フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

最近のコメント

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 韓国の「国民的画家イ・ジュンソプ」氏と日本人妻、引き裂かれた歴史を超えて 【ニュースバード】 | トップページ | 【クリミア訪問】「鳩山さんを庇うのはこの番組が初めてかも~(笑)」by室井祐月 【Live Nippon】 »

2015年3月13日 (金)

【元性奴隷】カンボジアの人権活動家、ソマリー・マム「寄付金15億は使途不明・・世界をダマした!?経歴捏造スキャンダル」

世界的に有名な元カンボジア人人権活動家で、元性奴隷だったというソマリー・マムさんを知っていますか?

東亜日報の記事です

[オピニオン]ソマリーマム   MARCH 27, 2012 08:40

内戦の戦雲が立ち込めていた1970年、カンボジア東部のモンドルキリ州で、一人の女の子が生まれた。少女が5才になる前、クメールルージュのポルポト政権が、カンボジア全域を血で染め始めた。故郷を離れた両親に代わって、親戚に育てられた少女は、虐待の中、家事を手伝いながら住み込んだ12才の時、借金に耐えかねた親戚が女の子をプノンペンの風俗店に売り渡し、レイプや暴力、電気拷問や飢餓に苛まれながら性的搾取を受ける生活が始まった。

◆「私は死んだ」。この物語の主人公であるソマリー・マムは、この時期をこのように定義する。「もはや幼くない」ことを理由に、客は彼女を求めなくなり、1993年、フランス救援要員の手助けを受け、性的奴隷の生活はピリオドを打った。彼女の偉大さはここから始まる。心と体はずたずたになったにも関わらず、自己嫌悪に陥ったり、過去を否定したりしない。風俗店にいた時、「誰か一人でも私を助けてくれる人がいたなら…」という願いを、実践に移した。脱出後、居住していたフランスから、祖国に戻ってきた彼女は、人身売買との戦いに挑む。

◆1996年、フランス人の友人らの手助けを受け、非政府組織アフェシップ(AFESIP=Action for women inn distressing circumstances)を立ち上げた氏は、これまで計7000人以上の性的搾取を受ける女性を助け出した。助け出すのは一瞬のことだが、どのように立ち直るかがより重要だった。氏は、彼女らに学びの機会を提供し、裁縫や美容などの職業技術を教えた。社会に出るとき、小口融資を行い、自立基盤を作った。07年、米ニューヨークで、ソマリーマム財団(SMF)を立ち上げ、本格的な人権運動家に変身した氏は、12年、ポスコのチョンアム奉仕賞の受賞者に選ばれ、昨日、韓国を訪れ

◆東南アジアの買収女性の多くは、自主的に売春をやっているが、カンボジアやネパールなどでは、拉致されたり、安価で売られてきた少女らも多い。ヒラリー・クリントン米国務長官は15日、ホワイトハウスで行われた人身売買撲滅に関する会議で、「世界で2700万人が、人身売買によって苦しんでいる」と明らかにした。拉致・監禁された女性の性的人身売買は、自由な意思による契約ではないことから、現代版奴隷制と言って良い。脱北女性らの多くも、中国の農村に売られたり、売春組織の罠に掛かっている。国に崩壊の兆しが見えれば、真っ先に、女性らが売られる。

鄭星姫(チョン・ソンヒ)論説委員 shchung@donga.com

この経歴がほぼウソだったというのを、今年世界最大のスキャンダルとして、

去年、【トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン】で、

「寄付金15億は使途不明・・43歳美人活動家 世界をダマした!? 経歴ねつ造スキャンダル」と題してやっていました。(この動画の59:50分~96:25分 約30分)

http://video.fc2.com/content/20141004PAPnaq1g/&tk=T0RBd01URXpOVEU9

人さし指ザックリ要約すると・・・

3jpg_3

・ソマリーは、カンボジアに蔓延する人身売買・児童買春撲滅を世界に訴え続けていた人権活動家
タイム誌の世界で最も影響力のある100人に選ばれ、トリノオリンピックでは開会式に登場
訪日し、「私は売られた」「毎日殴られるか客の相手をするか」「シャワーもない」「自殺も何度も試みた」と涙で告白
・自著「ザ・ロード・オブ・ロストイノセンス」は日本でも「幼い娼婦だった私へ」として大手出版社・文芸春秋から発売
 

その自伝に書かれた彼女の人生を、再現フィルムで・・ 

・男尊女卑・国家弾圧・虐待のカンボジアでの事。

・ソマリーの両親は行方不明で天涯孤独
・12歳で育てられていた老人に騙され、借金のカタとして中国人雑貨屋主人に犯される
・14歳で兵士と人身売買で結婚させられたが旦那が行方不明に。

1_5

・育ての老人にプノンペンの売春宿に売られ、1日5~6人客をとり、15歳で逃げたが騙されていた。売り飛ばされ、8年間売春。
・フランス人の国境なき医師団メンバーと結婚。
・フランスの生活で自由と人権を知り、今度は苦しんでいる少女達を救おうと
再びカンボジアへ行き、調査したり売春宿を摘発したりする。
 

・1990年代は少女の売春が拡大・家族に売られる者も。
・ソマリー25歳でNGOアフェシップを設立し、カンボジアの人身売買の実態をメディアを通じて訴え続けた
スペイン王室から皇太子賞が送られたのをきっかけに世界中から取材が殺到
ローマ法王と面会したり、世界のセレブ達もソマリーの活動を支援

4_3

アンジェリーナ・ジョリーも絶賛し、ソマリーは人身売買僕滅のシンボルへ。
設立したNGOは世界4箇所に広がり、多額の寄付金も集まった。
2006年に自伝を出版し、翌年財団を設立。10億円の寄付金が集まった。
メグ・ライアンも施設を訪れ、ソマリーをカリスマだと絶賛
世界中が活動を賞賛 

2jpg_3

 しかし、ニューズウィークの記者が現地取材し、自伝のほとんどがウソと記事を書く。
・人を騙す天才 
講演のたびに過去の経歴や年齢が大きく違いNGOも困っていた。
・ソマリーが生まれた村人の証言、育てのおじいさんは存在せず、借金のカタに人身売買された事実もない
・生い立ちは実の両親と何不自由のない生活をしていて、高校に行き教師を目指していた。孤児というのは嘘
 

5_3

・フランスの番組に出演した少女は、「オーデションで選ばれた。あの番組でしゃべった事は全部ウソ」「ソマリーに指導され何回もリハーサルした」とソマリーのやらせを暴露

6_3

売春宿のオーナーに目を潰された少女のウソ証言も、まったくの作り話 

寄付金は総額15億円以上

極貧の国で売春・人身売買が普通にまかり通っている現実を目の当たりにすると、

色々考えさせられますね

まぁ、ソマリーは最初つい、カンボジアの少女達を助ける為に、「自分も性奴隷だった」というセンセーショナルな嘘をついたのかも知れない・・・

でも、最後のスタジオトークで、元女子プロレスラーが「嘘はいけないけど、ついて良い嘘もあるのかな」と言っていたのに対して、「それは違う」と思いました。

嘘は必ずバレるんです。しかも少女達にも嘘の演技をさせたのは絶対に間違ってる。

人さし指現に「ソマリーは大嘘つきのニセモノ」と大スキャンダルになってしまって、欧米で賞賛していた人の立場がないもんふらふら

もう少し、詳しい記事です

ヒラリー・クリントンも騙された…… 人権活動家ソマリー・マムの人助けは自作自演の行き過ぎた嘘だった

(中略)・・・そして今、そんな上から目線の哀れみの目を世界中から向けられているのが、性産業で働く人たち――特に発展途上国の女性たち――です。 

約15年前から「人身取引 human trafficking」という言葉が急速に普及しました。人身取引とは、売春や強制労働、奴隷労働、臓器摘出を目的とし、脅迫や強制、拉致、詐欺、あるいは力関係によって人間を招集・移動・勾留・受入することです。この問題に対処するため多くの NGO や活動家が活動してきました。 

その中でも世界中から注目され、支持を受けているのが、家族から切り離され売春宿に監禁されて売春を強要されているカンボジアの女性や少女を救出するため AFESIP(Acting for Women in Distressing Situations)という団体を立ち上げたソマリー・マム氏です。2007年には、自らの名前を冠したソマリー・マム財団も設立しています。そんなマム氏が先日5月28日自らの財団から離れたという報道がなされ、反人身取引運動関係者やセックスワーカー権利運動の関係者たちを驚かせました。 

    世界中から多くの賛同と多額の資金を得る 

マム氏は自らも性人身取引の元被害者として、同じ境遇の女性たちを救いたいという思いから AFESIP を立ち上げ、活動してきました。その活動は、女性たちの救出、保護、教育、そして世界に向けてこの問題を訴えるメディア活動と多岐に渡ります。その活動を称えられ2008年にローランド・バーガー財団から受け取った100万ユーロ(約1億4千万円) をはじめ、マム氏は世界中から多くの賛同と多額の資金を得てきました 

また、自身の経験談や救出された女性たちの経験談を絡めて性人身取引という残酷な犯罪を語るマム氏は、欧米のキリスト教系団体や、ヒラリー・クリントン元米国国務長官、スペインのソフィア王妃、メグ・ライアン、 Facebook の COO シェリル・サンドバーグなど多くの著名人からの支持を受け、潘基文国連事務総長やローマ法王との面会も実現しました。 タイム誌やガーディアン紙はマム氏を「世界のトップ○○100人」の1人として称えていますこうした対外的な活動を通して、マム氏はその名を反人身取引運動のみならず人権運動の世界に広めてきました。 

一見順風満帆に見えたマム氏ですが、いったいどうして財団を離れることになってしまったのでしょう。 

    マム氏自身の経験談に虚偽の疑い 

今回マム氏が辞職に至った背景には詐欺の疑惑がありました。ひとつは、自身の人身取引被害について、子どもの頃の隣人や親戚、友人などの証言が本人の経験談と矛盾していることが報道されたことです。マム氏自身、9才から10才のときに被害に遭ったと言ったり、16才くらいで被害に遭ったと言ったりと、語りが一貫していませんでした 

次に、氏の娘が人身取引業者に誘拐されたと主張したマム氏ですが、元夫など周囲の証言から娘は彼氏と家出していたことが明らかになりました。更に、カンボジア軍によって AFESIP 内の女性8名が殺害されたという主張をしましたが、そのような事実はなかったとの調査結果が出ており、この件について国連に虚偽の情報を伝えた件でマム氏は謝罪しています。 

本人だけではなく、 AFESIP に保護されたというロング・プロス氏、メアス・ラタ氏を米国や仏メディアに登場させ、虚偽の経験談を語らせたことも分かっています。実際にはこの2名は人身取引の被害者ではなく、プロス氏は職業訓練を受けるためだけに AFESIP にやってきたことが医師の証言で分かっており、ラタ氏は演技のオーディションを受けて合格したと本人が後に証言しています。 

今年5月21日にジャーナリストのサイモン・マークスがニューズウィーク誌でマム氏のこうした数々の嘘を報じ、その1週間後にマム氏は自身の財団を去ることになったのです。 

マム氏と AFESIP の活動に対しては、以前から多くの批判が寄せられていました。反人身取引運動を牽引している団体が出す性人身取引被害者の女性の数や年齢の統計や事例報告には、実は統計上あり得ないようなものがいくつもあります。マム氏もカンボジアでは3才の子どもが売春宿に囚われていると発言していますが、別の活動家はその信憑性に疑問を挟んでいます。 

    「救出」ではなく「拉致」でしかない 

更に、 AFESIP による「救出」の方法にも多くの活動家が批判を寄せています。この「救出」とは、警察による強制捜査に同行し、売春宿にいる女性を拉致するというものです。「救出」され「保護」された女性は、警察による尋問を受けます。警察が許可している強制保護期間が終わった後も、 AFESIP の判断で延長されることがあります。 

保護について AFESIP は強制性を否定していますが、 AFESIP のシェルターから逃げ出した女性が多数いること、彼女らが不当に勾留されていたとして AFESIP に対して訴訟を起こしていること、 AFESIP を支持している米国政府に対し米国大使館前で抗議活動を行っていることなどから、 AFESIP にとっての「救出」と「保護」が女性らにとっては「拉致」と「監禁」でしかない可能性が高いことが、ジャーナリストやセックスワーカー、活動家たちから指摘されてきました。 

また、 AFESIP と明言してはいませんが、リーラ・ニーナさんは「私は人身取引の被害者ではなく救出団体の被害者だった」と主張し、マム氏を名指しで批判しています。反人身取引運動のこうした「救出」「保護」のやり方については、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、アムネスティー・インターナショナルなど人権団体も危惧を表明しています。 

    性産業にいる女性は全員被害者? 

これらの批判に対して、マム氏は一貫して、 AFESIP に来るような女性たちは「壊れている broken」のだと弁明しています。2012年7月に開催され筆者も参加した国際基督教大学でのワークショップでも、ゲストとして参加していたマム氏は、性産業にいる女性は全員被害者であり、自分を被害者だと思わない女性はその自覚が生まれないほど「壊れている」のだ、と主張していました。この論理によれば、女性たちによる抗議の声や AFESIP を去りたいと感じる女性の声は「壊れている被害者」の声であり、そのような女性の自己決定は尊重しない、する必要はないのだという主張が可能になってしまいます。 

では AFESIP にとっての「教育」は、女性たちにとって何なのでしょうか。 

AFESIP では「職業訓練」プログラムがあり、そこで裁縫やヘアメイク、機織りを学ぶことができます。決算報告によれば、 AFESIP は職業訓練プログラムで生産された物を販売し、収入を得ています。しかし、報告のどこにも、実際に生産活動をしている女性たちへの給与の支払いがあるかどうかは明記されていません。更に、労働条件の悪い衣料産業での仕事を辞めて性産業にやってくる女性が多い現状では、裁縫を教えることは性産業から抜け出すきっかけにはならないという指摘もされています。 

    反人身取引運動は正しい運動なのか? 

マム氏が財団を去ったことで、反人身取引運動の勢いは多少失速するかもしれません。しかしマム氏の失脚のきっかけは嘘が暴かれたことであり、長年抗議して来た女性たちの声が世間に届いたというわけではありません。性産業を汚らわしいものと考えたり、そこで働く女性を見下したりする私たちの強い既成概念がある限り、反人身取引運動はその過ちを振り返ることなく突き進んで行くでしょう。 

私たちのほとんどは、人助けをすることに快感を覚えます。人助けしている団体を支持している自分も好きだったりします。ですが運動の中身をきちんと知り、背景に何があるのかをきちんと考えないと、人助けをしているつもりが逆につらい思いをしている人に追い打ちをかけることになってしまうこともあるのです。 

そもそも人身取引という言葉が普及した背景には、米国の資本主義的かつ帝国主義的な利益があったという指摘があります(※)。強制移住や強制労働が「貧困や経済格差、グローバリズム、移民への不当な制限などを背景とする社会経済的な問題」だとしたら、政府は格差の解消や取り締まりの緩和をしなくてはなりません。 

しかしそれが「薬物や武器の密輸と同じような国際犯罪事業」だとしたら、「解決のために政府がすべきことは警察権力の強化と拡張である」と政府に都合のいい主張ができます。トラフィッカーと呼ばれる人身取引加害者(業者や仲介人など)を「人々を売春に引きずり込む悪の根源」とみなすことで、自らの責任を逃れて得をしている人たちがいるということです。 

発展途上国における人身取引の責任は、私たちにもあります。発展途上国に工場を建て低賃金で現地の人々を雇い、物価が上がり賃金水準が上がると別の地域に工場を移転して地域経済の破綻と貧困をもたらす日本企業や、その仕組みに支えられた日本経済とその恩恵を受けているのですから。自分の責任から目を背けて悪者に責任を押し付けたいという先進国の私たちの欲望を、反人身取引運動は満たしてくれているのでしょう。 

マサキチトセ/Omomi @ FAT CATS

売春・人身売買の根源は貧困。日本も昔そういう時代がありました。

東南アジアの幼い女の子が売り買いされる日が早くなくなる様に願います。

日本はウィンウィンになるような援助を続けるべきですね。

で、世界中でソマリーを賞賛した人達の話・・もちろん可哀想な子供達を救おうとする事は良い事だけど、

それにしても大きな嘘ほどみんな易々と騙されちゃうんですねぇ。

巨額のお金は不透明で、且つ行方をくらましているのなら、やっぱり「詐欺」と言われてもしょうがない。

人さし指世界中の有名人が悉くソマリーを絶賛し乗っかっちゃった事、

「性奴隷だった」という告白が嘘な訳がない!という思い込み・・・

慰安婦問題で、一方的に日本だけを責めている今の状況とダブります。

 

一方的な「告白・証言」を世界が鵜呑みしちゃったけど、嘘がバレて「世界最大のスキャンダル」といわれた話でした。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく 

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!

« 韓国の「国民的画家イ・ジュンソプ」氏と日本人妻、引き裂かれた歴史を超えて 【ニュースバード】 | トップページ | 【クリミア訪問】「鳩山さんを庇うのはこの番組が初めてかも~(笑)」by室井祐月 【Live Nippon】 »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

さくらにゃんさん、こんにちは
いつもお疲れ様です。
人権や環境を声高に叫ぶ人には胡散臭い人が多いですね。
勿論そんな人ばかりではないかも知れませんが、反論しにくい事を良いことに、やりたい放題といった印象です。
今日は朝から魚釣りに行ってましたが、特に早朝のラジオの世界はかなり左翼的な、というか、日本を好き放題こき下ろしてますよ。
今朝のFMは朝日の身勝手な言い訳や主張のオンパレードでアタマが痛くなりましたわ
まあ、左翼だの右翼だのっては本来、国を思っての発言なり、行動なんで、売国左翼や街宣車の右翼は似非なんだと思っています。
いつもいろいろな情報ありがとうございます。応援しています。

さくらにゃんさん!こんにちわ!!
この動画、初めて視聴しました。恐ろしい内容ですね!!

「人権はカネになる・・・」を見事に実践した「ソマリー・マム」って…って、誰かに似ている…と思いました。
そう!その人は福島瑞穂大先生です。
瑞穂大先生は、弁護士業を10年ほど開業していたようですが、何とその10年間で6千万円程の貯金をされたようです。(総収入ではなく、貯金ですよ!!)
http://blog.sonodago.com/?eid=993312
弁護士業と言っても「イソ弁(居候弁護士)」から始まって、そんなに簡単に”お得意様”の顧客が出来るとは思えません。
…最近は「弁護士余り」もあって、新人の弁護士の年収は300万円以下…と云う人も居るらしい。

瑞穂大先生は、高木健一事務所に入って「人権派弁護士」として、慰安婦問題のエキスパートとして「演技指導&プロデューサー」までやって、お金儲け…をしたんでしょうね!!
ちなみに、民主党の「仙谷由人」も高木健一事務所で同僚だったらしい!

韓国が世界に拡散している慰安婦(戦場キーセン)の大嘘も、少しづつバレ始めています。
なでしこアクション・テキサス親父、マイケル・ヨン、ケントギルバート…等々の皆様に頑張っていただきたいですね!!

さくらにゃんさん、こんばんは!

>ソマリー・マム

私もブログで取り上げたことが・・・!
まさか嘘だったとは!?
あまりに壮絶な半生で、フランス絡みで真に受けてしまった自分が馬鹿でしたね。

慰安婦同様、最悪の大嘘です。
お金が絡むと人は平気で嘘がつける典型ですわ。

がっかり・・・

なんだか人権がらみの詐欺といえば、最近話題のアグネス・チャンを思い起こしますね。
彼女行為もユニセフを語り、善良な日本国民の善意を食い物にした悪質な詐欺で類似性を感じますね。もっとマスコミに取り上げられて追及されるべきだと思いますが、今のところ一部の人を除いて全く沈黙といった感じです。
なんか、おかしいですね。

● ヒデ さん
おはようございます。

>人権や環境を声高に叫ぶ人には胡散臭い人が多いですね。
勿論そんな人ばかりではないかも知れませんが、反論しにくい事を良いことに、やりたい放題といった印象です。

人権・環境問題自体は大事な事だけど、異を唱えられないからあらゆる人が集っている気がします。
そういう運動を自分に酔っている人もいますよね。

>今日は朝から魚釣りに行ってましたが、特に早朝のラジオの世界はかなり左翼的な、というか、日本を好き放題こき下ろしてますよ。
今朝のFMは朝日の身勝手な言い訳や主張のオンパレードでアタマが痛くなりましたわ
まあ、左翼だの右翼だのっては本来、国を思っての発言なり、行動なんで、売国左翼や街宣車の右翼は似非なんだと思っています。

ラジオは言いたい放題なんですねぇ(・・;)
サヨクが自国を貶める活動しているのは日本くらいですよね。
反日日本人を減らすためには、教育しかないと思います。
 応援、ありがとう☆

●三太夫 さん
おはようございます!

>「人権はカネになる・・・」を見事に実践した「ソマリー・マム」って…って、誰かに似ている…と思いました。
そう!その人は福島瑞穂大先生です。
瑞穂大先生は、弁護士業を10年ほど開業していたようですが、何とその10年間で6千万円程の貯金をされたようです。(総収入ではなく、貯金ですよ!!)

スゴイですねー(・・;)
弁護士でも食えないというニュースがある中、やっぱ「人権派」は儲かるんだ!
やったら「人権派弁護士」だらけなのはそのせいか。

>瑞穂大先生は、高木健一事務所に入って「人権派弁護士」として、慰安婦問題のエキスパートとして「演技指導&プロデューサー」までやって、お金儲け…をしたんでしょうね!!
ちなみに、民主党の「仙谷由人」も高木健一事務所で同僚だったらしい!

人権利権とでも言うんでしょうか、
高木がインドネシアなどで火のない所に火をつけて回って、福島瑞穂が登場。
そして福島の旦那の海渡雄一が国連でロビー・・と
みんな繋がってますからね。
 
>韓国が世界に拡散している慰安婦(戦場キーセン)の大嘘も、少しづつバレ始めています。
なでしこアクション・テキサス親父、マイケル・ヨン、ケントギルバート…等々の皆様に頑張っていただきたいですね!!

なんか去年くらいから、硬い硬い殻にヒビが入ってきたような感じですよね。
近い将来、慰安婦問題の韓国の嘘の部分が世界的に暴かれると信じています。

●Alicia さん
こんにちは!

>ソマリー・マム
>私もブログで取り上げたことが・・・!
まさか嘘だったとは!?
あまりに壮絶な半生で、フランス絡みで真に受けてしまった自分が馬鹿でしたね。

《中華思想の異常さを垣間見る【女子小学生8人に性的暴行繰り返す=鬼畜小学校教師を逮捕―甘粛省定西市】 》http://blogs.yahoo.co.jp/aliciayi91/63337640.html
 ↑この記事ですね。読ませていただきました(^^)/

>慰安婦同様、最悪の大嘘です。
お金が絡むと人は平気で嘘がつける典型ですわ。
>がっかり・・・

ソマリーの訴えで、カンボジアの幼児性愛・人身売買の実態は届いたけど、
やはりこうやって「嘘」が暴かれると、なんだかなぁという気持ちになりますよね。
で、「人権」はカネになるんだ!と再認識。

トラバして頂いた記事にトラバ頂きました。

● タカヒロ さん

>なんだか人権がらみの詐欺といえば、最近話題のアグネス・チャンを思い起こしますね。
彼女行為もユニセフを語り、善良な日本国民の善意を食い物にした悪質な詐欺で類似性を感じますね。もっとマスコミに取り上げられて追及されるべきだと思いますが、今のところ一部の人を除いて全く沈黙といった感じです。
なんか、おかしいですね。

アグネスの豪邸もだけど、福島瑞穂の弁護士としての蓄えもスゴイし、
「人権」ってカネを生むんだなと思いますねぇ。
 普通の人は「弱者」「人権」と言えば黙ります。
そして人権云々言ってる人達は、胡散臭い人が多い。
「人権」利権をなんとかしないと・・・

記事前部で一瞬で信じてしまいました。
どんな情報も一次的に得られる事は少ないです、それから事実と確認する為に何が必要なんだろうかと、自分に問いたくなりますね。

たぶん、自分から情報に近づこうとする行為が、必須なのだと思います。

便利な情報化の時代が、犯罪者の悪知恵の交換に役立つこともまた残念な事実だと思います。

特亜で作られた方法は最低な犯罪教科書になるでしょう、此れを覆すことが貧困や不幸を減らす、本当の確実な道だと強く思います。

●アリエル さん

>記事前部で一瞬で信じてしまいました。
どんな情報も一次的に得られる事は少ないです、それから事実と確認する為に何が必要なんだろうかと、自分に問いたくなりますね。

誰でもコレ騙されちゃいますよね。
ニューズウィークの記者がキッチリ現地取材したから判った事で。

>便利な情報化の時代が、犯罪者の悪知恵の交換に役立つこともまた残念な事実だと思います。
特亜で作られた方法は最低な犯罪教科書になるでしょう、此れを覆すことが貧困や不幸を減らす、本当の確実な道だと強く思います。

日本の記者がキッチリ取材していたら特亜の嘘情報も暴かれていたんじゃないでしょうか。
アカヒ・植村記者のように取り込まれて騒ぎを大きくしたのを見ると、
日本の記者は期待できそうにありませんが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» ソマリー・マム~ヒラリー・クリントンも騙された…… 人権活動家ソマリー・マムの人助けは自作自演の行き過ぎた嘘だった】今世紀最大の詐欺師か?【 [怒れる!台北・日本人嫁日記]
【ヒラリー・クリントンも騙された……  人権 活動家 ソマリー・マム の人助けは 自作自演 の行き過ぎた 嘘 だった】 http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20140610/Wotopi_5817.html ウートピ 2014年6月10日 12時00分(2014年6月18日 12時30分 更新) NewsweekWEBサイトより 「 あなたの仕事は仕事とは呼べない 」、「 自分で選んだ..... [続きを読む]

« 韓国の「国民的画家イ・ジュンソプ」氏と日本人妻、引き裂かれた歴史を超えて 【ニュースバード】 | トップページ | 【クリミア訪問】「鳩山さんを庇うのはこの番組が初めてかも~(笑)」by室井祐月 【Live Nippon】 »