フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

最近のコメント

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 百田尚樹氏・加藤清隆氏のニュース解説 「参議院選挙の衝撃の予測値&共産党の歴史。その毒団子と民進党の未来」 【虎ノ門ニュース 】 | トップページ | 6.16「放送法遵守を求める視聴者の会」公開討論。ケント・ギルバート氏の「日本のメディアに報道の自由が無かった時代の話」 »

2016年6月15日 (水)

【ケントギルバート・上念司】明日(6/16)の3×3公開討論「テレビ報道と放送法・何が争点なのか」&「放送業界の全体主義」の話 【虎ノ門ニュース】

6/15(水)〜ケントギルバート・上念司・居島一平〜【真相深入り!虎ノ門ニュース】で

ケントギルバート氏と上念司氏が、

明日の「放送法遵守を求める視聴者の会」と「放送メディアの自由と自律を考える研究者有志」の公開討論

「テレビ報道と放送法――何が争点なのか」中継の案内と共に、放送業界の全体主義について語っていたので記録しましたdownwardleft(要約です)

「放送関係者が現場で感じる弾圧の正体」「共産党の革命」の関連の話は百田尚樹さんの回でも語っていたのでそれも紹介します。にほんブログ村 テレビブログへ

で、"怒ってるズ"はどこまで逃げ回るのかな??(゚ー゚)

1.04.40~

Photo_3『報道と放送法その争点』

居島氏放送法遵守を求める視聴者の会ではケントさん・上念さんご一緒で。」

2

上念司氏明日、公開討論なんです。」居島氏「いよいよ例の?」
上念氏「はい、明日10時から」居島氏「実現するんですね。」

上念氏『怒ってるズ』は来ないですよ。陰口ばっかりの青木、、いつでも来いよ!待ってるぞ!」+「そのジャーナリストは逃げ回ってる」

上念氏「そうそう、『怒ってるズ』は来ない」 ケント氏怒ってるだけなんで」上念氏「『怒ってるズ』は岸井さんとか」 ケント氏鳥越さんとかね」 上念氏青木さんとか雑誌に事前に連絡して来いなんて・・・」

ケント・ギルバート氏明日の10時から、ニコニコで見れる小川榮太郎さんとボク(ケント・ギルバート)と上念さんが、この3人の方と公開討論する。」

(公開討論の詳細 読み上げ 略)

上念氏「醍醐先生は本当に素晴らしい方。公開討論を申し込んで頂いて、まずお三方に敬意を表します。怒ってるズとは全然違う。品性がある。

3

ケント氏従来のジャーナリストとか日本のメディアは全体主義みたいになっちゃってる。自分達の役割は世論を形成して誘導すると勘違いしてしまっている。

それに不安な我々の事を好ましく思っていない。邪魔だと思っている。だから『弾圧』と言う。だけど私達は権力も持っていないのにどうして弾圧が出来るのか不思議でならない。権力がないのにどうやって弾圧するんだ!? 言論の自由を行使しているだけ。

で、これはあくまでも放送の部分だけで新聞ではない。新聞は言論の自由をほぼ無限に、名誉毀損しない限り持っているが、

テレビは、限られている電波を独占的に利用する権利をもらう代わりにフェアに報道しないといけないその放送法を無視して偏向報道をし続けていると、私達は主張している。なのでこの法律を守ってくださいという事で放送法遵守を求める視聴者の会を発足した

新聞の広告も出し、記者会見もやった。そこにテレビ局も来て取材していたけど、放送しなかった。これを無かった事にしたかったみたい
報道しない自由というか国民の知る権利をなんだと思ってるんだと。」

4

念氏「経済評論家としてあえて言わせて頂くと、こういう事をやっていたらテレビがつまんなくなって視聴者がドンドン離れていくかも知れないという思い。

何故かと言うと、テクノロジーの進歩は待ってくれない。ネット上は本当に自由な空間だが、テレビというのは、彼らの定義では凄く権威があるものだそうで、そこでやっているものは全部本当でみんな信じてしまうという前提でテレビ放送というのは考えられているらしい。そういう俺達の特権だと色々言ってる。

今のテレビは、設定の時に地上波がデフォルメされているのはおかしいと思いません? パソコンならスタート画面から選べるし、スマホだってカスタマイズしているのにテレビだけカスタマイズ出来ない

 本来なら、テレビ・YouTube・アベマTV?ニコ生みたいになっていても良い。そういうテレビを出そうとすると妨害する。スマートビエラ事件というのがあって、パナソニックがそれを出そうとしたがCM拒否された(詳細 略) 」

ケント氏テレビは大きな権力。それを監視している人はいないので暴走している。

これは戦後GHQのWGIP(洗脳政策)の中で、GHQが放送してほしいものを放送し、国民世論を作った、その悪知恵をずっと今日まで使っている。それが自分の役割だと思っているが、

danger私は民主主義においてテレビの役割は、国民世論を作るのではなく、国民が自由に選択する材料を提供する事だと思う。

例えば本当のニュース(番組)のコメンテーターなんかいらない。そのコメンテーターが大体新聞社から来て新聞社の意見を言うだけだから。反対意見を言う人も置くならまだ良いがそうではない。新聞の系列のニュース番組なのもおかしい。放送局と新聞社が繋がっているのもおかしい。これ国際的にはほとんどあり得ない

メディアは本当は弱い。みんなに遠慮しているから。弾圧があると言うが、古舘伊知郎氏が「政府の弾圧は無かった」と朝日新聞に語った。岸井成格さんも記者会見で「直接的な圧力は無い」と断言した。次のサンモニでは「圧力を感じた」と。

無い事を感じたのなら、これは宗教ですね。」
念氏そうです。病院に行かれたほうが良い。」

5

ケント氏放送関係者が現場で感じる弾圧の正体とは何かというと、

彼らが遠慮しているのは経営者、株主、番組スポンサーに対して。それから芸能事務所、タレント、圧力団体(具体的には民潭・朝鮮総連・宗教団体、組織的な抗議電話してくるような団体)
あと、中国と韓国になぜか遠慮してる。それはプレスコードの名残だと思う。

だから我々の知る権利はどうしたんだ?、本当に。彼らが遠慮している所は見せない。そして彼らの偏った政治思想だけは言ってくる。それ以外のものは言わないテレビを見て信じてしまう人が多いと思うが信じない方がいいよ。」

念氏「それには2つ論点があって、1つは本当に偏っているのか客観的に分析 した。安保法制やってる時の一週間位のTBSの報道を賛成・反対の割合をやったら95%反対だった。かなり厳しく検証した。賛成派の5%は安倍総理が喋っている映像もカウントした。(報道ステーションはもっと酷かった:ケント)
違う意見を言っている人がいないかのような報道だ。

2つ目は、テレビの影響力は確かに落ちているので半永久的に世論誘導するのは難しいが、ただ1ヶ月位は上手く世論を変えられる

安保法制なんてまさに10日位は『戦争法案』というレッテルでワーッと盛り上がって、安倍政権の支持率も1ヶ月位落ちた。さすがに間違ってると気づいてその後支持率は回復したが」  ケント氏回復してそれ以上に高くなった」

念氏でも短期的にはドーンと落とす事が出来る

国家が危機的な状況に陥った時に、しかも民主党政権みたいな時にあれをやられちゃうと本当に禍根を残すような間違った決断をされちゃうかもしれない。

戦前で言うと、日米開戦やむなしという報道バスに乗り遅れるなというコミンテルン。新聞社の中に居た共産主義のスパイ共がああいう報道をしていた。偽装右翼ですよ、勇ましい事を言って『永久に支那事変をやれ』とかね。(尾崎秀実とかね:居島) 尾崎秀実ですよ。ろくでもないやつらがいっぱいいて。

あれをやられたら困るので、じゃあ放送法を守るのか、放送法がなくてよい世の中なのか。様々な権威主義は全部捨てて自由化してください。電波オークションして下さいみたいな話になってきますよ。どっちにするんですか』という問題提起を我々はしている。」

ケント氏電波オークションに大賛成です」 

念氏「ですよね。全世界的にその方向で、例えば香港はシナで、一党独裁の一国二制度なのに多チャンネルで100チャンネルとか見れる。もちろん放送法はない。フィリピンでも基本的には多チャンネルだし、どの国も多チャンネル化しているのに、日本だけが地上波、NHK入れて6系列。6個しか選択肢が無い。」

ケント氏「地方に行くとそんなにない。しかも新聞と繋がってる。ラジオ局も」

念氏「テレビで例えば普通にネット放送・YouTubeとかもすればいいのに絶対にしない。
ケント氏「先日ケーブルテレビ見たが、BSもCSも系列ばっかし。」
念氏明日ちょっと、徹底討論するので」 ケント氏「そこにニコニコとかアベマTVとかいれてほしい」

6

居島氏「だから民法各局はカルテル構成してたわけですね」 

ケント氏「そういう事ですね。だから全体主義です。全体主義をどうやろって守るかというと、情報操作です。情報をコントロールすることによって全体主義を維持するわけですからね。それを中国は一生懸命やろうとしていて苦労してます。」

居島氏全体主義を感じさせないようにするのが全体主義ですよね。」

(以下 略)

人さし指明日の公開討論会の詳細です右

公開討論「テレビ報道と放送法――何が争点なのか」中継のお知らせ

1


◆タイトル:「テレビ報道と放送法――何が争点なのか」

1★ニコニコ生放送(ドワンゴ公式チャンネル)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv265721005 

◆日時:平成28年6月16日(木)10:00~12:00 

◆登壇者:
<放送メディアの自由と自律を考える研究者有志>
砂川 浩慶(立教大学教授/メディア総合研究所所長)
岩崎 貞明(放送レポート編集長)
醍醐 聰(東京大学名誉教授)
 

<放送法遵守を求める視聴者の会>
ケント・ギルバート(米カルフォルニア州  弁護士、タレント、放送法遵守を求める視聴者の会 呼びかけ人)
上念 司(経済評論家、放送法遵守を求める視聴者の会 呼びかけ人)
小川 榮太郎(文藝評論家、放送法遵守を求める視聴者の会事務局長)

人さし指共産党の革命の話右

百田尚樹氏・加藤清隆氏のニュース解説 「参議院選挙の衝撃の予測値&共産党の歴史。その毒団子と民進党の未来」 【虎ノ門ニュース 】2016年6月15日

加藤氏「(笑)意外と今の若い人はご存じなくて、共産党の昔のカイミン闘争という時代があった。
丁度朝鮮戦争の時、(逆に北朝鮮・中国を助ける為にに国内からそういう行動を起こしたんじゃないかと言う人もいるくらいだが)

警察署等襲撃事件が全部で96件もあった。警察官殺害が2件。検察・税務署・裁判所等の襲撃が48件。米軍基地その他襲撃が11件。
等々、こういうものが実際にあった。これは事実で、これは党で決めて闘争方針で実行していた。だから保安調査庁という役所が出来て24時間体制で監視するようになり、
いまだに続いているのが現実。それも意外と皆さんご存じない。」

5

人さし指圧力に弱いという放送局の話右

「発売5日で絶版へ”ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲”」は何故絶版に?。 百田尚樹氏・長谷川豊氏の出版界・放送界の「放送禁止用語」の話 【虎ノ門ニュース】2016年6月 1日

百田氏「あともう1つ、昭和50年代に、いわゆる部落解放同盟の青年団ですか、これがマスコミを糾弾しまくったんですよね。
些細な言葉遣いを、これ言葉狩りと言うんですが、この言葉を使うのはおかしい!ということで、

それで出版社とかテレビ局に大挙でやって来て、抗議の街宣車が走り回って。
それでもう完全に出版社も放送局もビビッてしまったんですね。

この時にいわゆる自主規制の言葉がもの凄く増えてしまったんですよ。(そうです:長谷川)

ですからあの時は、出版社でも司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』なんかで、あれはもう歴史用語なんですね。
幕末の、江戸時代の時の差別用語みたいなのがあるんですが、そういう言葉まで全部おかしい!ということで書き直しを要求されたりしたんですよね。

例えば漫画なんかでも、手塚治虫さんの漫画『ジャングル大帝』とか、ああいうとこで黒人が出てきますよね。
その黒人をデフォルメする為に、例えば唇を分厚く描く、これで「黒人差別や」という事で、ジャングル大帝が絶版、回収になったりとかね。
これもあくまで自主規制なんですよ。
つまり出版社が勝手に怖がってしまって回収してしまうんです。

居島氏絵本の『ちびくろサンボ』もそうでしたよね。
関西のごくごく小規模な一家庭がなんか吊るし上げたっていう。」

百田氏堺市に”黒人差別をなくす会”があって、これは今、居島さんが仰ったように一家なんですよ、一家三人でやってる
もう今は子供も大きなって、その当時の子供は確か小学生くらい。
小学生くらいの子が適当に色んな漫画見て「お母さん、これ差別だー」とか言って、その両親共に「黒人の差別をなくす会」という団体をこしらえて、
「お、これ差別やな」、ほんで出版社に電話して、ほな出版社がビビってしまって、その当時は凄く怖かったんですよ。

居島氏「黒人の団体から黒人の人たちに抗議されるならまだしも、、」

長谷川氏抗議をして揉め事を起こす事を仕事にしてる人達ってのがいるんですね。(ビジネスに:居島)

昭和50年代の後半からテレビ局も出版社も含めて、あまりにも街宣車とかがテレビ局の前などに来て迷惑行為が過ぎる、という事だったので

ある程度の折衝を付けなければいけないという事で、毎年2回、その部落解放同盟を中心とした所に研修に行かなければいけなくなったんですね。

その研修に行って徹底的に「こういう差別の歴史があるんだ」というのを、延々2日間に渡ってギャンギャンギャンギャン言われ続け、もうそれをやられると心が参っちゃうんですよね。
どうせ面倒臭いことを言われるんなら一旦止めようか、という事になっていったんですけれども、
その起源っていうのは完全に似非左翼化した「差別を止めよう!」っていうのは、一定の実は効果は確かにあるんです。
私達関西人ですので、確かにあってはいけない部落に対する、部落地域に対する差別というのは確かに、昔、実は”あった”歴史というのは、
”黒い歴史”としてあるが、それに対してちょっとやり過ぎ
なんですよね。

で、そうじゃない、差別意識のない人達まで「これも止めよう、あれも止めよう」って勝手に止める自主規制は、憲法21条に対する完全な冒涜行為なんですよ。
日本人は表現は全てして良いんです。その代り反論があったら反論しても良いんです。
こんな当たり前の事が今、自由に出来無くなってるのは、保身に走る大きな企業、テレビ局や新聞社、出版社の上層部の怠慢ですね。

百田氏「あと1つ言いますと、確かに昭和50年代にはそういう言葉狩りが凄かったんですが、今現在は部落解放同盟も、そういう言葉狩りはやらないって言うてます。(そうです、そうです:長谷川)

5

百田氏「ですからそういう言葉狩りは終わったんですが、ところが30年前のトラウマで出版社もテレビ局も、もう凄く怖くて何でもかんでも自主規制なんですね。

人さし指ちなみに"怒ってるズ"とは右

《「私たちは怒っています!高市『電波停止』発言は憲法・放送法の精神に反している」(青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎)》2016年3月 1日

001

【高市総務相電波停止発言】「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければ」田原総一朗氏、岸井成格氏ら6人が抗議会見   2016年2月29日                 

田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、岸井成格氏ら放送業界で活動しているジャーナリスト有志が29日、高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議する記者会見を東京都内で開き、「私たちは怒っている」「発言は憲法、放送法の精神に反している」とする声明を発表した。

 呼び掛け人には、田原氏らのほかに、田勢康弘氏(会見には欠席)、大谷昭宏氏、金平茂紀氏、青木理氏が名を連ねた。

明日の10時から、ニコ生見ましょう!

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感flair!の方はポチッとよろしく 

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!

« 百田尚樹氏・加藤清隆氏のニュース解説 「参議院選挙の衝撃の予測値&共産党の歴史。その毒団子と民進党の未来」 【虎ノ門ニュース 】 | トップページ | 6.16「放送法遵守を求める視聴者の会」公開討論。ケント・ギルバート氏の「日本のメディアに報道の自由が無かった時代の話」 »

岸井成格」カテゴリの記事

拉致問題」カテゴリの記事

放送法遵守を求める視聴者の会」カテゴリの記事

虎ノ門ニュース・ニュース女子(DHCシアター)」カテゴリの記事

青木理」カテゴリの記事

鳥越俊太郎」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

>例えば本当のニュース(番組)のコメンテーターなんかいらない。

早朝のTBSで元TBSの龍崎氏が、都知事選候補に名前が上がってる民進の蓮舫らについて、ウロですが「野党だからお金の(疑惑の)心配ない」と言ってました。元テレビ局、元新聞社の人間が大学教授の肩書きでテレビに出て、情報操作に荷担する、まさに利権の構造ですね。

>テレビで例えば普通にネット放送・YouTubeとかもすればいいのに絶対にしない

CSでチャンネル桜を見てますが、元産経の高山さんがど真ん中から電通を解説、批判したり、昨日は杉田水脈さんが関西の同和利権について証言してました(身の危険がないか心配)。

野中を復党させ、部落差別なんたら法やLGTBなんちゃら法を通そうとするなど、自民こそ正攻法で批判すべきなのに、テレビでは絶対に無理。参院選にヤワラを出すなんて話があるそうですが、国民をなめるなと思いますよ。

●いつも読んでいます さん
こんにちは。

>早朝のTBSで元TBSの龍崎氏が、都知事選候補に名前が上がってる民進の蓮舫らについて、ウロですが「野党だからお金の(疑惑の)心配ない」と言ってました。元テレビ局、元新聞社の人間が大学教授の肩書きでテレビに出て、情報操作に荷担する、まさに利権の構造ですね。

  須田さんが虎ノ門ニュースで言ってましたね、蓮舫はスキャンダルまみれだと。
コメンテーターいらないといえば、蓮舫を北京大に留学させ、国会に送り出した高野孟も、
反日・反自民の急先鋒でしたね。

>野中を復党させ、部落差別なんたら法やLGTBなんちゃら法を通そうとするなど、自民こそ正攻法で批判すべきなのに、テレビでは絶対に無理。参院選にヤワラを出すなんて話があるそうですが、国民をなめるなと思いますよ。

自民党の支持層を広げる作戦かなんか知らないけど、
野中とヤワラはダメ! 何に考えてるんだ!?と呆れ返ります。
選挙対策委員長は茂木さんかぁ・・大丈夫かな? ちょっと不安ですねぇ。

メディアが如何に横暴であるかということが ハッキリと分かる報道関係者の質問コーナーでした。

公開討論するも どこに問題があるのかを全くわかっていない 鈍感な3バカ大将(砂川浩慶、岩崎貞明、醍醐聰)

週刊金曜日の赤岩は狂ってる

領土拡張する中国の危険よりも 自国の安保法制を危険と言い続け、安保法制に対する反対誘導を意図的に報道した番組
調査日:2015/9/14(月)~9/18(金)
●日テレ(NEWS ZERO)・・・反対90%、賛成10%
●テレ朝(報道センター)・・・反対95%、賛成5%
●TBS(NEWS23)・・・反対93%、賛成7%
目に余る3番組の報道時間は、いずれも90%以上であり、まるで中国共産党が編集しているかのような報道ぶりでした。 情報操作は極端な数値が出たことで証明されています。   
自分の番組であるかのように 偏りあるキャスターが操作された偏向報道を繰り返し、視聴する国民が安保法制反対に同調をするよう工作していたのです。
これはすべて番組の謀(はかりごと)であり、番組スタッフ・コメンテータとの入念な事前の打ち合わせがあったであろうことは言うまでもありません。 
何も知らない国民は、報道されたことを信じ込んでしまいます。
他局の報道を視聴者自身が見比べればいいじゃないかと反論するのであるとすれば、偏向報道を別の意味で認めたことになります。
結果として、テレ朝(報道センター)と TBS(NEWS23)は メインキャスターを変えました。 彼等は番組を降りたのは圧力ではないと言っていますから、冷静な気持ちに立ち戻って 偏向報道であることに反論しなかったわけです。
しかし、日テレ(NEWS ZERO)は メインキャスターの(村尾信尚 氏)を続投させています。 日テレの番組にはミヤネ屋(宮根誠司さん)のように納得のいく公正なキャスターがいるというのに、高視聴の時間帯である夜間の報道では90%反対が露わになった(NEWS ZERO)は参院選をも、この(村尾信尚 氏)でいこうと強硬な姿勢を変えません。 このことが作為的な90%安保法制反対の番組として益々 単独に際立つことは間違いありません。
番組が改善の決定を示さない限り、今後必ずや(NEWS ZERO)が袋叩きされるであろうことを懸念します。 番組は(村尾信尚 氏)を降板させるべきではないでしょうか。

>須田さんが虎ノ門ニュースで言ってましたね、蓮舫はスキャンダルまみれだと。

国会で追求され、大臣を辞めたことがあったような。もっとも、ネットであれだけ反対の声が上がった舛添も知事になってしまったし、マスコミが推し、レンホーが立てば、なってしまうんでしょうかね。

舛添が終わったと思ったら今度は蓮舫。もう嫌過ぎて、昨日はほとんどニュース見てません。都民じゃないからご勝手にですが、蓮舫ってそんなに好感度高いでしょうか。舛添に通じる「嫌な感じ」、しませんかね。たしか与党になったとき、国会議事堂でファッション雑誌用の撮影をしてましたが、勘違いの方向がそっちかよ、と呆れたものです。見かけ倒しで底が浅いというか。。。

親韓知事の次は、親中知事なんて。。。なったらなったで、またぞろスキャンダルに火が付きますね。東京は選挙費用に困らないし、やるだけやって賢くなればいいのでしょうが。

●        さん

>メディアが如何に横暴であるかということが ハッキリと分かる報道関係者の質問コーナーでした。

  同感です。一目瞭然でしたね。

>公開討論するも どこに問題があるのかを全くわかっていない 鈍感な3バカ大将(砂川浩慶、岩崎貞明、醍醐聰)

  あの3人は基本的に「視聴者目線」じゃないから問題が見えないんです。
小難しく考えすぎか、元々偏向脳なんでしょうね。


>週刊金曜日の赤岩は狂ってる

 リテラもいい勝負かと。

● いつも読んでいます さん
こんにちは。

>国会で追求され、大臣を辞めたことがあったような。もっとも、ネットであれだけ反対の声が上がった舛添も知事になってしまったし、マスコミが推し、レンホーが立てば、なってしまうんでしょうかね。

  ちゃんと選んでほしいんですが・・・正直、蓮舫が都知事になってもしょうがないかと。東京だし・・
どうせ途中で辞める事になると思うけど、人気投票で選んで痛い目に遭わなければ分からないかも知れませんね。

>舛添が終わったと思ったら今度は蓮舫。もう嫌過ぎて、昨日はほとんどニュース見てません。都民じゃないからご勝手にですが、蓮舫ってそんなに好感度高いでしょうか。舛添に通じる「嫌な感じ」、しませんかね。たしか与党になったとき、国会議事堂でファッション雑誌用の撮影をしてましたが、勘違いの方向がそっちかよ、と呆れたものです。見かけ倒しで底が浅いというか。。。

蓮舫を選んだ時点で、東京都民は民主党政権を誕生させた悪夢を忘れた!という事です。
山本太郎も当選させたし、超特殊なところだと思います。

>親韓知事の次は、親中知事なんて。。。なったらなったで、またぞろスキャンダルに火が付きますね。東京は選挙費用に困らないし、やるだけやって賢くなればいいのでしょうが。

はい、いっそ蓮舫都知事になって、舛添のように辞任したら
民進党の崩壊が早まるし、長い目で見たら良いんじゃないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2010487/66035334

この記事へのトラックバック一覧です: 【ケントギルバート・上念司】明日(6/16)の3×3公開討論「テレビ報道と放送法・何が争点なのか」&「放送業界の全体主義」の話 【虎ノ門ニュース】:

« 百田尚樹氏・加藤清隆氏のニュース解説 「参議院選挙の衝撃の予測値&共産党の歴史。その毒団子と民進党の未来」 【虎ノ門ニュース 】 | トップページ | 6.16「放送法遵守を求める視聴者の会」公開討論。ケント・ギルバート氏の「日本のメディアに報道の自由が無かった時代の話」 »