フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

  • にほんブログ村 テレビブログへ
    にほんブログ村 .

最近のコメント

カテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 沖縄に来た「少女像」制作の自称・芸術家夫妻と、元北朝鮮工作員立命館大学教授(徐勝)の活動 【虎ノ門ニュース】 | トップページ | サムスン電子・瑞草社屋の近隣に『半導体少女像』(・・;)! サムスン電子の酷い労働環境と、ファン・ユミさん(享年23歳)  »

2017年2月 4日 (土)

『トランプ政権・崩壊はあるか?』専門家3人の意見は・・。 岸井成格「「早ければ2年後にはもう持たなくなるのではないかな」【あさチャン!サタデー】

TBSテレビ 【あさチャン!サタデー】で、

「分断が進むアメリカ、世界中からの批判 トランプ政権崩壊というシナリオはあり得るか。」専門家3人の意見は・・というのをやっていたので記録しましたdownwardleft(青字はナレーション)

番組のつくりが、トランプ政権自体と、安倍総理がトランプ氏の移民・難民政策にノーコメントだったのを批判したくてしょうがないのだけは物凄く伝わってきたんですが、

田崎氏の正論には勝てなかった印象。

まっ、吉永みち子は「日本が孤立!」「消極的支持!」「顔のわからない国にまた戻るのか!」と頑張ってましたけどね(笑)にほんブログ村 テレビブログへ

そんなトランプ大統領と来週安倍総理は会談します。
世界中から反発が起きた「入国禁止」の大統領令について、総理は連日その姿勢を質されましたが返ってきた答えは同じでした。
008
 
蓮舫代表「7カ国の市民の入国を一時的に禁止するという大統領令に署名、国内外で反発が広がっているんですが、、」(民進党)
009
安倍総理「米国のいわば大統領令という形での米政府の考え方を示したものであろうと思います。それについて私がこの場でコメントする立場にはございませんが」
 
010
福山(陳)議員「アメリカの政策だからコメントする立場に無いと日本の総理が言ったら、本当に世界中が失望すると思いますよ」
 
011
安倍総理日本としてはですね、こうした難民が出てくるという状況を根絶する為に、その中で世界が協力していかなければいけない。日本も大きな役割を担っていかなければならないと考えております。」
012
福山(陳)議員誤魔化さないで下さい。私は難民とは言っていません。国を指定してその国からの入国をいま阻止している事についてどう思っていかと聞いているんです。」
 
安倍総理「今その政策について直ちにコメントする事は差し控えたいと思います」
果たしてどのような姿勢で安倍総理は来週の首脳会談に臨むのでしょうか。

« 沖縄に来た「少女像」制作の自称・芸術家夫妻と、元北朝鮮工作員立命館大学教授(徐勝)の活動 【虎ノ門ニュース】 | トップページ | サムスン電子・瑞草社屋の近隣に『半導体少女像』(・・;)! サムスン電子の酷い労働環境と、ファン・ユミさん(享年23歳)  »

テロ・テロリスト」カテゴリの記事

岸井成格」カテゴリの記事

朝チャン」カテゴリの記事

トランプ大統領」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

まあ、ここ最近のトランプ大統領の話題と言ったら事欠きませんが、メディアはなんというか一喜一憂のし過ぎなように感じます。田崎氏のような老練ともなると動じないようですが、岸井や吉永などの似非コメンテーターは、まさに一喜一憂の代表例のように思います。

吉永の発言の中で根本的に勘違いしてるなと感じたのは
>民主主義を守る・テロとの本当の戦い、この根源的な事に対して各国のトップが皆発言しているのに、日本が何も言わない
この部分でしょうか。
まず前半の「民主主義を守る」の部分に関して言えば、トランプ大統領は候補時代に言っていたことをやっているに過ぎない、という大前提を理解していないんだろうなと。支持率がどうのこうの、とか反対デモが止まらないとか言っても、結局のところ、あの論調で選挙を勝って大統領となったわけですから、ここは民主主義に反してるとは言えないでしょう。
また、後半部分の「日本が何も言わない」という部分に関しては、確かに日本はアメリカに対して物言(わ)えぬ部分は多々ありますが、こと今回の件に関しては「言うまでもなく」日本とアメリカには明確な立場の違いがあるのでコメントを避けるのは当然と思います。それに、まだ新政権になったばかりのアメリカに対して、下手な発言をして同盟関係の亀裂を入れるのは下策でしょうと。寧ろ、カナダ首相のように過剰反応して「難民歓迎」というほうが、一国のトップとして余程信用できないというものです。

トランプ政権下のアメリカは、まだなにもかもが社会実験的な状態ですし、同盟国の日本としては、しばらくの間、見極めが必要な状態が続くでしょうが、まずは在米日系企業をどう守り、TPPや関税などの話をどう決着するか、これら国益に直結する部分を重点的に対策していくことが大事でしょうね。

英国のEU離脱も、米国のトランプ大統領誕生も、世界が反移民に舵を切っていることの現れですが、吉永氏は相変わらず周回遅れの考えのようですね。

また、トランプ氏が失政で政権が持たなくなるというのであれば、相当な失政をしないといけないですね。オバマ氏があれだけ失政を重ねながら8年間大統領を務めましたからね。議会も共和党に負けていました。

そして、あの7カ国についてはオバマ大統領時代に指定されました。おまけにイラクに対しては半年間の入国制限をしていました。これについて吉永氏や佐古アナウンサーは知っているのでしょうかね(笑)
まあ、あの人達はテロリストや犯罪者の見方ですから、テロリストや犯罪者を自由に移動させろと主張したいのかもしれないですね。

●水浸し
こんばんは。

>まあ、ここ最近のトランプ大統領の話題と言ったら事欠きませんが、メディアはなんというか一喜一憂のし過ぎなように感じます。田崎氏のような老練ともなると動じないようですが、岸井や吉永などの似非コメンテーターは、まさに一喜一憂の代表例のように思います。

  岸井や吉永はポリコレ代表ですから、立ち居地としては批判し続けるべきですね。
いつまでもキレイごと言ってりゃ良いと思います。視聴者が呆れ果てるまで。

>吉永の発言の中で根本的に勘違いしてるなと感じたのは
>>民主主義を守る・テロとの本当の戦い、この根源的な事に対して各国のトップが皆発言しているのに、日本が何も言わない

はい、全く同感で、国民に選ばれたからにはその公約を守っているだけで、それを他国が干渉すべきではないと思いますね。
 日本はトランプにああだこうだ指図する立場ではないし、コメントを避けるのは当然。

>それに、まだ新政権になったばかりのアメリカに対して、下手な発言をして同盟関係の亀裂を入れるのは下策でしょうと。寧ろ、カナダ首相のように過剰反応して「難民歓迎」というほうが、一国のトップとして余程信用できないというものです。

ですね、幻滅しました。
カナダはヨーロッパの現状をちゃんと見ないと国民が不幸になり、絶対に後悔することになると思います。

>トランプ政権下のアメリカは、まだなにもかもが社会実験的な状態ですし、同盟国の日本としては、しばらくの間、見極めが必要な状態が続くでしょうが、まずは在米日系企業をどう守り、TPPや関税などの話をどう決着するか、これら国益に直結する部分を重点的に対策していくことが大事でしょうね。

  はい、まだまだ様子見で良いと思います。
ゴルフして、まず親密になることが大事ですよね。

● orange さん

>英国のEU離脱も、米国のトランプ大統領誕生も、世界が反移民に舵を切っていることの現れですが、吉永氏は相変わらず周回遅れの考えのようですね。

  特に「基本的なこういう事にちゃんと発言する国であってほしい」と本気で思っているなら、
まず、憲法9条改正しろというべきですよね(;一一)

>また、トランプ氏が失政で政権が持たなくなるというのであれば、相当な失政をしないといけないですね。オバマ氏があれだけ失政を重ねながら8年間大統領を務めましたからね。議会も共和党に負けていました。

ですね。オバマに比べて有言実行だし、最終的に凄い実績を残す大統領になる可能性を秘めていると思います。

>そして、あの7カ国についてはオバマ大統領時代に指定されました。おまけにイラクに対しては半年間の入国制限をしていました。これについて吉永氏や佐古アナウンサーは知っているのでしょうかね(笑)
まあ、あの人達はテロリストや犯罪者の見方ですから、テロリストや犯罪者を自由に移動させろと主張したいのかもしれないですね。

あの2人はテロより「人権]ですからね(呆)
オバマって色々と厳しい政策してきたのに何も言われず、トランプがやると総叩きって・・・
なんかどこのマスコミも一緒だなぁってカンジ。

>いつまでもキレイごと言ってりゃ良いと思います。視聴者が呆れ果てるまで。

呆れ果てを通り過ぎ、チラ見してもなにも感じなくなりました。
どうして、ああも型どおりの批判ありきの発言をしてられるのか、
実に不思議。奇妙な生き物を見る目になりますね。

最近、本当にテレビを見なくなりました。報道を名乗りながら提供する情報の
レベルの低さ。もっぱらラジオを聞いてますが、NHKにしろTBSにしろ、
岸のコピーみたいな評論家らがなにか発しないかぎり楽しめます。

そういえば、最近ニュースがトランプ一色でゲンナリしてますが、そんな
気持ちを代弁する「トランプ、トランプ、もう飽きた」という川柳が
NHKの川柳番組で紹介され、吹き出しました。ホントに、もうええかげんい
せんかい的気分です。

昨日の中国人ヤラセAPAデモで、イギリス・ロイター記者とドイツネットニュース内容が全く違いますhttp://twitter.com/CatNewsAgency/status/828247885498048512 ドイツはよほど日本は謝罪対象にしたいらしい。

●いつも読んでいます さん

>呆れ果てを通り過ぎ、チラ見してもなにも感じなくなりました。
どうして、ああも型どおりの批判ありきの発言をしてられるのか、
実に不思議。奇妙な生き物を見る目になりますね。

  元々の芸風なのでちょっとやそっとじゃ変わらないと思うけど、それにしても批判しないと死ぬ病気なのか??と思うことがあるようなないような(笑)
まっ佐古や竹内アナは根本的に思想的なものがあるようですけどね。

>もっぱらラジオを聞いてますが、NHKにしろTBSにしろ、
岸のコピーみたいな評論家らがなにか発しないかぎり楽しめます。

私もワイドショー・ニュースはほぼ飛ばしで見ます。
虎ノ門ニュースの方がよっぽど情報が深くて面白いし。
要は、テレビは魅力がなくなっているんですよね。

>そういえば、最近ニュースがトランプ一色でゲンナリしてますが、そんな
気持ちを代弁する「トランプ、トランプ、もう飽きた」という川柳が
NHKの川柳番組で紹介され、吹き出しました。ホントに、もうええかげんい
せんかい的気分です。

もう飽きたといえば、小池都知事ネタもマジいい加減にしてほしい。
そもそも毎日毎日やる必要あるのかなと、地方在住としてはうんざりしてテレビから離れます。
 それより国会始まってるんだから、共謀罪のマトモな解説とかやるべきかと。

●呆れた さん

>昨日の中国人ヤラセAPAデモで、イギリス・ロイター記者とドイツネットニュース内容が全く違いますドイツはよほど日本は謝罪対象にしたいらしい。

  BBC、「平和」「友好」を唱える中国人デモに対し、南京大虐殺を否定し、旭日旗を振って中国人に襲いかかる日本人、という描き方。」 ←これ酷い。

長谷川幸洋氏が、所属する東京新聞が「ニュース女子」で謝罪記事を掲載した事に反論して「言論の自由の侵害」「北朝鮮と同じになる」として断固闘うと宣言して論説副主幹を辞めない表明したけれど、東京新聞、朝日新聞などは表現の自由などをどう考えているの?http://www.sankei.com/entertainments/news/170206/ent1702060011-n1.html http://www.youtube.com/watch?v=f9ALVDEEKUw (19分頃からニュース女子なります)

須田順一郎氏が大阪・朝日放送出入り禁止なった理由が「ムーヴ」で過激発言(勝谷政彦氏)連発出入り禁止事です(ムーヴは須田、勝谷両氏で番組を終了させて出入り禁止。40分頃から)http://www.youtube.com/watch?v=CCpxMGcKQyw

● 呆れた  さん

>長谷川幸洋氏が、所属する東京新聞が「ニュース女子」で謝罪記事を掲載した事に反論して「言論の自由の侵害」「北朝鮮と同じになる」として断固闘うと宣言して論説副主幹を辞めない表明したけれど、東京新聞、朝日新聞などは表現の自由などをどう考えているの?

  ザ・ボイスで自分から辞める事は500%ないと明言してましたね。
で、東京新聞は全体主義で北朝鮮もどきという事でよろしいんじゃないでしょうか。

>須田順一郎氏が大阪・朝日放送出入り禁止なった理由が「ムーヴ」で過激発言(勝谷政彦氏)連発出入り禁止事です(ムーヴは須田、勝谷両氏で番組を終了させて出入り禁止。40分頃から)

  ムーブはずっと見ていたけど、ある時から(富坂が出だした頃から)おかしくなり、
局内部の方針が転換したんだなと感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2010487/69480962

この記事へのトラックバック一覧です: 『トランプ政権・崩壊はあるか?』専門家3人の意見は・・。 岸井成格「「早ければ2年後にはもう持たなくなるのではないかな」【あさチャン!サタデー】:

« 沖縄に来た「少女像」制作の自称・芸術家夫妻と、元北朝鮮工作員立命館大学教授(徐勝)の活動 【虎ノ門ニュース】 | トップページ | サムスン電子・瑞草社屋の近隣に『半導体少女像』(・・;)! サムスン電子の酷い労働環境と、ファン・ユミさん(享年23歳)  »