

テレビも同じですね。
特にサンモニの「街の声」なんて、印象操作アリアリだし。
 

●水浸し さん
こんにちは。

>各紙面でそれぞれ結果は違うようですが、朝日を除いては、概ね多数の消極的賛成を含めた賛成派が多いようですね。でも選択肢の中に「改憲した上で」がないのが気がかりというか、残念というか・・・なんにせよ、これらの世論調査の結果を、今の政治がどれだけ民意として汲み取るかどうか注視したいところです。

どれを世論というかが大事ですよね。
少なくてもアカヒの2択調査が、国民の声だとは思えない。

>しかしまあ、こうやって並べて見ると朝日がずば抜けてお花畑なのが分かりやすく浮き彫りになりますね。
>>お花畑がアカヒを読むのか? アカヒを読むとお花畑になるのか?
近所の還暦迎えてるご老体方は朝日購読者が多いようなんですが、それを見る限りだと後者かなーって感じがします、でもやっぱり朝日も読者も両方お花畑かな(苦笑

こうやって比較すると、アカヒが本当に異常なのがよく分かりますよね!

そういえば、学校で「天声人語を毎日読む」という宿題があり、
家でアカヒをとっていた時代がありました。
だから、大人になるまで私お花畑だったのかも知れない・・・
「日教組がアカヒを進めて、お花畑になった」例です^^;

●G-net  さん
こんにちは。

> それでも、当該番組はアンケートの内情?を打ち明けている部分では良心的だったかも知れませんね。

この比較は、良心的だと思います。アカヒと毎日の異常さがよく分かるしね。


> 自分たちでも打ち明けているように、世論事情はテレビ局の意向で操作できる、しているってことだと思います。だとしてら、そんなアンケートにどれだけの価値があるんでしょうか。。。ホントにバカバカしい話だと思います。ただ、そういうテレビや新聞が意図的に操作しているということを、もっともっと国民が周知するべきだと思います。こんな結果をもって「国民の多くが・・・」なんて言って欲しくありません。

まったく同感です!
それが言いたかったんですよ!

> 余談になりますが、最後にやっていた集団的自衛権に関する一般人と一緒のスタジオトーク?で、あるオバサン「集団的自衛権と聞くと集団自決を思い出す」とかなんとか。結局、中身なんてどーでも良いんでしょうね。

あのオバサンの発言、逆に良かったtm。
「集団的自衛権という名前が悪い」みたいな話・・・(爆)
反対している人たちは、こんな無知なんだと分かったし。

● orange  さん
こんにちは。

>A:「財政出動により借金を増やしている現在の内閣を支持しますか?」
B:「財政出動により景気刺激策を行なっている現在の内閣を支持しますか?」

>Aの聞き方をされれば「支持しない」と答える人が増え、Bの聞き方をすれば「支持する」という人が増えることが予想されます。


はい、設問の仕方でいくらでも操作出来ると思います。
特に巧妙なのは、アカヒとヘンタイですよね。

>また、集団的自衛権の行使については調査に回答している人が、どれだけ中身を理解して答えているのかも疑問です。しっかりと判断できる材料がない状態で回答している人がかなり多いのではないでしょうか。集団的自衛権の行使が、どのような影響を及ぼすかが分からずに回答した結果を集計しても、意味がないような気がします。

「集団的自衛権行使」というイメージだけで答えるのと、安倍総理の会見を受けて答えるのでは
全然違います。
 あの会見を見たか見てないかも聞くべきじゃないかなと思いました。

>あと、牛尾奈緒美氏が本質的なことを言ったので、辛坊氏も困っていましたね(笑)

辛坊氏は全て理解しているけど、あの後の番組の進行上参ったってカンジでしたね。

●ひろ さん
こんにちは!

>そして先ほど偶然見た「たかじんの胸いっぱい」。

安倍総理の独断で決めようとしている、
総理は歴史に名前を残したいと思っている、
自民党はなぜこんなに急ぐのか、
自衛隊員は殺される、
徴兵制度が復活する、
国民は誰も望んでいない、
するなら堂々と憲法改正で是非を問え、
左翼のおばちゃん「アメリカに守ってもらえばええやん、自衛隊が行くことない」

ええーっ!? 「たかじんの胸いっぱい」ってそんな事になってたんですか!?
サヨクの妄想に反論してないの??


>…日本はもうほぼ日本人のものではないようです。テレビも新聞も国民も。
支持率高いのがせめてもの救いですね。

 マスコミは、あまりにも恣意的に情報操作していますね。
安倍総理の会見見て、そんな事がいえるなんて信じられません!

●タケコプター さん
こんにちは。

>集団的自衛権、マスコミは日本の立場でしか報道してませんが・・・時にはアメリカ人の立場になって考えてもらいたいもんです。
日本が攻撃されれば無条件にアメリカが日本を守る。
もしアメリカが攻撃されれば、日本がアメリカを守るかどうか保証できない。
国情や軍事力の違いもありますが、日本とアメリカの立場を置き換えてみれば・・・この問題は一般のアメリカ人にとっては、感情的にとても納得できないことだと思います。

片務協定があるとは言っても、
アメリカの人にしてみればアメリカ人だけが血を流すこのシステムは納得できませんよね。
マトモな日本人もそんな理不尽なことはしたくない。
助け合わないと本当の同盟じゃないと思います。
 しかもサヨクは、その片務義務の沖縄基地も反対してる・・
9条があればどこも攻めてこない。自衛隊だけで守れるとでも思っているのか?(呆)
 
>お花畑のマスコミには、1988年の南沙諸島スプラトリーにおける中国海軍による、無抵抗のベトナム将兵64名虐殺の動画でも見てもらいたいものですが・・・例によってやはりスルーするんでしょう。
南シナ海や東シナ海で中国が我が者顔でやりたい放題をやり、脅威がすぐそこまで迫っているにもかかわらず、日本国内ではまだこんな段階・・・やはり日本は平和過ぎたんですかねえ。
マスコミを筆頭に日本国民の多くは、まさか尖閣諸島がこのままの状態で、中国が大人しく手を引くとでも思っているんですかねえ・・・。

平和ボケが過ぎるんですよ!
サンモニの連中も「いまこそシナと首脳が会って話し合わなくてはならない」と言ってました(呆)
その話し合いにしても、「条件つき」なのに・・・本当にアホとしか言いようがない。

●播磨真悟  さん

>今朝の『サンデーモーニング』、なんと河野洋平が出てました(`´#)

出てました(笑)
この期に及んで出演させる方もさせる方だけど、よく国民の前に出れるなと感心しますねぇ。

>どうせ河野談話のことは一言も言わずに、平和ガ~、友好ガ~、と言いまくるんでしょう(><)
>しかし、安倍政権の支持率は下がっていない。これこそが、国民が出した答えではないでしょうか。

「いまこそシナと話し合え」と言ってました(笑) 
未だにこんなことしか言えないなんて、サヨクの限界を感じます。

>そういえば、さくらにゃんさんが以前お書きになった“日本おばちゃん党”が『報道特集』に出て、「危機なんかない!ファンタジーや!」って言ってました。中国が海の支配を狙ってること、北朝鮮の拉致、一切を考えないなんとお目出度い頭なのでしょう。ただ、おばちゃん党みたいな馬鹿が、馬鹿な発言をやり続けてくれるからこそ、安倍政権のやってることがまともに見えるんですよね(^_^;)

コレですね
《オッサン政治にツッコミを入れる『全日本おばちゃん党』を報じた番組の如何わしさ 【キャスト】》http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/l-8fd0.html
多分、9条狂繋がりです。
 「安倍総理の会見見て納得する人間がいるだろうか?」なぞと言ってましたが、
あれ、逆効果です(笑)
マトモな日本人は理解しているから「71%許容」なんだし。

>それからG-netさんがおっしゃった『たかじん胸いっぱい』。松尾貴史が相変わらず知ったかぶりの嘘話をふかしてますが、『美味しんぼ』の作者、雁屋氏の言ってることは全て嘘。嘘を嘘と言う勇気のない男が言う“平和”なんて一切信じません!!

松尾貴史ですか・・・
あの人、その場の空気でコメントする電波芸者です。

●huu さん
こんにちは。

>堂々と憲法改正すべきだ。改正反対派が言うんですから笑っちゃいます。しかも堂々とは言うけど、別に解釈変更が違法とは言わないんですよね。

「堂々と憲法改正すべきだ。」・・・反対派が言い出だしてますね(苦笑)
それも滑稽だけど、憲法改正するのが非常に難しくて時間が掛かるというのを分かって言ってるからタチ悪い。
 そんな悠長な時間がないから、今までおかしかった解釈を是正するって話なのに!

>個別で対処可能な事もある。という事は可能ではないとこもあるんですよね?しかもそれでは従来通り個別の範疇なのかどうかで自衛官は戸惑いますね。だから両方OKにして、国際法を基準に行動し、必要以上の事はしないように歯止めかければいい。

当たり前だけど個別的自衛権には限界があるんです。
キッチリ法整備して隙間のないようにするのが、政府の役目ですよね。

>政権が代われば解釈も変わる可能性・・・何言ってんだろ?国民主権って言ってんのにね。そういう政策を打ち出した政党を国民が選んだのなら仕方ないですよ。それが民主主義ですから・・・ころころ変えるのはよくないと思うなら、そのような政党を選ばなければいいだけの話。何のための選挙なんでしょう?しかもそれと集団的自衛権と何の関係がある?集団的自衛権の必要性の話では?・・・サヨお得意の何でも混ぜて議論するってのが出てますね。それにその事に関しては既に約4年、その悪夢(民主)を見てきましたよね。つまりは国民次第なんですよ。それがわからないとは、ほんと呆れる・・・

  全くです!
しかも安倍総理は二度の選挙で集団的自衛権の事を明言してました。
それをマスコミは猛批判していたけど、選んだのは国民です。
国民の命を守る法整備、 当然ですよね。

が恋愛禁止というルールだからだろ つうか、他人のキモさはやたら攻撃するのに、自分のキモさとその原因を

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「集団的自衛権についての安倍総理の会見」直前の大谷昭宏の妄想コメント【キャスト】 | トップページ | NYタイムズと佐々江駐米大使が「集団的自衛権」で応酬の記事への川村晃司のコメント  【いま世界は】 »