フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

最近のコメント

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 元朝日新聞記者の植村隆が西岡力氏をいきなり提訴したわけ【追記アリ】 | トップページ | 毎日新聞一面『安倍総理 真珠湾訪問を検討』報道、官邸側は即否定 【グッド!モーニング】 »

2015年1月13日 (火)

風刺画と表現の自由・・「私はシャルリ」現象と岸井氏のコメントに違和感 【News23】

TBS【News23】(1/12)の、

パリの大規模デモに対して、岸井成格のコメントを聞いてモヤモヤするので記録しました(VTRは要約)

あんまり頭が整理出来てないけど、思うままを書いてみます。

001_2
被害者への鎮魂。表現の自由への思い。様々な祈りが交錯したパリで一夜が明けた。・・・
002_2

004_3
(「大規模なデモから1夜明け街は落ち着きを取り戻したが、パリの警備に新たに1万人の兵士が充てられるなど緊張は今も続いたまま。ゴールデングローブ賞の受賞式はテロとの戦いを示す場になりジョージ・クルーニー「我々は恐れない」とコメント。17人の犠牲者を追悼しテロを非難する人々が街を埋め尽くしていた。フランス全体で370万が參加し史上最大規模のデモ行進が行われた。ネタニヤフ首相やアッバス議長も參加した」というレポートなど 略)

005_3

岸井氏「・・あの規模には本当に驚きましたよねー。、フランス革命以来200年以上ね、大切に守ってきた、言論表現の自由、それが危機に見舞われているとそういう状態でしたからね、その危機感の表れだと思うんですよね。

また世界が反テロで団結した歴史的な日にもなったと思います。

だから私達日本人もこれを機に、言論・表現の自由がいっかに大事か、そういう事を再認識するそういう機会にしたいと思うんですよねー。」

以上

なんか、ちょっと違う気がします・・・

世界が反テロで団結するのはいいとして、

言論の自由は民主主義の基本だけど、

人さし指そもそも「表現の自由」は何でも許されるんでしょうか?

フランスの風刺画って、私でさえ許せないものがあるんですが右

Photo_3
特に日本は「人の悪口を言ってはいけない」と言われて育ちますが、

(大人になって気づくと、メディアに溢れているのは下品な悪口だらけなんですが)

麻生さんの総理時代は本当に酷かったし、今の安倍総理へのバッシングも酷いもんです右

013(やくみつるの「おくりびと解散」の漫画)

Images


まぁ、国内で「権力を監視」云々言っている分にはまだいいけど(本当は良くない!)、

人さし指他国の指導者を侮辱するような表現をし出したら、それは誤解・偏見・差別・憎悪を生み出しますよね右

Imagesxyeeim85


個人的な悪口ならまだしも、それをマスメディアがやりだすのは、世界平和・融和とは逆行するもの。

その憎悪の増幅は、"いわゆるヘイトスピーチ"どころの騒ぎじゃないです。

で、「風刺画 天皇陛下」で画像検索すると、トンデモないものが出てきました。

ここに載せていいのかどうかも凄く迷いましたが・・・これも「表現の自由」なんでしょうか右

Images428jf3dt

Images1

世の中には歯止めをかけないといけないものがあります。

例えば、サッカーの試合では神経質すぎるほど、FIFAが厳格に色々と規定していますよね右

《韓国人サッカー選手の"サルマネ" 日本人を侮辱か   【スーパーニュース】》より

木村氏「凄く良い試合だったのに、後味が悪くなりましたよね。それからボクが心配なのはの、これ日本に対してやったかどうかって事よりも

今FIFAが、人種問題とか人種差別、すっっっごい厳しいでしょ。

008 

あのこれねぇ、あのこの間の南アフリカ大会のシーンですけど、『もう人種差別にはNOと言おう』、こういう横断幕が掲げるんですよね。

で、あのー西ドイツ大会でも、キャプテンが出てって『人種差別やめよう』って事を自分の言葉で言うってぐらい規律・規則を変えましてね、

そういうその差別があった場合には、もう得点を没収しちゃうとかね、それから出場資格を剥奪するぐらいスゴイ厳しい事言ってんですよ。

だからあの、これ韓国の問題なんですけど、日本が絡んだ試合でね、そういう事が起きたっていうのはね、日本としても残念ですよね。・・・

史上最高潮に盛り上がっている「私はシャルレ」の大規模デモ、怒りは分かるけど一層対立を煽るだけのものにならなきゃいいけど・・と思います。

テロは絶対に許されない。

だけど風刺画が憎悪を煽ったのは事実だし、西側の人たちは冷静になるべき。

それにしても、岸井氏は「表現の自由がーと、特定秘密保護法に絡めて口角泡を飛ばすが如くクドクドいっつも言ってるし、

「ヘイトスピーチは絶対に許されないと眉を顰めて強調しているけど、

それって、市民レベルは絶対に悪口言っちゃダメだけど、メディアは何でもやっていいってこと?

サヨクの理論って理解できないし、本当にご都合主義だなぁと思う。

マスメディアが対立を煽るような事しちゃ絶対にダメでしょ。

何でもかんでも「言論・表現の自由」と言うのは、メディアの驕り・特権意識だと思います。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ! 

« 元朝日新聞記者の植村隆が西岡力氏をいきなり提訴したわけ【追記アリ】 | トップページ | 毎日新聞一面『安倍総理 真珠湾訪問を検討』報道、官邸側は即否定 【グッド!モーニング】 »

コメンテーター」カテゴリの記事

NEWS23」カテゴリの記事

ヘイトスピーチ関連」カテゴリの記事

オリンピック関連記事」カテゴリの記事

岸井成格」カテゴリの記事

テロ・テロリスト」カテゴリの記事

天皇・皇室」カテゴリの記事

コメント

またレスさせて頂きます。

日本の左翼は、ダブルスタンダードですから、報道の自由、表現の自由と綺麗ごと言っておきながら、自由とセットしてある思い責任は放棄して、言いたい放題、その象徴が朝日新聞の慰安婦報道でしょう。

更に、自分達は散々、アメリカの悪口を言って、デモも起きているというのに、韓国に関してはヘイトなんとかといって、下品だと言って、蔑み、韓国の悪口は駄目と言っているのですから、完全に自己矛盾を起こしていますね。

今回のフランスのテロは、微妙な問題ですし、宗教的な意味合いもあって、難しい問題でもあると思いますが、ただ、イスラムのテロがアメリカ一辺倒ではなくなり、テロリストも、イスラムの人ではなくて、テロを起こす国の国籍を持った人ですから、防止は更に難しいのが特徴ともいえるテロだった気がしています。

こんにちわ

今回のフランスの事件は、またぞろ左の、と言うか、リベラルを気取る人たちの幼稚さ
を露呈したように思います。あのデモに酔ったように「自由と人権」と言いながら、
そのフランスは原発、核兵器、植民地を持ち、「自由と人権」は軍隊で守っていること
は見えないのでしょう。

さらに、安倍さんはデモに参加しないのか、招待されないのかと無邪気につぶやく
輩もいたりして。典型は江川しょう子ですが、この人、集団的自衛権には反対でしょう
に。他国の戦争に巻き込まれる、と言いながら、フランスの反テロパフォーマンスに
参加しろと言うのかと。

ついでながら、こういうなんちゃってリベラルを、先週の「ボイス」で青山さんが痛烈に
批判していましたね。フランスでは今回の襲撃犯を短時間で制圧しましたが、日本であんな事態が起こったら、警察は同様の断固たる行動をとれるのか、声が大きいだけ
の人権派弁護士やら「リベラル」な言論人が大騒ぎするだろうなと想像します。

さくらにゃんさん、自分が言いたかったことを全部言ってくれましたm(__)m

テロを許してはならない。表現の自由を守れ。と言いながら、在特会に対しては、「あんなのは言論ではない」と言う。

ならば岸井に問いたいが、シャルリの漫画はいいのか?福島原発の被害者をおちょくった漫画は言論なのか?在特会を批判する手合いの殆どは、捏造人種差別ドキュメンタリー『ザ・コーヴ』の応援団だったのではないのか。そして岸井、waiwaiは言論なのか言論じゃないのか答えろ!!

フランス、そして欧米の常軌を逸したイスラムと有色人種に対するヘイトを見た時に(昔のフランスのエスプリは、ほんわかした皮肉でしたよ)、つくづく日本は恵まれた国だと思いました。

だから絶対に移民なんか入れてはならない。両方とも不幸になります(-_-;)

因みにフランスで極右と言われている国民戦線の父ルペン氏はこんなこと言ってました。

「セネガルから医者がパリに来たらどうなる。医者が一番必要なセネガルから医者が1人いなくなり、パリの医者が1人失業する」

国民戦線って極右じゃなくて、全然まともな政党じゃないですか\(^o^)/

>>何でもかんでも「言論・表現の自由」と言うのは、メディアの驕り・特権意識だと思います。

あー、スッキリ☆
ほんっと、そう思います!

テレビなどマスコミがやっている、虚偽・捏造を報道と詐称して宣伝することは、むしろ「表現の自由」の逆だと思います。

さくらにゃんさん、こんばんわ!!
>何でもかんでも「言論・表現の自由」と言うのは、メディアの驕り・特権意識だと思います。
…と言う文末の部分は、全くの同感です。
私たちは、もう一度”自由”を再確認すべきですね!!
元々、日本語には”自由”と云う表現・表記は無かったそうです。
福沢諭吉さんが欧米で「Freedom」の考え方を学んだが、適切な日本語が無かったので、苦心惨憺の末、「自からをもって由(よし)とする」と考え、「自由」と言う表現・表記をあみだした…そうです。
「自由」の行使が他人を妨げ、誹謗・中傷になってはいけないし、「自由」を行使した結果については、当人がこれを甘受しなければなりません。
メディア・マスコミは「第4の権力」と言われますが、その権力の行使に”謙虚さ”があるとは思えませんね!
『どけ!どけ!頭が高い!「報道の自由」様のお通りじゃ!」みたいな!!
>フランス革命以来200年以上ね、大切に守ってきた言論表現の自由
…と岸井が偉そうに言いますが、フランス革命ってそんな偉そうなものでしたっけ??
「自由・平等・博愛」の為に戦ったそうですが、実態は「植民地略奪競争」等で大英帝国に負け、フランス経済が疲弊し、不満が鬱積した市民が暴徒化し、バスチーユ牢獄を奇襲し、不満を持っていた軍隊もそれに呼応した。その結果、200万人以上の犠牲者を出したフランスの恥かしい内乱…そんなものでしたよね!(異説有)
それにしても、他の諸国は「恥かしい歴史」⇒「自尊史観」に修正(整形?)するのに、何で日本だけ自虐史観が蔓延するのかな!!
やっぱり「GHQの戦後教育」「朝日・岩波・日教組」が諸悪の根源なんでしょうね!!

●タンク さん
こんばんは。

>日本の左翼は、ダブルスタンダードですから、報道の自由、表現の自由と綺麗ごと言っておきながら、自由とセットしてある思い責任は放棄して、言いたい放題、その象徴が朝日新聞の慰安婦報道でしょう。

サヨクの限界なんでしょうね。なんでその矛盾に気づかないのかな?
「安倍政権が右極化で危ない」とウソ言うけど、
「表現の自由」で侮辱する方が絶対に危ないと思います。

>更に、自分達は散々、アメリカの悪口を言って、デモも起きているというのに、韓国に関してはヘイトなんとかといって、下品だと言って、蔑み、韓国の悪口は駄目と言っているのですから、完全に自己矛盾を起こしていますね。

本当にそうですよね。
韓国愛が異常で笑えます。

>今回のフランスのテロは、微妙な問題ですし、宗教的な意味合いもあって、難しい問題でもあると思いますが、ただ、イスラムのテロがアメリカ一辺倒ではなくなり、テロリストも、イスラムの人ではなくて、テロを起こす国の国籍を持った人ですから、防止は更に難しいのが特徴ともいえるテロだった気がしています。

 傍から見ると 欧米VSイスラム の構図だと思いますが、
「イスラム国」が厄介なんですよね。既に色んな人種が参加してるし。
はっきり敵が見えない分、戦争より恐ろしいです。

ご無沙汰してます。
仕事や突然の入院等でなかなかコメントできませんでした。
今年もよろしくお願いします・・・・。
岸井氏は確か、父上が共産党員だと聞いたことがあります。
相変わらずの二枚舌ですねえ、さすが時代遅れの左翼思想に年季が入ってます。
都合の悪い意見はヘイトスピーチで、都合の良い意見は言論の自由ですか・・・。
全くアホらしくなります、こんな男の言いたい放題が電波に乗って全国に流れるんですから・・。
昨年末の総選挙で安倍政権は勝利し、長期政権の展望が開けてきました。
隣国のクネさんが、日韓50周年にかこつけてまた何やら言っているようですが、安倍総理は全く取り合うつもりはないようです。
ぜひそのままの姿勢でずっと無視してもらいたい気持ちです。


 こんばんは。

>テロは絶対に許されない。
>だけど風刺画が憎悪を煽ったのは事実だし、西側の人たちは冷静になるべき。
仰る通りだと思います。そのような普通の感覚である指摘をどこのテレビでも出来ていませんね。

>「言論・表現の自由」と言うのは、メディアの驕り・特権意識"そのものだと思います。
 まったく同意致します。本当にメディアの特権意識には呆れ返ります。

 話が逸れてしまいまうかも知れませんが、植村隆氏の今回の文春や西村氏に対する訴訟の件でも通じますが、自分の書いた記事が間違っていても 謝罪や訂正もせず、間違いを指摘した人間を名誉棄損だと弁護士を170人もつけて訴訟を起こし、また周りをけん制し脅す。こんな人間たちが言う表現の自由とは自分たちだけであって、気に入らない表現は「ヘイトスピーチ」になるんでしょう。

さくらにゃんさん、こんばんは!

私も、反テロには賛成ですが、どうにも腑に落ちない「言論・表現の自由」でした。

>大人になって気づくと、メディアに溢れているのは下品な悪口だらけ

本当にそうなんですよね…特に「日本」と「天皇陛下」や「自民党」「安倍総理」へのヘイトはハンパじゃない。政治に対して意見を言うのはわかるのですが、最初からすべてを否定してかかるところに?なんです。そして言いたい放題。

海外は日本と比べると罵詈雑言に満ち溢れています。
フランスの風刺画は度を過ぎていましたね。
これも一神教であるキリスト教の影響なのか?

何とも哀しい事件でした。

 何をしたり顔で・・・の一言であります。
えらそーな事を言うなら、日本国内報道であるならば、同時に南鮮という国家権力による産経新聞記者在宅起訴に触れない限り、一方的偏向報道と断じてよいと思います。
 植村氏記者会見で、
 『韓国では慰安婦のことを「女子挺身隊」あるいは「挺身隊」という言葉で表現しておりました。』と述べておりましたが、以前委員会で、前川惠司氏が
 『当時、慰安婦といえば米軍慰安婦のことを意味し、彼は挺身隊というのを使ったのでは・・・』
と、言ったはりました。この小さい一点をとらえても植村氏は偏向・捏造記者と言えると思います。
 百田氏が、
『元朝日新聞の記者、植村隆が文春と西岡力氏を名誉毀損で訴えたが、なんと弁護団が170人だという。それで、ネットなどで植村を中傷した人間を、今後、片っ端からやっつけていくと息巻いているらしい。』
 と書いたはりますが、以前、光市母子殺人事件の時も21人の大弁護団がつき、なんやこいつらはと思った記憶があります。
 170人の弁護士・・・思想的にどうなっているのでしょう。驚きと危惧を感じます。
 

● いつも読んでいます さん
おはようございます。

>今回のフランスの事件は、またぞろ左の、と言うか、リベラルを気取る人たちの幼稚さ
を露呈したように思います。あのデモに酔ったように「自由と人権」と言いながら、
そのフランスは原発、核兵器、植民地を持ち、「自由と人権」は軍隊で守っていること
は見えないのでしょう。

「さすがフランスは自由の国」と讃えていますが、
その自由は、相手を侮辱しても何をしても許される「自由」なんですかねぇ・・(;一一)

>さらに、安倍さんはデモに参加しないのか、招待されないのかと無邪気につぶやく
輩もいたりして。典型は江川しょう子ですが、この人、集団的自衛権には反対でしょう
に。他国の戦争に巻き込まれる、と言いながら、フランスの反テロパフォーマンスに
参加しろと言うのかと。

へー、そんな事を言ってるんだ(・・;)
安倍総理は利口ですね。日本はこういう時こそ中立でいるべき。

>ついでながら、こういうなんちゃってリベラルを、先週の「ボイス」で青山さんが痛烈に
批判していましたね。フランスでは今回の襲撃犯を短時間で制圧しましたが、日本であんな事態が起こったら、警察は同様の断固たる行動をとれるのか、声が大きいだけ
の人権派弁護士やら「リベラル」な言論人が大騒ぎするだろうなと想像します。

なるほど、さすが青山さん。
日本でアレが起こったら・・・なんちゃってリベさん達はどうするのかな?
まず「ヘイトスピーチがー!」なんて言いそう。

●播磨真悟 さん
 なんか、こういう風潮、それこそ戦争前夜の雰囲気が漂っているような・・・

>テロを許してはならない。表現の自由を守れ。と言いながら、在特会に対しては、「あんなのは言論ではない」と言う。
>ならば岸井に問いたいが、シャルリの漫画はいいのか?福島原発の被害者をおちょくった漫画は言論なのか?在特会を批判する手合いの殆どは、捏造人種差別ドキュメンタリー『ザ・コーヴ』の応援団だったのではないのか。そして岸井、waiwaiは言論なのか言論じゃないのか答えろ!!

岸井は、正義漢ヅラでエラそうにコメントしているけど、いつも都合の良いことしか言いません。
現象には「原因」があるわけで、そこに思いを馳せないと根本的に問題は解決しないと思います。
 例えば、関東大震災後の朝鮮人が殺された件も、深刻な原因があったわけで。


>フランス、そして欧米の常軌を逸したイスラムと有色人種に対するヘイトを見た時に(昔のフランスのエスプリは、ほんわかした皮肉でしたよ)、つくづく日本は恵まれた国だと思いました。
>だから絶対に移民なんか入れてはならない。両方とも不幸になります(-_-;)

改めて、それを確信しました。
で、日本の帰化制度も日本を愛する人に限定すべきだと思います。

>因みにフランスで極右と言われている国民戦線の父ルペン氏はこんなこと言ってました。
「セネガルから医者がパリに来たらどうなる。医者が一番必要なセネガルから医者が1人いなくなり、パリの医者が1人失業する」
国民戦線って極右じゃなくて、全然まともな政党じゃないですか\(^o^)/

それってただの排外主義じゃないですね。
「人類の融和」って所詮キレイごとだと思います。
価値観が全く違う人達が共存したら、家族でも上手かないし
偽善的な受け入れは互いの不幸を呼び込むだけ。

●sano さん
>>何でもかんでも「言論・表現の自由」と言うのは、メディアの驕り・特権意識だと思います。

>あー、スッキリ☆
ほんっと、そう思います!
>テレビなどマスコミがやっている、虚偽・捏造を報道と詐称して宣伝することは、むしろ「表現の自由」の逆だと思います。

 政府への批判もやりすぎですよね。
ちょっとしたコトバにも食って掛かるし!
「メディアの表現の自由」って、水戸黄門の印籠みたいになってます。
「一般人の表現の自由」は認めないクセに(;一一)

●日本男児 さん
こんにちは!

>私たちは、もう一度”自由”を再確認すべきですね!!

  はい、「自由」はどこまで許されるのか、考えた方が良いです。

>「自由」の行使が他人を妨げ、誹謗・中傷になってはいけないし、「自由」を行使した結果については、当人がこれを甘受しなければなりません。

  まったく同感です。
「自由」には「責任」がもれなく伴うという事を認識すべき。
マスメディアは「報道の自由!」といえば何でもまかり通ると思っているけど
それって究極の権利の行使かと。 

>フランス革命以来200年以上ね、大切に守ってきた言論表現の自由
…と岸井が偉そうに言いますが、フランス革命ってそんな偉そうなものでしたっけ??
「自由・平等・博愛」の為に戦ったそうですが、実態は「植民地略奪競争」等で大英帝国に負け、フランス経済が疲弊し、不満が鬱積した市民が暴徒化し、バスチーユ牢獄を奇襲し、不満を持っていた軍隊もそれに呼応した。その結果、200万人以上の犠牲者を出したフランスの恥かしい内乱…そんなものでしたよね!(異説有)

 「ベルばら」的にいうと、 極少数の貴族の豪遊っぷりに、怒った極貧の平民達が「人権よこせ」と立ち上がった革命(異説?)

>それにしても、他の諸国は「恥かしい歴史」⇒「自尊史観」に修正(整形?)するのに、何で日本だけ自虐史観が蔓延するのかな!!
やっぱり「GHQの戦後教育」「朝日・岩波・日教組」が諸悪の根源なんでしょうね!!

反日日本人の頭の中は、その3つで出来ているんだと思います。あとテレビもか。
白人って、アジア・アフリカを植民地化しようと散々なことをしてきたんですよね・・・
白人の都合のいい歴史解釈はもうたくさんです。 

●タケコプター さん
今年もよろしくです 入院って大丈夫ですか!?

>岸井氏は確か、父上が共産党員だと聞いたことがあります。
相変わらずの二枚舌ですねえ、さすが時代遅れの左翼思想に年季が入ってます。
都合の悪い意見はヘイトスピーチで、都合の良い意見は言論の自由ですか・・・。

岸井氏の実父は、日本共産党の元衆議院議員の岸井寿郎です。
主張するためには二枚舌もケンチャナヨですね。
まぁ、こういう人を重用するTBSの正体が分かりやすいけど。

>昨年末の総選挙で安倍政権は勝利し、長期政権の展望が開けてきました。
隣国のクネさんが、日韓50周年にかこつけてまた何やら言っているようですが、安倍総理は全く取り合うつもりはないようです。
ぜひそのままの姿勢でずっと無視してもらいたい気持ちです。

「条件はつけるべきではない」・・・清清しいほど速攻シャットアウトでしたね(笑)
「千年恨」もまだあと何百年も続くわけなので、日本人は気長にしてればいいんですよ。

● G-net  さん
こんにちは。
岸井氏のコトバにメディアの特権意識を感じますねぇ。

> 話が逸れてしまいまうかも知れませんが、植村隆氏の今回の文春や西村氏に対する訴訟の件でも通じますが、自分の書いた記事が間違っていても 謝罪や訂正もせず、間違いを指摘した人間を名誉棄損だと弁護士を170人もつけて訴訟を起こし、また周りをけん制し脅す。こんな人間たちが言う表現の自由とは自分たちだけであって、気に入らない表現は「ヘイトスピーチ」になるんでしょう。

その通りだと思います!
自分の書いた事に関して、日本を背負っているという「責任感」がまったく感じられないんですよ。
(まっ、韓国愛は十分理解できましたけどっ)
 あと、何でも「ヘイトスピーチ」にしちゃうけど、その定義をハッキリさせるべきかと。

●Alicia さん
こんにちは!
何でもかんでも「言論・表現の自由」で本当にいいんでしょうかねぇ??

>本当にそうなんですよね…特に「日本」と「天皇陛下」や「自民党」「安倍総理」へのヘイトはハンパじゃない。政治に対して意見を言うのはわかるのですが、最初からすべてを否定してかかるところに?なんです。そして言いたい放題。

  日本的なものに対しては批判ありきだと感じています。
しかも、日本を守ろうとするものに対しては敵意むき出しにして罵詈雑言も。

>海外は日本と比べると罵詈雑言に満ち溢れています。
フランスの風刺画は度を過ぎていましたね。
これも一神教であるキリスト教の影響なのか?

キリスト教の影響ではないと思います。「我らは罪びと」と一応謙虚なハズ。
フランスの文化というかメディアのあり方の方が問題じゃないでしょうかね?
そろそろ、行き過ぎた「自由」の概念は争いの元と気づくべきだと思います。
 少なくてもあんな下品極まりない風刺画は、関係ない私でも眉を顰めるものだし、
まして穏健派のイスラム教の人達でもも耐え難いと思いますけどねぇ・・・

年が改まってから初めてコメントさせていただきます。今年もよろしくお願いします。
昔読んだ憲法学の教科書には「言論・表現の自由というものは、歴史的沿革からみても、基本的には政治的な意見・思想を表明することを眼目とする、したがって現在の政治が間違っているという意見が自由に表明される機会を制限したら政治が暴走してしまいかねない、これが表現の自由を尊重しなければならない理由だ」とあったように思います。
それゆえ政治的な表現の自由と営利的な表現の自由を区別して論ずべきだとする見解も有力だとか(政治的・営利的の区別が不分明なので通説にはなっていませんが、化粧品やサプリメントなどの広告で「表現」に一定の制約がかかっていることはご承知のとおりです)。
とすれば、もっぱら他人を揶揄することを目的とした風刺画に、体系だった政治的見解と同様の表現の自由を認めるべきか否か、なかなか難しい問題だと思います(特に引用されているような漫画などには、政治を批判するような意図よりも厨二病的な未熟な精神性を感じてしまいます)。

● 京ET さん

>えらそーな事を言うなら、日本国内報道であるならば、同時に南鮮という国家権力による産経新聞記者在宅起訴に触れない限り、一方的偏向報道と断じてよいと思います。

あれこそ「表現の自由」の侵害の最たるもんだし、
同じ日本のメディアとして非難し続けるべきなんですが・・・そっちの方は見てみないふりのようです。

> 植村氏記者会見で、
 『韓国では慰安婦のことを「女子挺身隊」あるいは「挺身隊」という言葉で表現しておりました。』と述べておりましたが、以前委員会で、前川惠司氏が
 『当時、慰安婦といえば米軍慰安婦のことを意味し、彼は挺身隊というのを使ったのでは・・・』
と、言ったはりました。この小さい一点をとらえても植村氏は偏向・捏造記者と言えると思います。

前川氏は「すぐに訂正すると思った」と言ってましたね。

> 百田氏が、
『元朝日新聞の記者、植村隆が文春と西岡力氏を名誉毀損で訴えたが、なんと弁護団が170人だという。それで、ネットなどで植村を中傷した人間を、今後、片っ端からやっつけていくと息巻いているらしい。』
 と書いたはりますが、以前、光市母子殺人事件の時も21人の大弁護団がつき、なんやこいつらはと思った記憶があります。
 170人の弁護士・・・思想的にどうなっているのでしょう。驚きと危惧を感じます。
 
人権派弁護士は「人権」がメシの種なので類友です。
ピントハズレの論理だし、卑しい人種だと思います。

● ポッぺリアン さん
今年もよろしくお願いします!

>昔読んだ憲法学の教科書には「言論・表現の自由というものは、歴史的沿革からみても、基本的には政治的な意見・思想を表明することを眼目とする、したがって現在の政治が間違っているという意見が自由に表明される機会を制限したら政治が暴走してしまいかねない、これが表現の自由を尊重しなければならない理由だ」とあったように思います。
それゆえ政治的な表現の自由と営利的な表現の自由を区別して論ずべきだとする見解も有力だとか(政治的・営利的の区別が不分明なので通説にはなっていませんが、化粧品やサプリメントなどの広告で「表現」に一定の制約がかかっていることはご承知のとおりです)。
とすれば、もっぱら他人を揶揄することを目的とした風刺画に、体系だった政治的見解と同様の表現の自由を認めるべきか否か、なかなか難しい問題だと思います(特に引用されているような漫画などには、政治を批判するような意図よりも厨二病的な未熟な精神性を感じてしまいます)。

そういう理屈なら尚更、「自由」を考えなければいけませんね。
「表現・言論」も全てひっくるめて。
線引きはなかなか難しいと思うけど、やはり超えちゃいけない一線があると思います。
 相手を侮辱する為の風刺画は如何な物かと思うし、
とにかく品がないし、メディアが対立を煽るのはどうなんだと。
 まぁ、欧米メディアもここにきて少し冷静になったのか両論に分かれていますが・・・

こんにちわ。

テロ行為はいかなる目的を達する為であっても正当化されませんが、今回のはある程度以前から予測されて(できて)いたこととも取れます。
なぜかと言えば、件の風刺画は、相手を煽ることに特化しすぎて本来の「風刺」とはかけ離れたただの「ヘイトスピーチ」になっているものとも取れるからです。
そもそも、イスラム教では偶像崇拝が禁止されており、ムハンマドの肖像を描けば、それだけでもイスラム教徒の反発を受けるのは当然の帰結です。そしてそのムハンマドに、風刺画の作者や新聞社の言いたいことを代弁させる、これも卑怯と言うほかありません。

以下、Yahooニュースより引用(元記事はCNN.co.jp)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-35058944-cnn-int
この記事の中で
>米デューク大学でイスラム学研究を率いるオミド・サフィ教授も、シャルリー紙が風刺する相手を間違えているとの立場を示す。教授は「風刺には本来、権力への批判という目的がある」と指摘。同紙は国家などによる暴力を取り上げていないという点に問題がある、と主張した。
という部分は特に共感できます。
恐らく、この教授が言うのは「同紙の風刺画が描いてるのは「イスラム教への皮肉」であって「イスラム国への批判」ではない」ということかと思います。
イスラム国を批判することが目的なら、イスラム国が行っている残虐な行為を風刺すればよいだけであり、イスラム教徒全体から反発を受けるようなムハンマドを持ち出す必要などありません。

結論として、今回の一件はこの新聞「シャルリー・エブド」や風刺画を描いた者がもつ傲慢さが招いた自業自得的な側面もあったのでは?とするのが私の見解です。
(最初にも言いましたが、勿論テロは正当化されません)

最後に岸井ですが、言論・表現の自由が大事っていうんならヘイトスピーチ規制法とかいう超危ない法案についてもっと批判的報道しろよ、と思います。

さくらにゃんさん
こんにちは。
毎度貴重な記事のご紹介、ありがとうございます。

私も、命をかけて守りたいものの象徴があの下品な風刺画って....、とどうも違和感を覚えていました。
さらに、表現の自由が侵されたことのない能天気な日本人のせいか、彼らのノリについていけてません...
ムスリムの人達が大切に思っているものを敢えて汚す表現の自由ってなんのこっちゃ。
ただ、殺してしまうのはやりすぎなので、イエスとマリアの近親相姦の画像でも作って同じレベルで争えば少なくとも死人は出なくて済んだのに、と思います。

さくらにゃんの意見に大賛成。どこかのテレビで安倍首相もデモに参加すべきだったなどと言っていましたが、参加しなくてよかった。
表現の自由で何を言っても書いてもいいのであれば、ヘイトスピーチも許される。あれほどヘイトスピーチと言うのにおかしいですよね。

ヘイトスピーチはいけないと思うし今回の風刺画もいけないと思います。じゃあ、キリストの侮辱画を書けばどうなんでしょうか?キリスト圏の人たちの反発はすごいと思います。

今回この新聞社が風刺画入りの記事を増刷して500万部世界中にばらまくそうですが、イスラム圏の人たちの猛烈な反発を招くと思います。おそらくこれに起因するテロも起こるのではないでしょうか。

自分たちの主義主張だけで相手のことを配慮しないのは争いの原因になると思います。

相対的にものを考える西洋の考え方はテロが起きればテロが悪い、テロだけが悪い。ヘイトスピーチがあればヘイトスピーチだけが悪いと、単純にその行為そのものだけを特定し撲滅しようとします。
しかし、何故ヘイトスピーチは起こるのかと言う視点で全く考えられない。なぜそこまで極端な行動をせざるを得ないのか?
そこが原点でそれが解決出来ればヘイトスピーチもなくなります。

イスラムのテロも同じです。何故それは起こるのか?根本は、貧富の差だと思います。天にも届くような建物に住み贅沢三昧の人々と、生活できなくてテロリストにならざるを得ない人との貧富の差は、まさに天国と地獄の差です。オイルマネーで潤う人々のおごりが原因だとおもいます。

フランスのデモ批判・違和感について書いてくださって、ありがとうございます。
多数寄せられているコメントを読みましても、同じように非常に残念な気持ちでフランスのデモのニュースを見る人たちが多いことに安堵しました。多くの方のコメントが、すでに自分の言いたかったことを代弁してくれています。
(岸井氏という人を存じませんが、コメントひどい幼稚ですね・・・。)

事件後発行されたシャルリ紙の表紙を見ても、他者をこき下ろし笑いものにしそれでお金まで稼ぎ、ペンは強し!と叫んで何の疑問も持たない行き過ぎた今のフランス文化を悲しく思います。
他人は厳しく風刺しても、自分を見る目は曇って穏やかなようですね。

デモは愛国心と混じってヒートアップしているものなのでしょう。
髪にペンを刺しまくって「私はシャルリ」などと叫ぶ前に、真の知性を呼び起こしてほしいと思いますが、自分の家族が風刺新聞の一面に使われて世界の見せものになったりしないと問題の根本がわからないのでしょうね。

●水浸し さん
こんにちは。

>テロ行為はいかなる目的を達する為であっても正当化されませんが、今回のはある程度以前から予測されて(できて)いたこととも取れます。
なぜかと言えば、件の風刺画は、相手を煽ることに特化しすぎて本来の「風刺」とはかけ離れたただの「ヘイトスピーチ」になっているものとも取れるからです。

同感です。
皮肉的な批判・風刺のレベルじゃなくて、愚弄・挑発にしか見えません。
ましてイスラム教の人から見たらとても許せるものじゃないと思います。
ちなみに福島原発事故のを風刺も許せるレベルじゃないし。

>そもそも、イスラム教では偶像崇拝が禁止されており、ムハンマドの肖像を描けば、それだけでもイスラム教徒の反発を受けるのは当然の帰結です。そしてそのムハンマドに、風刺画の作者や新聞社の言いたいことを代弁させる、これも卑怯と言うほかありません。

移民政策を進めて口では融和とか言いつつ、やってる事は対立を煽る事・・・
白人の驕りなんでしょうかね。

>米デューク大学でイスラム学研究を率いるオミド・サフィ教授も、シャルリー紙が風刺する相手を間違えているとの立場を示す。教授は「風刺には本来、権力への批判という目的がある」と指摘。同紙は国家などによる暴力を取り上げていないという点に問題がある、と主張した。

  尤もな指摘です。
あんな風刺画、数多のイスラム教の人の心をえぐるだけのもの。
本当の敵をはき違えてますね。
 私もこの事件、自業自得の側面もあったと思います。
フランス人はじめ白人もそこは冷静に受け止めるべき。

>最後に岸井ですが、言論・表現の自由が大事っていうんならヘイトスピーチ規制法とかいう超危ない法案についてもっと批判的報道しろよ、と思います。

あと、産経の加藤支局長の拘束の件も、言論・表現の自由が明らかに韓国によって侵されているのに
これにほぼ触れないのもヘンですよねぇ。

●へなちょこF さん
こんにちは。

>私も、命をかけて守りたいものの象徴があの下品な風刺画って....、とどうも違和感を覚えていました。
さらに、表現の自由が侵されたことのない能天気な日本人のせいか、彼らのノリについていけてません...
ムスリムの人達が大切に思っているものを敢えて汚す表現の自由ってなんのこっちゃ。

「表現の自由」って、他を侮辱・愚弄しても許されるものなんでしょうか!?
なんであえて「対立」を煽るような事(見るに耐えない風刺画)をするんでしょう!?
マスコミの横暴さを感じます。
「表現の自由」を都合よく免罪符にしちゃってるとしか思えなくて。

>ただ、殺してしまうのはやりすぎなので、イエスとマリアの近親相姦の画像でも作って同じレベルで争えば少なくとも死人は出なくて済んだのに、と思います。

あっ、グッドアイデア。
イエスとマリアの近親相姦の画像は見たくないけど^^;
そうやって「心の痛み・悔しさ」を分かるべきかも。
 その場合でも、マスコミは「表現の自由」と言うのかな??

● うどんちゃん さん
>さくらにゃんの意見に大賛成。どこかのテレビで安倍首相もデモに参加すべきだったなどと言っていましたが、参加しなくてよかった。
表現の自由で何を言っても書いてもいいのであれば、ヘイトスピーチも許される。あれほどヘイトスピーチと言うのにおかしいですよね。

完全にダブスタですよね。
つまり韓国人・在日への批判は許さんって事。
 で、宗教的な対立の泥沼の構図に絶対に日本は巻き込まれるべきではないし、
安倍総理は大正解です。

>ヘイトスピーチはいけないと思うし今回の風刺画もいけないと思います。じゃあ、キリストの侮辱画を書けばどうなんでしょうか?キリスト圏の人たちの反発はすごいと思います。

ムハンマドは良くてキリストはダメなんて、それこそ白人の思い上がり。
キリストの侮辱画に関しても、マスコミは「表現の自由」というはずですよね。
それをやられてどう感じるか・・・それもいいと思います。
 
>今回この新聞社が風刺画入りの記事を増刷して500万部世界中にばらまくそうですが、イスラム圏の人たちの猛烈な反発を招くと思います。おそらくこれに起因するテロも起こるのではないでしょうか。
>自分たちの主義主張だけで相手のことを配慮しないのは争いの原因になると思います。

まったく同感。
テロは絶対に悪だけど、対立を煽っているのはその風刺画。

>相対的にものを考える西洋の考え方はテロが起きればテロが悪い、テロだけが悪い。ヘイトスピーチがあればヘイトスピーチだけが悪いと、単純にその行為そのものだけを特定し撲滅しようとします。
しかし、何故ヘイトスピーチは起こるのかと言う視点で全く考えられない。なぜそこまで極端な行動をせざるを得ないのか?
そこが原点でそれが解決出来ればヘイトスピーチもなくなります。

その視点がなければ、何も解決しない。
あの「NHK クローズアップ現代 ヘイトスピーチ」のように!(呆)

●ブロンテ さん
>フランスのデモ批判・違和感について書いてくださって、ありがとうございます。
多数寄せられているコメントを読みましても、同じように非常に残念な気持ちでフランスのデモのニュースを見る人たちが多いことに安堵しました。多くの方のコメントが、すでに自分の言いたかったことを代弁してくれています。
(岸井氏という人を存じませんが、コメントひどい幼稚ですね・・・。)

なんかモヤモヤしつつ、思いを書いてみたんですが、
皆さんそれぞれ違和感を持っていらして、日本人のバランス感覚を感じました。
と、同時に「だから日本は70年間も戦争していない平和国家なんだ」と再確認。
 (岸井氏は毎日ヘンタイ新聞の人で、「報道の自由がー」をいつも叫んでいる人)

>事件後発行されたシャルリ紙の表紙を見ても、他者をこき下ろし笑いものにしそれでお金まで稼ぎ、ペンは強し!と叫んで何の疑問も持たない行き過ぎた今のフランス文化を悲しく思います。
他人は厳しく風刺しても、自分を見る目は曇って穏やかなようですね。

同感です
ペンの力は本当に偉大。あえて争いを引き起こすような事を描くのも、
ヨシとしているとしたらそれは大間違いです。
 イスラム国を風刺するなら分かるけどムハンマドを愚弄したのは許されない。
また風刺画を出版して、それが飛ぶように売れているのもなんだかなぁと。


>デモは愛国心と混じってヒートアップしているものなのでしょう。
髪にペンを刺しまくって「私はシャルリ」などと叫ぶ前に、真の知性を呼び起こしてほしいと思いますが、自分の家族が風刺新聞の一面に使われて世界の見せものになったりしないと問題の根本がわからないのでしょうね。

昔からの白人至上主義を感じてしまいます。
白人は、もっと相手の気持ちになって考えるべき。
 仰るように、これが自分の身内やキリストを侮辱する風刺画だったら・・と想像力をもっと働かせるべきです。

表現の自由=金儲けの自由なのでしょうかね?
自身の利益のためなら
いくらでも物事の基準や考えなどを変えそうな人たちですよね。

こちらのブログ記事の最後をご覧ください。
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11976823115.html

事実かどうかわからないけど
どうせなら、コレを風刺画にしてほしい(笑)

●千舟  さん

> 表現の自由=金儲けの自由なのでしょうかね?
自身の利益のためなら
いくらでも物事の基準や考えなどを変えそうな人たちですよね。

  白人社会の独善性を感じます。
少なくても他を傷つけて成り立つ社会はマトモじゃない。
得意の「人権」、その配慮が全く感じられませんよね。


>こちらのブログ記事の最後をご覧ください。
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11976823115.html
>事実かどうかわからないけど
どうせなら、コレを風刺画にしてほしい(笑)

  えー!? こんな状況だったんだ(・・;) 
詐欺にあったような気がするわ・・・

はじめまして!
初めてコメントさせていただきます。
学校のレポート課題でこの事件について調べいたところこちらのサイトを見つけました。
私も残虐なテロには怒りが湧きましたが、この表現の自由云々には疑問を感じました。
事件以前の日本でのシャルリの知名度はもっと低かっただろうし、その時に例えばイスラム教を嘲笑するようなあのイラストを見ていたら、もっとイスラム教徒に対して可哀想だと思ったはずです。事件が起こって、ニュースなどでデモの様子を見る事によって表現の自由(シャルリ)vsテロリスト(イスラム)のような図式が出来てしまっているように感じました。でも普通に町であの風刺画を見たら「なにこれ、ひどい」と私は思います。表現の自由という思想で守る価値のあるものなのかな、表現の自由って言えば何言っても許されるのっておかしくないか?と思います。

他の方々のようにちゃんと考えがまとまってないので、拙い文ですみません(笑)
ブログを読んでいて面白かったです。

●十六夜 さん
はじめまして!さくらにゃんと申します。
まず、辿り付いて頂いた事に感謝☆良い課題ですね。

>私も残虐なテロには怒りが湧きましたが、この表現の自由云々には疑問を感じました。
事件以前の日本でのシャルリの知名度はもっと低かっただろうし、その時に例えばイスラム教を嘲笑するようなあのイラストを見ていたら、もっとイスラム教徒に対して可哀想だと思ったはずです。事件が起こって、ニュースなどでデモの様子を見る事によって表現の自由(シャルリ)vsテロリスト(イスラム)のような図式が出来てしまっているように感じました。でも普通に町であの風刺画を見たら「なにこれ、ひどい」と私は思います。表現の自由という思想で守る価値のあるものなのかな、表現の自由って言えば何言っても許されるのっておかしくないか?と思います。

  まったく同感です。
しかもマスコミが「表現の自由!」というのは特権意識を感じます。
ならば国民の「表現の自由」(在特会などの際どい表現)も認めるべき。
 でも、やはり人間として思っていても絶対に言っては(書いては)いけない事はあるんじゃないかなと。

>他の方々のようにちゃんと考えがまとまってないので、拙い文ですみません(笑)
ブログを読んでいて面白かったです。

全然 拙くないです。
マスコミのいう事に疑問を持ち、自分で調べて自分の頭で考えてコメントする若者が増えるのって素晴らしいなぁとうれしくなりました☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元朝日新聞記者の植村隆が西岡力氏をいきなり提訴したわけ【追記アリ】 | トップページ | 毎日新聞一面『安倍総理 真珠湾訪問を検討』報道、官邸側は即否定 【グッド!モーニング】 »