フォト

最近の記事

ツイッター

バナー

最近のコメント

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 【2010年TBS放送】 韓国『日帝呪いの杭伝説』【Nスタ】 | トップページ | 【自衛隊違憲論】河野克俊元統合幕僚長「自衛隊は実力組織なので、憲法違反かもしれない状況のまま国家として進むのはもう限界」【#虎8】 »

2019年5月14日 (火)

【#鉄杭神話の真実】風水侵略?! 金容三氏「この鉄柱が独立記念館『日帝侵略館』に展示され『鉄の杭シンドローム』が拡散した」

     YouTube【李承晩学堂TV 】、 金容三氏解説『鉄杭神話の真実』の書き起こしして記録しました(緑字は国策の部分)

最初に「日本が打ち込んだという鉄杭は『日帝の風水侵略用』ではなく、 全部嘘!と明らかにしたのが金容三記者だそうです。

「インチキ鉄杭神話は韓国人の閉鎖的世界観、非科学性、迷信性の3つが結合して現れた惨劇 」という解説。

金氏が「日本のNHK・TBSなども訪韓し取材に来た」と言っていたけど、まさにその日本側のニュースを9年前に書き起こししていたので、それも紹介します。

 

「鉄杭神話の真実」 金容三

今まで我々社会において 日帝が朝鮮の地から優秀な人材が生まれるのを妨げるために、全国の名山にわざと鉄の杭を打ち込んで風水侵略をしたと、伝説のように伝えられてきた。
これは事実ではありません。うそっぱちです。

2_4  Photo_8 

  
日帝が打ち込んだという鉄の杭がみな偽物だという事実を明らかにしたのは私が月刊朝鮮1995年10月号「大韓民国の国教は風水か?」という記事を通してでした。

この記事が報道されると独立記念館は展示していた鉄の杭を片付けましたが、
この内容が産経新聞の黒田記者に取材され社会面のトップ記事に報道されました。

 

3_4 4_4

我々社会にとって鉄の杭シンドローム』を興す契機金泳三政府が、光復50周年に当たる1995年2月"50周年記念力点推進事業"として鉄の杭除去を推進してからです。

それまで民間次元で「我々を考える会」という団体と西京大学経済学科・徐吉秀(ソ・キルス)教授が鉄の杭除去事業を推進してきたが、政府が乗り出し、一種の国策事業として格上げされました。

 

民間人たちが「日帝鉄の杭」といって除去した実績は、北漢山で17個、俗離山で8個、馬山舞鶴山舞峰で1個が除去されたのが全部です。民間人が除去したという鉄杭も日本人が風水侵略の意図で打ち込んだという証拠はありません
1984年北漢山白雲台の山行に出かけた民間団体が登山客から「日本人がソウルの精気を抹殺するために打ち込んだ鉄柱」
という説明を聞いて除去しました。

5_2 6_5
この鉄柱が独立記念館の「日帝侵略館」に展示され、我々社会に「鉄の杭シンドローム」を拡散させました。
しかしこの鉄の杭を除去するのに参与した風水師や徐吉秀教授、鉄杭除去団体、「我々を考える会」の具ユンソ会長など
その誰も日本が撃ち込んだ鉄杭という事実を合理的かつ客観的・科学的に立証できるだけの根拠を提示出来ませんでした

うわさと口伝が確かだから「日帝の素行」に違いないというレベルでした。
独立記念館も白雲台鉄杭を科学的に調査、研究、分析せずに寄贈者の言葉だけを信じて展示しました。
このようにほとんど 迷信水準で広まった証言をもとに金泳三政府が光復50年を迎え、突然始めたのが鉄杭除去事業でした。

 

意気揚々と事業に手をつけ始めると深刻な問題が発生しました。
青瓦台の指示を受けた内務省が全国の各市郡面に公文を送り、地方行政の官庁には自分の村で発見された
鉄杭が風水侵略の為、日本が撃ち込んだものだという事実を立証できる専門家がいませんでした

7_4 8_3
結局地方行政機関は各地域で風水をかじった事のある地官とか占術家を鉄杭鑑定専門家として動員しました。
1995年2月15日から8月14日まで、6ケ月間全国から申告件数は全部で439件あり、そのうち日帝が撃ち込んだ鉄杭だと確認され除去されたものは18個でした。
筆者が月刊朝鮮記者時代、全国18個所の鉄杭除去現場を訪ね周囲の人々、公務員、専門家たちに確認した結果、日帝が打ち込んだという鉄杭と確認されたものは1つもありませんでした。事例を幾つか紹介してみます。

 

金烏山(クモサン)で除去された鉄杭を鑑定した専門家は大邱(テグ)の占術家閔氏でした。彼は鉄杭が打ち込まれている場所が風水的にみて明堂だと言いました。
「竜が点に勢い良く昇って行くが如くの所に横たわる仏像の額の部分に鉄杭が打たれていたと」説明しました。
それならこの鉄杭を日程が打ち込んだというか月的かつ客観的証拠が何なのかを訊くと
「証拠はないが金烏山は風水的観点から非常に重要な所であるため日帝の素行であると推定した」と言いました。
制作時期も表面の腐食の程度で推定しただけで、他の検証は行っていないと告白しました。

慶北金川市鳳山面広川里ヌリ山で発見された鉄杭も、金烏山の事例と同一の大邱の占術家閔氏が金烏山と似た理由で日帝鉄杭であると鑑定していました。

忠北永同郡秋風嶺馬岩山雲水峰からも鉄杭が除去されましたが永同郡庁の担当公務員は、「日本が打ち込んだという根拠が無いため半信半疑しながら抜いた」と告白しました。
疑惑だらけの鉄杭は1995年6月5日午後盛大な山神祭と共に除去されましたが、

9 10_1

山神祭と鉄杭除去行事は日本のNHK、TBS、東京放送が来韓して取材しました。

忠北丹陽郡永春面上1里南漢江北壁入口で3つの鉄杭が発見されました。通報者達は1894年頃永春面で義兵と日本軍との間で大きな戦闘が繰り広げられたが「抗日運動が二度と起きないように日帝が打ち込んだ」と主張しました。

Photo_21  12_2
ところが前永春面長であり現地住民でもある兎ゲホン氏はそれらが日帝が打ち込んだものではなく
「終戦後住民たちが北壁の下に船をロープで止める為に打ち込んだものだ」と証言しました。
兎氏は「郡庁の人たちにこの内容を説明したけれど いくら話しても『日帝が打ち込んだ鉄杭』になってしまったと話しました。

   Photo_23 Photo_28

江原道寧越郡南面トキョウ4里でも鉄杭が除去されました。
この鉄杭は1995年6月13日に発見されましたが、 光復50周年記念イベント行事のムードを盛り上げるため2か月延ばして、終戦記念日前日の8月14日に劇的に除去されました。
現場に行って確認すると除去された鉄杭の長さはボールペンより少し大きめでした。明堂の急所を絶つために打ち込んだと見るにはあまりにも小さかった。

15  Photo_26
通報者たちは文禄の役の時、明の将軍李如松が打ち込んだという説と、日帝が韓日併合以降打ち込んだという説があるが
日帝が打ち込んだという人たちがもっと多いので除去したと言いました。 住民の多数決で日帝が打ち込んだと決めたわけです。

江原道揚口郡では全部で3つの鉄杭が除去されました。この地域のものは一番長いものが2m58cm、直径2.5cmにも及ぶ大型というのが特徴でした。
しかし除去された鉄杭の状況を見ると、錆もなくきれいであり、最近のものである事がはっきりしていました。
周囲では専門家の考証を受けてからにした方がいいと助言もしてみたけれど無視されました。
3.1節行事に合わせて雰囲気を盛り上げるのに汲々としていたためです。

Photo_22 Photo_26

その結果 2月28日マスコミの大々的な注目を浴びて除去されました。
この鉄杭が日帝の風水侵略だという証拠は噂と伝説と変わらない住民の証言だけでした。
揚口で除去された鉄杭はソウルの国立民族博物館で開かれた光復50周年記念「近代百年民俗風物展」に展示されました。日帝が打ち込んだ鉄杭という証拠が皆無なこの鉄杭には次のような説明文がついていました。

19Photo_9  
「民族抹殺政策の一環として日本人は我々民族の精気と脈を抹殺するために全国の名山に鉄杭
を打ち込んだり、鉄を溶かして流し込んだり、炭や瓶を埋めた。
風水地理的に有名な名山に鉄杭を打ち込んで地の気を押さえ、人材輩出と精気を妨げるためである。」

 

鉄杭除去専門家として知られる「我々を考える会」の具ユンソ会長や徐吉秀教授も全国で発見された鉄杭が日帝の風水侵略用のものだという根拠がないという事実を率直に認めました。
具会長や徐教授は地方自治体の「鉄杭」鑑定の要請を受け、いくつかの地域で調査作業に参加した結果、 軍部隊が打ち込んだもの、木材の電柱を支えるためのもの。鉱山や山での荷物の運搬用だと判明されました。

1

にもかかわらず公務員たちは「日帝の鉄杭にしてくれ」と哀願する場合が大部分だったと言います。

 

今こそ真実を明かす時がきました。鉄杭が打ち込まれていると通報された地域を調査した結果、
測量をする為の起点として活用された大三角点、小三角点とほぼ一致するという事実が判明しました。
この事を立証してくれた人が江原道華川郡の李ボンドク氏です。

彼は21才の時である1938年頃、山林保護局臨時職員として朝鮮総督府から来た測量技師、賀ジュウケン(当時30才)と張吉福(当時25才)という人たちの華川揚口一帯を測量する業務を手伝いました。
彼は「日帝時代我々の国の人々は測量の為打ち付けた大三角点と小三角点を日程が国土の急所を切る為に打った鉄杭だと誤解した」と言いました。
大三角点とは測量基準点ですが、頭の部分の十字の真ん中に測量器の軸を合わせて測量する基点です。
日本が朝鮮を併合した後、土地調査のために測量をしながら測量基準点標識を全国の高い山に設置しました。

2_3 
朝鮮の人々は全国の山々の頂上に立っているおかしな形をした棒を見て、「日本人が朝鮮人に人材が出ないように国土の急所を切ってまわっている」という噂が広がっていきました。
測量技師が山に登って設置すると住民たちが夜中に全部掘り出し金槌で叩いて壊しバラバラにしたといいました。
測量器を山のてっぺんまで運搬する事を村の大人たちに依頼したが彼らは山に登りながら、「この山は日本人(倭人ウエイン)が急所を切った山」と話していたそうです。

しかし、彼らが頂上に登って技師たちが大三角点に測量器を立てるのを見て「村老たちはあれを見て急所を切ったと言ったのか」
とうなだれて山を下りる姿を数えきれないほど目撃したというのです。「測量用三角点が打ち込まれてある所が多かった」と認めています。

 

これが私たちがこれまで伝説のように信じてきた鉄杭神話の真実です。

4_55_3    

インチキ鉄杭神話は韓国人の閉鎖的世界観、非科学性、迷信性の3つが結合して現れた惨劇です。

このような非科学性と迷信性に「反日感情」「種族的民主主義」が結合され怪物のような鉄杭神話が誕生し、21世紀を生きていく我々は未だそのような

6_67_5

嘘の扇動に騙されている姿を見ると痛嘆する。
皆さん、二度と偽造扇動に騙されないでください。ありがとうございます。

 

  これに関する2010年のTBSの報道です右

«【2010年TBS放送】 韓国『日帝呪いの杭伝説』【Nスタ】 »2019年5月13日

015  023

 

韓国国営放送のKBSまで「風水侵略」って言っちゃってるところがもう・・ね��

「二度と偽造扇動に騙されないで!」という金氏の訴えは切実だけど、

鉄杭に関しても、うわさと口伝で「日帝の素行」に違いないというレベルで、
科学的に調査、研究、分析せずに独立記念館展示しちゃう国だし・・

国策的に扇動されてる「慰安婦問題」「徴用工問題」「独島は我が領土」みれば絶望的だと思います。

 

関連記事

«李栄薫氏「『嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判 、嘘の文化、嘘の外交』(韓国)必ず再び亡国の悲哀が」(前編) »2019年5月 6日 

Tv3 Tv8

 

«李栄薫氏「『嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判 、嘘の文化、嘘の外交』(韓国)遂にこの嘘は司法部まで深く浸透、不精で無知で傲慢 #徴用工」(後編) »2019年5月 6日

Tv9  Tv10

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村     ←ちょっと共感!の方はポチッとよろしく   

Ebimarubn1mid←ユーキさんのチラシ集積サイト 

 Blogchirasi_bn←テーブルに、冷蔵庫に、チラシをペタッ!

« 【2010年TBS放送】 韓国『日帝呪いの杭伝説』【Nスタ】 | トップページ | 【自衛隊違憲論】河野克俊元統合幕僚長「自衛隊は実力組織なので、憲法違反かもしれない状況のまま国家として進むのはもう限界」【#虎8】 »

韓国のタブー」カテゴリの記事

韓国、不正関連ニュース」カテゴリの記事

韓国の社会問題」カテゴリの記事

李承晩学堂TV」カテゴリの記事

コメント

基本わたしゃ文系なんですが、宇宙とか量子力学とか好きなんでうんちく程度の本はそこそこ読む。
しかしながら「おぞけがきよった(泣。」みたいな経験も何かしらある。
で、オカルトは大好きだが論理的には解らない、が私の立ち位置。

そんな私がいまだ興味深いと思うのが、彼の冝保愛子女史の半島に纏わる伝説だろう。
興味のある方はググってちょ。

スレチになりますが、ご了承ください。佐藤浩市の「空母いぶき」での安倍首相の潰瘍性大腸炎を揶揄する発言で左翼マスコミは無理筋擁護しているけれど、7年前の安倍首相再登板で桂南光・堀ちえみが「ちちんぷいぷい」で安倍首相の潰瘍性大腸炎をバカにする発言して大顰蹙を買ったことを理解していれば、こんな書き込みはしなかった!発売元の小学館も「美味しんぼ」で福島県の風評被害を発生させて後始末せずに連載終了で敵前逃亡した前科があるから反発されていることを理解していない。
https://www.j-cast.com/2019/05/13357294.html?p=all
https://www.youtube.com/watch?v=Ulzwl_tx4
https://matome.naber.jp/odai/2139996881318365901

今晩は。  
『なぜ韓国人は嘘を吐くのか(そして吐いた嘘を頑なに信じ込むのか)』と言う事に関して、
過日に見かけたツイートをご紹介。

>>
ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126855530167832576
因みに韓国の教育(や社会)の根本的な問題としてあるのが意外な事に、「(儒教的価値観からくる)教条的なまでの嘘の否定」が幼少期に行われる事です。
此れは教育学的には非常に危険で、子供が嘘をつく(=大人との認識の違いがある)事を異常に否定する事で、適応障害が引き起こされるのです。

ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126856835192053763
この「嘘の否定」は、例えば親が「廊下で走ってはいけません」と言ったのを子供は『全速力で走ってはいけない(=急いで歩く、小走りなら大丈夫)」と認識する事で起きる判断の衝突なのですね。
此処で大人の「走る」と子供の「走る」に認識の齟齬が発生します。

ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126857626782924807
子供は
10: 猛ダッシュ
9: かなり早い競争
8: 焦って大急ぎ
7: 普通に早く移動
6: ちょっと急いで歩く
5: 小走りに歩く
4: 早めに歩く
3: 普通に歩く
2: ゆっくり歩く
1: 止まる
で9や10を「走る」に対して、親は5以上を走ると認識します。

ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126858365337067520
ですので誰かとぶつかって大人が「走ってたでしょ!?」と叱ると「走ってない(ちょっと早く歩いてただけ)」となって、大人は子供が嘘をついたと叱るのです。他にも子供は親の期待する答えに合わせようとするのに其れを嘘だと叱られる事で意見のすり合わせが出来なくなるのです。

ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126859023066828800
これが極端に行われているのが韓国で、其れがコード人事や他者と自分の区別が認識できない民族性となって現れるのですね。
そしてどうしても出てしまう他人との違いが認識に破綻を引き起こし、「息をする様に嘘をつく」とも揶揄される行動に繋がります。

ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126859825432932352
其れは韓国の社会では嘘だと知って嘘をつく事で自己矛盾を引き起こして破綻する為、「嘘ではない」と強く信じ切ってしまうからなのです。
其れが従軍慰安婦強制連行や徴用工、旭日旗問題などの根底にある話で、一度言ったことが間違っていた、というのが道徳的に許されない為に悪化する事例です。

ttps://twitter.com/edgeofstreet918/status/1126860080547282946
こうした問題の根底にある教育問題を理解して、初めて日本側が効果的な対応を出来るようになると思いますので、ご参考までに。
<<

転載ここまで。  そりゃ韓国は名状し難き狂気や妄執に囚われ続けるわけですな。

ただ、「教育の崩壊」は日本も他人事じゃないかもしれませんねぇ……。

●呆れた さん

>半島の女性扱いを解説してます。
>スレチになりますが、ご了承ください。佐藤浩市の「空母いぶき」での安倍首相の潰瘍性大腸炎を揶揄する発言で左翼マスコミは無理筋擁護しているけれど、7年前の安倍首相再登板で桂南光・堀ちえみが「ちちんぷいぷい」で安倍首相の潰瘍性大腸炎をバカにする発言して大顰蹙を買ったことを理解していれば、こんな書き込みはしなかった!発売元の小学館も「美味しんぼ」で福島県の風評被害を発生させて後始末せずに連載終了で敵前逃亡した前科があるから反発されていることを理解していない。
>すいません打ち直します。
>すいません再度実行して打ち直します。

 採紅使(チェホンサ)採緑使(チェロクサ)・弘済院(ホンジュイワン)・還郷女(ファランギョン)
悲惨な半島の女性の扱い・・従軍慰安婦強制連行神話の根源ですね(・・;)

● 通りすがりの二日酔い  さん

>基本わたしゃ文系なんですが、宇宙とか量子力学とか好きなんでうんちく程度の本はそこそこ読む。
しかしながら「おぞけがきよった(泣。」みたいな経験も何かしらある。
で、オカルトは大好きだが論理的には解らない、が私の立ち位置。
そんな私がいまだ興味深いと思うのが、彼の冝保愛子女史の半島に纏わる伝説だろう。
興味のある方はググってちょ。

  「おぞけがきよった(泣。」・・・妖怪が来た!みたいなカンジ?
私も超能力とか一切信じてないけど、でも金縛りとポルターガイストは一度体験し、
いまだにアレは何だったんだろう・・と思います。
  宜保愛子さんの韓国ギライの話は有名ですよね。「おぞましい・・」とかなんとか。
そりゃ過去あの地で起きた凄惨な拷問死などの怨霊が半端ないし
妬み・嫉み・嘘にまみれた「空気」とかメッチャ凄そうだし、本物の霊能者ならたまらないかも。
 あと、ローマ法王にも「道徳的、霊的に生まれ変われ」って言われましたね。

● unknown_protcol さん
こんにちは。

> 『なぜ韓国人は嘘を吐くのか(そして吐いた嘘を頑なに信じ込むのか)』と言う事に関して、
過日に見かけたツイートをご紹介。
<<
>転載ここまで。  そりゃ韓国は名状し難き狂気や妄執に囚われ続けるわけですな。
ただ、「教育の崩壊」は日本も他人事じゃないかもしれませんねぇ……。

韓国人が嘘をつくのが平気なのは、儒教的価値観というのは分かっていたけど、
「異常に否定する事で、適応障害が引き起こされる」というのは超意外でした。
それにしても国全体が「嘘ではない」と強く信じ切ってしまう現象って、集団催眠みたい。
 日本の教育、で一番おかしいのは「歴史教育」だけど、ネット社会になって段々気づいた人が多くなってきたし、狂った「日教組」もかなり衰退してきたので、あまり悲観しなくていいかも?

半島は今でも迷信の国ですな

これを追加します。
https://www.youtube.com/watch?v=QWbjYlXKUPo

久しぶりに書き込みさせていただきます。
ここ二年ほど韓国の印象が世間ではかわりつつあるようですね。
ヤフコメやツイッターを見ていると拒否反応や苦手とする人が急増して
これでいいのだろうか、と考えてます。
ヤフコメを読んでいると韓国に暴言やどうかと思う乱暴な意見も寄せられています。
世間では韓国も他の国と同じようにある程度は成熟した集団で日本とは地理的に近い分、親しみを持たれている場合が多いのではないでしょうか。その分、韓国のある側面を知ったときにショックが大きいのかもしれません。そういうときは韓国の良い点を探して見るようにするのが大事かもしれませんね。別の観点からすると小さい頃から歴史の授業で半島のことを少しは学ぶけれどさほど興味も関心もなかったとも言えますが・・・。最近は若い子たちの間で注目されている韓国文化。でも好きなのは現代韓国文化で韓国の歴史や伝統文化にはあまり興味なし。しかも実態は極一部のなかでの流行に過ぎず、いうほど独自性もない。現代韓国文化をこんなに評価しているのは日本くらいでじゃないでしょうか。そういう一面もありますがとりあえず犬猿の仲にならないことを祈ります。

● さん

>半島は今でも迷信の国ですな

  はい、今でもね、そして多分永遠に。

● ねつ さん
お久しぶりです。こんばんは。

>ヤフコメやツイッターを見ていると拒否反応や苦手とする人が急増して
これでいいのだろうか、と考えてます。
ヤフコメを読んでいると韓国に暴言やどうかと思う乱暴な意見も寄せられています。

  韓国の実態がハッキリしてきたという事でしょう。特に文在寅を見てると責任転嫁にウンザリです。


> 世間では韓国も他の国と同じようにある程度は成熟した集団で日本とは地理的に近い分、親しみを持たれている場合が多いのではないでしょうか。その分、韓国のある側面を知ったときにショックが大きいのかもしれません。そういうときは韓国の良い点を探して見るようにするのが大事かもしれませんね。別の観点からすると小さい頃から歴史の授業で半島のことを少しは学ぶけれどさほど興味も関心もなかったとも言えますが・・・。最近は若い子たちの間で注目されている韓国文化。でも好きなのは現代韓国文化で韓国の歴史や伝統文化にはあまり興味なし。しかも実態は極一部のなかでの流行に過ぎず、いうほど独自性もない。現代韓国文化をこんなに評価しているのは日本くらいでじゃないでしょうか。そういう一面もありますがとりあえず犬猿の仲にならないことを祈ります。

実態を知ればそんな悠長な事は言えません。
約束を守らず、反日教育しているのはどの国ですか?!
 とりあえず、
百田尚樹著「今こそ韓国に謝ろう そしてさらばと言おう」か
松木国俊著『ほんとうは、「日韓併合」が韓国を救った!』を読むことを心底お勧めします。

「朝鮮測量事業と朝鮮民衆」海野福寿著より

>日本人測量技師の襲撃事件は続いた。
一例として1899年3月全羅南道威平郡で起きた明太魚事件(スケトウダラ事件)である。
この年1月全羅北道を襲った津波は、前年日本人がこの地方の山頂に明太魚を埋め歩いたためであるという風説が広まっていた。
3月16日午後4時ころ中尾芳太郎らが長古南方の山頂で作業中、ふもと住民が取り囲み「明太魚はどこへ埋めたか白状すべし。何故我々を殺そうとするのか」と詰問のうえ測量板、旅券などを奪い、捕縛したまま乱打した。
明太魚説が広まり測量技師達を襲う事件が多発、その他にも水準点らしきものを破壊する行為が続いた。 ・・・

BBCが半島の伝統芸を報道してます。何故かNHKは報道しません!
https://www.bbc.com/japanese/48346071

●     さん

>>「朝鮮測量事業と朝鮮民衆」海野福寿著より
>>日本人測量技師の襲撃事件は続いた。
一例として1899年3月全羅南道威平郡で起きた明太魚事件(スケトウダラ事件)である。
この年1月全羅北道を襲った津波は、前年日本人がこの地方の山頂に明太魚を埋め歩いたためであるという風説が広まっていた。
3月16日午後4時ころ中尾芳太郎らが長古南方の山頂で作業中、ふもと住民が取り囲み「明太魚はどこへ埋めたか白状すべし。何故我々を殺そうとするのか」と詰問のうえ測量板、旅券などを奪い、捕縛したまま乱打した。
明太魚説が広まり測量技師達を襲う事件が多発、その他にも水準点らしきものを破壊する行為が続いた。 ・・・


当時、土人並みの人達の為に、十二分に施しをしようとした日本人に対し、酷い仕打ちです・・(怒)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【2010年TBS放送】 韓国『日帝呪いの杭伝説』【Nスタ】 | トップページ | 【自衛隊違憲論】河野克俊元統合幕僚長「自衛隊は実力組織なので、憲法違反かもしれない状況のまま国家として進むのはもう限界」【#虎8】 »