フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

最近のコメント

カテゴリー

2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 百田尚樹×石平対談本『「カエルの楽園」が地獄と化す日』あとがきと &スイス「民間防衛」 【虎ノ門ニュース】 | トップページ | 11/9日、第3回「竹島問題の早期解決を求める東京集会」。竹島上陸した韓国議員に公開質問状。 【ローカルニュース】 »

2016年11月 9日 (水)

1年前、木村太郎氏が「ドナルド・トランプがアメリカ大統領なる」と予言していた件&竹田圭吾氏がパク・クネを見限っていた件 【Mr.サンデー】

大方の予想を裏切り、ナント!トランプがアメリカ大統領選に勝利しました

(ニコニコの現地中継見ていたら、「トランプ勝利!」と言ったのでUPしたけど、フライング気味??)

1年前からトランプに関し「この人来年になったらアメリカの大統領になってる」と言っていたのが木村太郎氏。この際、その記録を再掲します

ついでに、竹田氏が「韓国は法治国家じゃない」と怒ってて、「中国や北朝鮮と同じレベルと自覚せよ」「北東アジアは、来年グジャグジャになる」と予言していたのも。

竹田氏はその前の週にも韓国国際感覚が欠如してるので、OECDとかG20から追い出しても良いんじゃないか」ともコメントしていたんですよ・・・(遠い目)にほんブログ村 テレビブログへ

《【ドナルド・トランプ、朴槿恵に物申す】 木村太郎氏「来年北東アジアはグチャグチャになる」&竹田圭吾氏「韓国は中国や北朝鮮と同レベルだと自覚せよ」 【Mr.サンデー拡大SP】》2015年12月28日

フジテレビ【Mr.サンデー】(12/27)ぶっちゃけ部屋で、

「木村&竹田が物申す」として、木村太郎氏がドナルド・トランプ氏に、竹田圭吾氏が朴槿恵大統領・韓国に言及していたので記録しました

人さし指今回、竹田氏は「韓国は中国や北朝鮮と同じレベルだという事を自覚せよ」と言ってたけど・・・先週は「中国・北朝鮮以下」と言っていました(゚ー゚)

人さし指で、木村氏の「韓国は経済的に相当困っていて、今度、TPPで日本に『入れてね』って交渉しないといけないので相当今日本に譲らなきゃいけない」とズバリ指摘。

002

宮根氏「さっ、今年最後のぶっちゃけ部屋なんですが、文句言いたい色んな人がいるって事で、じゃ、木村さんからお願いしますが」

003

木村氏「文句じゃないの(誰?) この人(あっトランプさん) うん。この人来年になったらアメリカの大統領になってる(なる!?) かっ!?って話。 (だって50%のアメリカ人が恥ずかしいって言ってるでしょ!? )

あのね、そういうの関係ないんです。共和党の票が取れるかどうか、このままだと取れちゃう。取っちゃうと来年は共和党が大統領になる順番なんですよ。・・・

それからもう1つはね、オバマ大統領の支持率があまりにも低いんで、これこのままやってるとヒラリーさんの勝ち目が、ドンドンドンドン無くなっていくという統計がロイター電か出して、今のままで行くとね、ヒラリーさんが勝つ、共和党候補者に勝つ確立が14%しかない(えっ!?でも竹田さん、相当ムチャクチャな事言ってますよね) 」

竹田氏「まぁ、でもあり得ますよね (ほら、ほらほら:木村) 」

宮根氏「ええっー、これ日本にとってはどうなんですか、これ」

木村氏「あのね、みーんな変だ、こんなのが大統領になるわけないって言ってんだけど、実は1980年に同じ事僕ら言ったの。ロナルド・レーガンって人が出てきてね、あんなハリウッドの俳優に何が出来るかって(政治なんてそんなやった事ないやろって)  そうそう。なってみたら戦後のアメリカの大統領の中で№1って言われてるんだから。」

竹田氏「過去にいくらでもこういうちょっとトリッキーな候補者が居たんですけど、今回ちょっと雰囲気が違うんですね、アメリカの。このまま行っちゃいそうなんで、、」

宮根氏「なるほど、ちょっとこの人突っ走るかも知んない、、さっ、そして一方竹田さんは?

004

あ~朴槿恵大統領ですよね、岸田外務大臣が明日訪韓という事なんですけども」

竹田氏「僕はね、別に朴さんに怒りはないし、日韓関係自体は冷静にやっていけば良いと思うんですけども、

だけども、一点だけ、今年はあの、産経新聞の元支局長あれの拘留と裁判の問題はもう最初っから最後まで支離滅裂、、(竹田さん相当怒ってましたもんね)

ムッチャクチャ酷いですよ、アレ。自他共に認める経済先進国なのに、これ法治国家じゃないって事を示したような事、それがやっぱりちょっと韓国の色んな意味での問題点を象徴しているように思えますね。」

宮根氏「ただこれ、年末にかけて岸田大臣が行くっていうのは、慰安婦の問題ある程度落とし所が見つかってんですかね?」

005

木村氏「と思いますよ。何故かって言うと、韓国、相当困っているんですよ、経済的に。で今度ね、TPPで日本に『入れてね』って交渉しないといけない。そういう事を考えたら相当今日本に譲らなきゃいけないって客観的な形にはなってんですよ。」

宮根氏「相当世論に影響されますからね、時の政権が、ねっ、韓国って」

竹田氏「ええ、世論とやっぱり政府が偏るっていうか、裁判の流れを全部左右してるじゃないですか、やっぱこれ中国や北朝鮮と同じレベルだという事を自覚してほしいですよね。」

宮根氏「うーん、・・・こうなってくるとね、日米韓って今後どうなるんですか?」

木村氏「中も入る(中? 中は良いカンジで入ってくる?) いやぁ~どうなるかな、相当困ってるから中国も。だからこの北東アジアってのはね、来年グジャグジャになりますよ。」

006

(以下 橋下氏の話題 略)

竹田さんは、産経新聞の加藤前支局長起訴の件で、もう相当呆れ果てているようです。

先週はもっと韓国韓国という国を突き放すコメントをしていましたし・・・右

【産経・加藤前ソウル支局長無罪】 竹田圭吾氏「(韓国は)中国並み、北朝鮮でもやらない・・国際感覚の欠如というかOECD・G20から追い出しても良いかも」 & "ジャーナリズム"を語る平井久志氏と手嶋龍一氏 【Mr.サンデー・いま世界は】

001

宮根氏「産経新聞の前ソウル支局長が無罪になったという事ですが、竹田さん、韓国にいいたい事があると」

002

竹田氏「日韓関係自体はある程度改善した方が良いと思うんですけど、この件に関してだけは、もう法治国家とは言い難い、、

あのー、起訴から、拘留・出国禁止、公判、そして今回の無罪判決・・全部おかしいですよねー、だから何ていうんですかね、ジャーナリストを人質にある意味とってそれで外交カードとして使おうなんてのは、まっ中国並み、下手したら北朝鮮でもやんないようなこと、、」

宮根氏「で、裁判で韓国の外務省が異例のね文書を出したと、それもビックリしましたけどね。」

竹田氏「日韓関係にその、配慮しなさいみたいな、、アレももうとんでもない。やっぱりあの、国際感覚の欠如というかまぁOECDとかG20から追い出しても良いんじゃないか位の事だと思うんですよね、これについては。」・・・

2つの国の大統領に関して、鋭い分析・指摘ですよね。

改めて木村太郎氏も、故・竹田圭吾氏も、本物のコメンテーターだと思いました。

それに比べて竹田氏の後釜のコメンテーターの酷さには目を覆いたくなります・・・

まっ、今回のトランプ勝利で、アメリカも日本もリベラルメディアが淘汰されていく流れができたかも知れません。

関連記事

《金慶珠「トランプ現象は、橋下徹人気・安倍政権の『日本を取り戻す』に拍手した心理と非常に似ている」 【いま世界は】》2016年3月14日

003

金慶珠氏「あの、誤解しないで聞いて頂きたいんですけれどもぉ、

私は、アメリカのトランブ現象というのはぁ、一時期、日本でもあった橋下徹人気ですとかぁ、あるいはその安倍政権が始まる時の、まぁ『日本を取り戻す』というスローガンに拍手した、そういった心理と非常に似ている

004

つまり伝統的な権力の在り方アメリカの場合は白人男性中心の権力というものに対して、まぁ彼がいわゆるストロングマン、強い男ってものを表面に出すことに成功したわけですね、まぁ年は取ってますけども。で、問題はトランプ氏がそういったメディアも駆使しながらそういった伝統的権力の象徴というパフォーマンスを繰り広げるのに対し、・・・

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村ブログ村 テレビブログ   ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト 

 

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!

« 百田尚樹×石平対談本『「カエルの楽園」が地獄と化す日』あとがきと &スイス「民間防衛」 【虎ノ門ニュース】 | トップページ | 11/9日、第3回「竹島問題の早期解決を求める東京集会」。竹島上陸した韓国議員に公開質問状。 【ローカルニュース】 »

コメンテーター」カテゴリの記事

Mr.サンデー」カテゴリの記事

トランプ大統領」カテゴリの記事

コメント

さくらにゃんさん!こんばんわ!!
いや~ トランプ大統領の誕生…ですか!!
日本も「民主党政権」を選択してしまった苦い経験があるし、最近でも、英国は「EU離脱」を選択して後悔した例もあるし…果たしてどうなるか、私的には「期待2割 懸念8割」です。
まあ、後は「閣僚」にどのような人材を揃えるのか…特に国務省関係者が気になります。
でも、Good Newsもありますよ!!
同時に行われた米下院議員選挙で、あの悪評高い「マイク・ホンダ」が落選した模様です!
http://hosyusokuhou.jp/archives/48775802.html
韓国にとっては「大ショック!」でしょうね!!
日本にとっては大歓迎ですが!!

木村氏以外にも、藤井厳喜氏がクリントン財団などの不正を断言してます。http://www.youtube.com/watch?v=GZQCRegPqEI http://www.youtube.com/watch?v=2TVoLZ0BTr0

こんばんわ。

今日はお昼のバイキングから木村太郎氏のご意見を拝聴しておりましたが、その言葉に偽りなくトランプ氏が勢いそのままで勝利してしまったので少々肩すかし気味になった感じもあります(苦笑
所々接戦は見られたものの開票終盤のペンシルベニアを取ったところで「勝負あったな」と思いましたね。

また、上記の呆れたさんのコメントにもありますが、藤井厳喜氏の予想も凄まじいと感じました。木村氏にしろ藤井氏にしろ、米大統領選という大舞台を限られた情報から「ずばりこの人が勝つ」という予想は中々出来るものではないと驚くばかりです。

なんにせよ、数日中は(市場も含めて)荒れに荒れるのは間違いないでしょうが、日本がどのようにトランプ氏に向き合っていくか、ひとまずはここに注視したいと思います。

あと、マイク・ホンダが落選したというのは喜ばしいのですが、対立候補も親日というわけではなく、親中反日と言っていい思想の持ち主のようですので、同じく日本いびりに終始しないか、この点も注視していく所存です。
ついでに参考URLでも。

反日はどこからくるの 氏
ホンダ氏以上の「親中反日」候補 ロー・カンナ
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/tag/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%8A

マスコミというか、評論家などという人たちの予想は当てにならない。イギリスもアメリカも世界を混乱させてくれました。
それだけ世界中に不満がたまっているんですね。

オバマの8年間でうんざりしたからヒラリーは黒人層の票も伸びなかったし、やっぱり女性に嫌われすぎ。トランプは白人至上主義の人たちの心を喜ばせたけど、それに反発する人たちの票もヒラリーは取り切れなかった。
トランプの何倍も選挙費用かけても負けるなんて、メール問題の再捜査がなくても負けてただろう。

まっ、旦那が大統領の時も日本叩きで泣かされたから、ヒラリーが勝っても日本にとっていいことはなかっただろう。
日本の安全保障を考える人が増えて、憲法9条が平和憲法だなんて言ってられないものだと気づく人が増えるきっかけになるかも知れない。

トランプさんの暴言を聞く限りでは、南シナ海や尖閣諸島で何が起きようとアメリカは関係ないと言うし、韓国は親北朝鮮の方が権力を持ちそうだし、12月の安倍さんとプーチンの会談が益々重要になりますね。
日本が平和条約を急ぐだろうからと、プーチンは経済協力を強気で求めやすい。どれだけロシアに譲歩するのか・・・。信用できない国だけにねぇ。


こんにちわ


アメリカ人が決めることだから、どうなろうと仕方がないですが、
トランプで良かったと思います。ヒラリーだったら、きっと「女性カード」全開に
なってたはず。正直、討論の段階からレベルが低すぎて聞くに堪えず、大統領選のニュースは
見てませんでした。で、昨日の結果。ヒラリーが今回のトランプ勝利にコメントし
自分はガラスの天井にさえぎられた。。。と言ってましたね。え、あんたが負けたのは
どうしようもない腹黒さが大方に伝わったからじゃないのと呆れましたね。
比べるのを少々ためらいますが、二重国籍をうんぬんするのは差別だというレンホーを
思いだしてしまった。。。

トランプのスピーチは下品すぎて聞くに堪えないですが、それでも昨年から、
アジアの空港や交通インフラに接すると、アメリカの遅れに愕然とすると言って
ましたね。昨日桜チャンネルで元産経の高山さんが、40年前、はじめてだったか
アメリカに行ったとき、その豊かさに圧倒されたが、それがピーク。アメリカは40年間
沈み続けてると言ってたのもタイムリーでした。

グローバルを声高に唱える前に、利用するのをためらうほど劣化した鉄道システム。
海外に力を注ぐ前に国内ですべきことがたくさんある、というのはアメリカ人大半の
正直な気持ちでしょう。どの国も国益、国民の利益が一番で当然ですよ。ビジネスマン
らしい合理的な判断が良い方に働くことを期待します。

それにしても、昨日今日と、お偉いコメンテータや記者様方の的外れな
お言葉が飛び交うのがうっとうしくてしかたありません。苦痛というより
腹が立ってくるので、ほとんど見てませんが。

余計なお世話ながら、アメリカ人、トランプを大統領と嫌々認めるとして、
あの妻をファーストレディと呼ぶわけですね。男が言いにくいことを
同性としていうなら、トロフィーワイフがファーストレディとは。
なんともご愁傷さまな感じです。パパブッシュにしろブッシュにしろ、妻たちは
どこかアメリカの母を代表するような見た目というかファッションでした。
それが、今度は立派なお胸にどうしても目が行ってしまうような女性。
選んだのは大統領だから、妻のことは、どうでもいいんですが。

●三太夫  さん
こんばんは!
トランプ、本当に勝っちゃいましたね!^^;

> 日本も「民主党政権」を選択してしまった苦い経験があるし、最近でも、英国は「EU離脱」を選択して後悔した例もあるし…果たしてどうなるか、私的には「期待2割 懸念8割」です。
まあ、後は「閣僚」にどのような人材を揃えるのか…特に国務省関係者が気になります。

  私もちょっと不安だったけど、勝利のスピーチが思いの他マトモで「良く出来ました◎」だったので
仰るように、側近次第ではもしかして大化けするかも!?と思いました。

>でも、Good Newsもありますよ!!
同時に行われた米下院議員選挙で、あの悪評高い「マイク・ホンダ」が落選した模様です!

  韓国、踏んだり蹴ったりですねぇ。
このニュース、すかさずザマーとしか思いませんでしたが♪

●呆れた  さん

>木村氏以外にも、藤井厳喜氏がクリントン財団などの不正を断言してます。

  クリントン財団から娘の巨額の結婚式代出したり、酷いもんですね。

>反トランプデモ見るとサヨクの排他的が露骨です
>すいません、一つ打ち直します
  
 確かに。 世界的にそうですね。

●水浸し  さん
こんばんは。

>今日はお昼のバイキングから木村太郎氏のご意見を拝聴しておりましたが、その言葉に偽りなくトランプ氏が勢いそのままで勝利してしまったので少々肩すかし気味になった感じもあります(苦笑
所々接戦は見られたものの開票終盤のペンシルベニアを取ったところで「勝負あったな」と思いましたね。

 木村氏は余裕で解説してますよね。
それに引きかえ、政治アナリストとかコメンテーター連中のあたふたした感じが対象的で面白い。

>藤井厳喜氏の予想も凄まじいと感じました。木村氏にしろ藤井氏にしろ、米大統領選という大舞台を限られた情報から「ずばりこの人が勝つ」という予想は中々出来るものではないと驚くばかりです。

 ケント・ギルバートさんもです!
「勝つかも」と言うのは誰でも言えるけど「この人は大統領になる!」と言い切るのはやっぱスゴイですよね。

>あと、マイク・ホンダが落選したというのは喜ばしいのですが、対立候補も親日というわけではなく、親中反日と言っていい思想の持ち主のようですので、同じく日本いびりに終始しないか、この点も注視していく所存です。

  古森さんが「ホンダ以上の親中反日」と言うんだから、相当なものかも(-_-;)
China マネーで、アメリカ内部も侵食しているんですねぇ・・

● まい さん

>マスコミというか、評論家などという人たちの予想は当てにならない。イギリスもアメリカも世界を混乱させてくれました。typhoon
それだけ世界中に不満がたまっているんですね。

  今回、それが一番の収穫だよね。
マスコミが報じるのは所詮キレイごとだけ。

>オバマの8年間でうんざりしたからヒラリーは黒人層の票も伸びなかったし、やっぱり女性に嫌われすぎ。トランプは白人至上主義の人たちの心を喜ばせたけど、それに反発する人たちの票もヒラリーは取り切れなかった。
トランプの何倍も選挙費用かけても負けるなんて、メール問題の再捜査がなくても負けてただろう。

 ヒラリーはカネに黒すぎた。それに嘘つき。  
それにしても隠れトランプ多すぎ(笑)
そもそもヒラリーは「売春婦を性奴隷」って言い出したヤツだし。

> 日本の安全保障を考える人が増えて、憲法9条が平和憲法だなんて言ってられないものだと気づく人が増えるきっかけになるかも知れない。

  日本の独自の防衛を考えるきっかけになればいいなぁと

>トランプさんの暴言を聞く限りでは、南シナ海や尖閣諸島で何が起きようとアメリカは関係ないと言うし、韓国は親北朝鮮の方が権力を持ちそうだし、12月の安倍さんとプーチンの会談が益々重要になりますね。
日本が平和条約を急ぐだろうからと、プーチンは経済協力を強気で求めやすい。どれだけロシアに譲歩するのか・・・。信用できない国だけにねぇ。think

  日露会談は本当に重要だと思う。どうなるのかさっぱりだけど、やっぱり2島プラスαかなぁ・・・
それでも少しでも前進させてほしいけど。

● いつも読んでいます  さん
こんばんは。

> アメリカ人が決めることだから、どうなろうと仕方がないですが、
トランプで良かったと思います。ヒラリーだったら、きっと「女性カード」全開に
なってたはず。正直、討論の段階からレベルが低すぎて聞くに堪えず、大統領選のニュースは
見てませんでした。で、昨日の結果。ヒラリーが今回のトランプ勝利にコメントし
自分はガラスの天井にさえぎられた。。。と言ってましたね。え、あんたが負けたのは
どうしようもない腹黒さが大方に伝わったからじゃないのと呆れましたね。
比べるのを少々ためらいますが、二重国籍をうんぬんするのは差別だというレンホーを
思いだしてしまった。。。

  大嘘つき女というのがヒラリーと蓮舫の共通項ですね。「ガラスの天井」云々も。
目くそ鼻くそ対決でしたが、黒さでヒラリーが勝っていたということかと。

>トランプのスピーチは下品すぎて聞くに堪えないですが、それでも昨年から、
アジアの空港や交通インフラに接すると、アメリカの遅れに愕然とすると言って
ましたね。昨日桜チャンネルで元産経の高山さんが、40年前、はじめてだったか
アメリカに行ったとき、その豊かさに圧倒されたが、それがピーク。アメリカは40年間
沈み続けてると言ってたのもタイムリーでした。

 なるほどね。トランプ勝利は、アメリカ社会のの歪みが耐えられないところに来たって事かも。
だけど、トランブの勝利スピーチはマトモすぎてビックリでした。
それが多少の希望かな。

>それにしても、昨日今日と、お偉いコメンテータや記者様方の的外れな
お言葉が飛び交うのがうっとうしくてしかたありません。苦痛というより
腹が立ってくるので、ほとんど見てませんが。

  はい、余裕の木村氏と、あたふたしてるコメンテーター・専門家さまが対照的で面白かったです。

>余計なお世話ながら、アメリカ人、トランプを大統領と嫌々認めるとして、
あの妻をファーストレディと呼ぶわけですね。男が言いにくいことを
同性としていうなら、トロフィーワイフがファーストレディとは。
なんともご愁傷さまな感じです。パパブッシュにしろブッシュにしろ、妻たちは
どこかアメリカの母を代表するような見た目というかファッションでした。
それが、今度は立派なお胸にどうしても目が行ってしまうような女性。
選んだのは大統領だから、妻のことは、どうでもいいんですが。

  ファッションも化粧も下品だったけど、
大統領夫人になったら、どっかからのアドバイスでスーツを着るかも知れませんよ^^;

>大統領夫人になったら、どっかからのアドバイスでスーツを着るかも知れませんよ^^;

合衆国を代表する夫の妻として公式の場に出るわけだから、
当然、そうなるだろうし、そうするでしょう。トロフィーワイフや立派な胸(あれは本物?)を
揶揄する意図はありません。移民女性がモデルになり、大富豪と結婚し、さらにはファーストレディに。
まさにアメリカンドリームの体現なんだから、がんばってほしい。
東欧?なまりの英語で十分。移民の国の新たなロールモデルになれますよ。

ちなみにヒラリー、たしか国務長官時代になぜか皇居を訪問し、皇后とニコニコ顔で
ハグしてましたよ。今更ですが元首でもないのに気色の悪い話です。

「大統領夫人になったら、どっかからのアドバイスでスーツを着る」のが夫人のつとめ
だと思いますが、その点、オバマ妻は失格ですね。イギリス訪問の際、女王と面会する
というのにカーデガン姿で登場し、はては女王にハグしようとしてました。

痛々しかったのは晩餐会にプロトコル破りの両肩をはだけたドレスで出たこと。
テーブルを見渡し、自身のファッションの場違い過さに気づいたはずです。
「黒人初の大統領」の夫人として気張り過ぎたのか、「郷に入れば郷に従え」ができない。
賢すぎるのは良し悪しですね。

国民は彼女を選挙で選んだわけじゃないから、どうでも良いんでしょうが、
もし明恵さんが、こんな失態をしたら、国民として恥じ入ります。日本には
着物という民族衣装があって本当に良かった。女王や天皇の晩餐会に
招かれたとしても、女は着物を着ていけばいいんだから。

長々と直接関係ない話で失礼しました。

藤井厳喜氏が、トランプ当選を断言出来た内容を言ってます。http://www.youtube.com/watch?v=19pWnyfiyQ

すいません、打ち直しますhttp://www.youtube.com/watch?v=19pvvnyfiyQ

●いつも読んでいます  さん

>合衆国を代表する夫の妻として公式の場に出るわけだから、
当然、そうなるだろうし、そうするでしょう。トロフィーワイフや立派な胸(あれは本物?)を
揶揄する意図はありません。移民女性がモデルになり、大富豪と結婚し、さらにはファーストレディに。
まさにアメリカンドリームの体現なんだから、がんばってほしい。
東欧?なまりの英語で十分。移民の国の新たなロールモデルになれますよ。

  なるほど、そういう目線で暖かく見ると面白いかも。
本物のファーストレディーになっていく過程をね。

>「大統領夫人になったら、どっかからのアドバイスでスーツを着る」のが夫人のつとめ
だと思いますが、その点、オバマ妻は失格ですね。イギリス訪問の際、女王と面会する
というのにカーデガン姿で登場し、はては女王にハグしようとしてました。
>痛々しかったのは晩餐会にプロトコル破りの両肩をはだけたドレスで出たこと。
テーブルを見渡し、自身のファッションの場違い過さに気づいたはずです。
「黒人初の大統領」の夫人として気張り過ぎたのか、「郷に入れば郷に従え」ができない。
賢すぎるのは良し悪しですね。

  あ~・・ありましたね。
エリザベス女王との謁見の時、服装がラフすぎで、肩に手を回していたような。
ファーストレディーなんて初めてなんだから、周囲の人・アドバイザーがダメだと思います。
それとも多少の悪意があったのかな??

>国民は彼女を選挙で選んだわけじゃないから、どうでも良いんでしょうが、
もし明恵さんが、こんな失態をしたら、国民として恥じ入ります。日本には
着物という民族衣装があって本当に良かった。女王や天皇の晩餐会に
招かれたとしても、女は着物を着ていけばいいんだから。

  全く同感です。
昭恵さんは着物も着るし、元々お嬢様だけあって上品だけど地味目で良いと思います。服装は。

●呆れた  さん

>藤井厳喜氏が、トランプ当選を断言出来た内容を言ってます。
>すいません、打ち直します

  日米のメディアのインチキの話、面白かったです。

>ファーストレディーなんて初めてなんだから、周囲の人・アドバイザーがダメだと思います。
それとも多少の悪意があったのかな??

おそらく、周囲のアドバイスを受け入れないのでは? オバマ妻はアメリカの子供たちを
ジャンクフードから遠ざけようとホワイトハウスに菜園を作り、子供たちを招いて
イベントをしたりして、良きことをしたいという意思のある人だとは思います。ただ、正しい
ことだから、あんたもやんなさいよ、と言われるのはうっとうしい。どこかで、ミシェルの
推奨する食事はまずいと書かれてたような。。。

関係ない話で恐縮ですが、日本では報道されず、CNNあたりもなんの
コメントもしないので、自分で調べて脱力したお話を披露させていただきます。

オバマがキューバとの国交回復をぶち上げ、この春だったか大統領一家が
にぎにぎしくエアフォースワンからキューバに降り立ちました。CNNを見てたら、
オバマ夫妻、子供二人に続いて、なんとも場違いなおばあさんが下りてくる。
アレは誰?とググって思い出したのは、ミシェルがチャイナに子連れ
で行ったとき同行した自身の母親なんですね。オバマが大統領になった
当時は子供たちは幼くて、想像を絶する環境の変化に対応するために
ばあちゃんのサポートも必要だったでしょう。その流れで、腹黒チャイナの
招待旅行に母親を連れて行った、まではなんとか理解できますが、
歴史的国交回復の第一歩の公式訪問に、ばあちゃんを連れてくか?
と呆れてググったら、表だって批判的な記事はなかったのですが、
「ミシェルの母はホワイトハウスに住んでいる」という一文に行き当たり、
「エ、住んでるの?」と拍子抜けし、ググるの辞めました。

オバマ妻は貧しい家庭の出身と聞きますし、苦労をして育ててくれた親に
気持ちが行くのは当然でしょう。ただ、公式訪問に連れていく神経に、そして
それを許す夫に呆れます。この話を旦那にしたら、「日本人だったら
ホワイトハウスに一緒に住むかと言われた瞬間に断るね」と言っておりました。

ホワイトハウスに大統領夫妻の親が住む、
なんてことあったのでしょうか。調べるつもりもありませんが、
あったとしても、公式訪問に同行なんて。。。

CNNとBBCしか見てませんが、この手のメディアは総じてオバマ寄り。ましてや
旦那より人気があるミシェルの批判はしないのでしょう。

まぁ、よその国のことだから、どうでもいいですが、これが日本だったらと思いますね。
公式訪問でカメラが待ち構える中、総理夫妻に続いてジジババが降りてくる。。。。
少なくともトランプになったら、こういう恰好の悪い、貧乏くさいことはしないでしょう。
トランプは下品だ、人種差別主義者だなんだと批判する、お偉いメディアの
記者たちは、ミシェルの公私混同を目の当たりにしながら、電波上で批判する
ことはなかった。日本のメディアの質がうんぬんされますが、どちら様も同じような
もんですね。

関係ないついでに「この40年来、アメリカは沈み続けている」という高山さんのコメント
で思い出したのですが、私も、はじめてアメリカに行ったのは40年前でした。歳がバレバレ
ですが、高校生の夏休みホームステイというヤツです。西海岸のワシントン州と
オレゴン州に行きましたが、私も高山さん同様、アメリカが輝いて見えました。シアトル
で一週間お世話になった夫婦の家は、街を見下ろす丘の上で、お宅もその周辺も
まさにアメリカ映画に出てくる、そのままでした。数年前、旦那と旅行したとき、
なつかしくて同じ場所に行ってみたら、住人が入れ替わったのか、長く停車するのが
はばかられるほど寂れてました。バンクーバーあたりはチャイナに占領されたと
言われてますが、さほど離れてないシアトルも同じ様な状況なのか。。。
シアトル名物の悪天候の日だったので、よけいに切なかったです。

日本のきれいな道路しか知らないと呆れるほど荒れたフリーウェイ。路肩のそこここにある
バーストしたタイヤのかけら。日本でそんなもの見たことありません。サンフランシスコ郊外に
長年住む日本人に、車のトランクに荷物を積んだら目的地に着くまで絶対開けちゃダメ
(ひったくりの恐れ)、ダッシュボードに何が入ってるかわからないから運転中は極力トラブルを避けよ、
とアドバイスされました。正直、成田についてホッとしました。それにしても、アメリカって、
どんな発展途上国なのか。。。。

国内に問題満載なのに世界中でおせっかいしてる場合かと、国民でなくても思います。
またぞろ、長々と失礼しました。

アメリカの反トランプデモ参加者は、バスで移動して沖縄米軍反基地デモと同じですhttp://www.honmotakeshi.com/archives/49980544.html http://twitter.com/YES777777777/status/789094692017217536 そして、米国ニュージャージー州パラセイズパークの慰安婦碑壊されたが、パラセイズパーク市は問題にしてませんhttp://oboega-01.blog.jp/archives/1062352601.html

藤井厳喜氏のクリントン財団の悪徳を指摘してますhttp://www.youtube.com/watch?v=5kVhMiSNM1o http://www.youtube.com/watch?v=9iePe9bGU_U

すいません、一つ打ち直しますhttp://www.youtube.com/watch?v=AMXYDqz56T4

●いつも読んでいます さん

>おそらく、周囲のアドバイスを受け入れないのでは? オバマ妻はアメリカの子供たちを
ジャンクフードから遠ざけようとホワイトハウスに菜園を作り、子供たちを招いて
イベントをしたりして、良きことをしたいという意思のある人だとは思います。ただ、正しい
ことだから、あんたもやんなさいよ、と言われるのはうっとうしい。どこかで、ミシェルの
推奨する食事はまずいと書かれてたような。。。

  ああ、ミッシェル夫人の給食が酷いってニュースありましたね。

>関係ない話で恐縮ですが、日本では報道されず、CNNあたりもなんの
コメントもしないので、自分で調べて脱力したお話を披露させていただきます。
>と呆れてググったら、表だって批判的な記事はなかったのですが、
「ミシェルの母はホワイトハウスに住んでいる」という一文に行き当たり、
「エ、住んでるの?」と拍子抜けし、ググるの辞めました。

えー!、住んでたのね(苦笑)
意地悪く考えれば、家族旅行に政府専用機を使ったようにも取れますね。
仰るように、元々少し常識がない家族かも。

>CNNとBBCしか見てませんが、この手のメディアは総じてオバマ寄り。ましてや
旦那より人気があるミシェルの批判はしないのでしょう。
> 公式訪問でカメラが待ち構える中、総理夫妻に続いてジジババが降りてくる。。。。
少なくともトランプになったら、こういう恰好の悪い、貧乏くさいことはしないでしょう。
トランプは下品だ、人種差別主義者だなんだと批判する、お偉いメディアの
記者たちは、ミシェルの公私混同を目の当たりにしながら、電波上で批判する
ことはなかった。日本のメディアの質がうんぬんされますが、どちら様も同じような
もんですね。

そういうのに寛容なのか、支援メディアだから控えているのか分からないけど、
なんか、日本とアメリカのメディアもいい加減すぎですよね(呆)

>関係ないついでに「この40年来、アメリカは沈み続けている」という高山さんのコメント
で思い出したのですが、私も、はじめてアメリカに行ったのは40年前でした。歳がバレバレ
ですが、高校生の夏休みホームステイというヤツです。西海岸のワシントン州と
オレゴン州に行きましたが、私も高山さん同様、アメリカが輝いて見えました。シアトル
で一週間お世話になった夫婦の家は、街を見下ろす丘の上で、お宅もその周辺も
まさにアメリカ映画に出てくる、そのままでした。数年前、旦那と旅行したとき、
なつかしくて同じ場所に行ってみたら、住人が入れ替わったのか、長く停車するのが
はばかられるほど寂れてました。バンクーバーあたりはチャイナに占領されたと
言われてますが、さほど離れてないシアトルも同じ様な状況なのか。。。
シアトル名物の悪天候の日だったので、よけいに切なかったです。

アメリカの斜陽の一部を、直接体験されたのは、ショックだと思います。
私も小さい頃テレビで見たアメリカ番組の、大きな家・大きな犬・広ーい庭、大きな車に憧れた口です。


>国内に問題満載なのに世界中でおせっかいしてる場合かと、国民でなくても思います。

はい、自国ファーストで何が悪い!? としか思いません。
で、もちろんその為に価値観の一致する国と連携すれば良い話で。

●呆れた さん

>アメリカの反トランプデモ参加者は、バスで移動して沖縄米軍反基地デモと同じです
そして、米国ニュージャージー州パラセイズパークの慰安婦碑壊されたが、パラセイズパーク市は問題にしてません

>藤井厳喜氏のクリントン財団の悪徳を指摘してます

>これを追加させてます

>すいません、一つ打ち直します

アメリカ版日教組とか・・・アメリカのサヨクも日本と同じようなもんですね。
そして、サヨク同士で日米連携しているのに、保守は全くしていないというのは大変だと思いました。
サヨクは世界中でネットワーク作っているのに、これじゃあ情報戦で負けるわけだ・・・

またまた連投、恐縮です。

>仰るように、元々少し常識がない家族かも。

アフリカ系アメリカ人の常識なのか、なんて思ったりも。ミシェルの母親はチャイナやキューバにまで
出張ってますが、父親の姿はない。死別か離婚かわかりませんが、もしそうした事情なら
その分、母への思いが深いのでしょうか。頭のいい人のはずが、こと肉親と
なると、同居や公式訪問同行など、はたからどう見えるかに無頓着なのが不思議です。

で、そんなオバマ妻ですが、大統領就任を祝うパーティに招待された女性たちが色かぶり
しないようにと、自身のドレスの色をネットで公表したとニュースになったことがあります。色かぶりは
どの国でも気にするのねと思った覚えがあります。ちょっと話が飛びますが、色かぶりと
いえば、我が国の皇太子妃。もう長年、堂々の色かぶりをやらかしておられます。一昨年、オランダ国王
来日の際、王妃と同色のオレンジ色のスーツでお出ましになったのには、ただただ驚愕。こんな惨状を
目の当たりにしながら、ことなかれ主義のかたまりの皇室ジャーナリストとやらは「王妃への
親愛の情のあらわれでは?」などと愚にもつかないコメントを垂れ流すしまつ。

メディアの存在意義は、日々の仕事や暮らしで忙しい国民に、なにが起こったか、できるだけ
そのままを伝えることのはず。

公式訪問や中国のお遊び旅行に同行した記者たちは、ミシェルの愚行を目の当たりにしながら、
なぜ、そのままを報じないのか。あのチャイナに子供や母親まで同行し、あまつさえ
チベット料理の店で食事をするなど、自由と人権を標ぼうする国の大統領夫人のすることですか。
皇太子妃の異様な言動も同様。あの方たちが出かける先には常にカメラマンや記者が待機してます。
そのままを伝えればいいのです。それを聞き、何を思うかは、読者や視聴者の仕事です。

つくづく思うのですが、高い志のもとマスメディアに進んだ人たちは、こんな仕事を
していて恥ずかしくないんでしょうか。最近、断捨離ばりに本棚、押し入れと整理を
するうち、大学時代の同級生が共同通信に行ったことを思い出しました。正直、誠実の
かたまりのような人でしたが、今どんな記事を書いてるのか。
ググればわかるのでしょうが、あの共同の現実を思うとはばかられます。


● いつも読んでいます   さん
こんにちは。

>アフリカ系アメリカ人の常識なのか、なんて思ったりも。ミシェルの母親はチャイナやキューバにまで
出張ってますが、父親の姿はない。死別か離婚かわかりませんが、もしそうした事情なら
その分、母への思いが深いのでしょうか。頭のいい人のはずが、こと肉親と
なると、同居や公式訪問同行など、はたからどう見えるかに無頓着なのが不思議です。

  伝統がないアメリカという国は、それをヨシとしているのかも知れませんね。
日本の常識ではちょっと考えられませんが。

>色かぶりと いえば、我が国の皇太子妃。もう長年、堂々の色かぶりをやらかしておられます。一昨年、オランダ国王 来日の際、王妃と同色のオレンジ色のスーツでお出ましになったのには、ただただ驚愕。こんな惨状を目の当たりにしながら、ことなかれ主義のかたまりの皇室ジャーナリストとやらは「王妃への親愛の情のあらわれでは?」などと愚にもつかないコメントを垂れ流すしまつ。

  あ~・・あと一時、なぜか紀子さまとかぶりまくりでしたね。
比較されたら絶対に不利なハズなのに、不思議な思考ですねぇ^^;

>公式訪問や中国のお遊び旅行に同行した記者たちは、ミシェルの愚行を目の当たりにしながら、
なぜ、そのままを報じないのか。あのチャイナに子供や母親まで同行し、あまつさえ
チベット料理の店で食事をするなど、自由と人権を標ぼうする国の大統領夫人のすることですか。
皇太子妃の異様な言動も同様。あの方たちが出かける先には常にカメラマンや記者が待機してます。
そのままを伝えればいいのです。それを聞き、何を思うかは、読者や視聴者の仕事です。

  はい、メディアの存在意義が問われます。
ありのまま、何も足さず何も引かずそのままを伝えればいい話だと思います。

>つくづく思うのですが、高い志のもとマスメディアに進んだ人たちは、こんな仕事を
していて恥ずかしくないんでしょうか。最近、断捨離ばりに本棚、押し入れと整理を
するうち、大学時代の同級生が共同通信に行ったことを思い出しました。正直、誠実の
かたまりのような人でしたが、今どんな記事を書いてるのか。
ググればわかるのでしょうが、あの共同の現実を思うとはばかられます。

  高い意志を持ってメディアに入社しても、長年居ると誰しも染まってしまうんでしょうか。
リベラルメディアがあってもいいけど、
マトモな保守メディアが(産経だけが頑張ってるけど)少なすぎます。

>高い意志を持ってメディアに入社しても、長年居ると誰しも染まってしまうんでしょうか。

テレビ、新聞等、大手メディアに就職したからには、総じて、有名大学出の高学歴でしょうに
なんと低品質な仕事ぶり。

以前、皇居近くの美術館に行ったとき、ビルの地下のセルフサービスのそば屋に入りました。
大手町に近い場所で、あのあたりの外資金融の社員なのか、若手の外国人が「作法は知らないけど、
でも食べたい」という顔で入ってきました。そのときのカウンターのおばちゃんの英語がすばらしかった。
「そばとうどん、どっちにします?」って、なんて言ったと思いますか? 「ブラックとホワイト、
どっち?」と臆することなく対応。ホ~っと見ほれました。

大手メディアで海外勤務をする記者たちの能力って、このおばちゃん(4大出の高学歴だったら
謝ります)以下ですね。英語もできないで海外に出てるのか、とまで言いたい。
なにをどう「取材」したら、あんな的外れニュースを次から次へと繰り出せるのか、もう、言葉もないです。


●いつも読んでいます  さん

>テレビ、新聞等、大手メディアに就職したからには、総じて、有名大学出の高学歴でしょうに
なんと低品質な仕事ぶり。

 鳥越なんか、京大で就職できそうも無かったけど、たまたま毎日新聞受けたら受かっちゃったと。
学生運動してても敬遠されなかったのはメディア系だったというわけです。
もともと、そういう思想の人が多いんでしょう。

>大手メディアで海外勤務をする記者たちの能力って、このおばちゃん(4大出の高学歴だったら
謝ります)以下ですね。英語もできないで海外に出てるのか、とまで言いたい。
なにをどう「取材」したら、あんな的外れニュースを次から次へと繰り出せるのか、もう、言葉もないです。

  さっきの記事で江崎道朗氏のことを紹介しましたが、
外国のサヨク新聞は日本のサヨク新聞と提携しているので、
事実を書くというよりイデオロギー重視なんだと思います。
だから慰安婦問題でもいつまで経っても、誤解されたままなんだと。

トランプ大統領登場で、アメリカに不法滞在している韓国人が強制送還恐怖に怯えている事態発生ですhttp://gensen2ch.com/archives/67101124.html だからトランプ当選後の反トランプデモは、沖縄米軍反基地デモと似ているhttp://blog.esuteru.com/archives/20005228.html http://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12189907648.html

●呆れた  さん

>トランプ大統領登場で、アメリカに不法滞在している韓国人が強制送還恐怖に怯えている事態発生です
だからトランプ当選後の反トランプデモは、沖縄米軍反基地デモと似ている

>日本のテレビ報道問題点を指摘してます

  トランプ現象で、隠れ韓国人とかいろいろ炙り出されて面白いですね。

反日記事垂れ流ししているNYT田渕広子関係で面白いブログがあったので提示しますhttp://blog.livedoor.jp/catnewsagency/archives/6405303.html

すいません一つ忘れていましたhttp://twitter.com/CatNewsAgency/status/799541918380257281

●呆れた さん

>反日記事垂れ流ししているNYT田渕広子関係で面白いブログがあったので提示します
>すいません一つ忘れていました

  反日教になるには、やはりそれなりの生い立ちってものがあるんですねぇ。

>大統領夫人になったら、どっかからのアドバイスでスーツを着るかも知れませんよ^^;

最近、トランプの隣でたたずむ元モデルの彼女、落ち着いた色の胸の強調されない
デザインの服を着てるのを見ると、徐々にそれっぽく見えてきて、いずれ立派な
ファーストレディになるだろなと思えてきます。「ヴォーグ」のモデルだったとかで、
ファッションやお化粧の知識もはんぱないでしょう。来年の就任式のいでたちが
少々、楽しみです。

関係ない話で失礼しました。


●いつも読んでいます さん

>最近、トランプの隣でたたずむ元モデルの彼女、落ち着いた色の胸の強調されない
デザインの服を着てるのを見ると、徐々にそれっぽく見えてきて、いずれ立派な
ファーストレディになるだろなと思えてきます。「ヴォーグ」のモデルだったとかで、
ファッションやお化粧の知識もはんぱないでしょう。来年の就任式のいでたちが
少々、楽しみです。

  そういえば最近お見かけしませんが、
どんなファッションかなと就任式が楽しみになってきました。
できたら、あの濃いすぎるメークをナチュラルにしてもらったら、好感度上がるかなと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 百田尚樹×石平対談本『「カエルの楽園」が地獄と化す日』あとがきと &スイス「民間防衛」 【虎ノ門ニュース】 | トップページ | 11/9日、第3回「竹島問題の早期解決を求める東京集会」。竹島上陸した韓国議員に公開質問状。 【ローカルニュース】 »