As20190206002535_commアイヌの長老たちは、2017年に北海道白老市の記念館の建設現場で行われた伝統的なアイヌの祈りに参加します。(朝日新聞ファイル写真)

danger彼らの文化をほぼ消滅させた強制的な同化と差別の一世紀以上の後アイヌはついに通常の国会に提出される法律の下で先住民族として認識されることになっています。

法案草案は2月5日に、その土地、インフラ、運輸および観光課を含む与党自民党内の団体の合同会議によって承認された。 

アイヌ人に対する差別を禁止する一方で、この法案はアイヌの出身地である北海道の最北端の本島への観光振興のための新たな助成金を設けることも規定している。 

政府は現在の会期中に立法が成立することを期待しています。 

アイヌ人を先住民族であると認める表現を含めることは、1994年に亡くなった父親のシゲルが最初の国会議員になった茅野史郎氏によって「一歩前進」と言われました。 

法案案は、その目的を、民族としてのアイヌの誇りを尊重する社会を実現することとして述べている。アイヌが伝統的な漁法に従事できるようにするために、法的規制は緩和されるでしょう。 

観光資源としてのアイヌ文化の発展を促進するとともに、アイヌコミュニティを支援するためのバス運行を支援するために、2019年度予算に10億円の助成金が提案される予定です。

アイヌ文化を促進するための現在の法律は、アイヌの人々の生活を向上させるための文化の促進と福祉措置に焦点を当てています。この新しい法案は、国際交流の拡大も視野に入れて、地域社会や産業を促進するためのより包括的な一連の措置を実施するための努力となるでしょう

この動きを後押しした要因には、dangerアイヌの日本の歴史的な扱い、先住民族としてのアイヌの適切な認識を提供するという国際社会からの要求の高まりが含まれます。

また、東京がサマーオリンピックとパラリンピックを主催する2020年までに、政府が外国人観光客数の目標を4000万人に達成するのを支援することも意図されています。

その他の政府の宣伝活動には、年間100万人の訪問者を集めることを目標として、2020年4月に北海道白老市に国立アイヌ博物館と公園を開く計画が含まれています。

2018年8月、内閣官房長官須賀芳秀が北海道を訪問した際、「アイヌ文化の素晴らしい側面を世界に理解させることは、国際的な親善に貢献し、観光の振興につながる」と語った。

しかしアイヌの人々にとって、法案は世紀以上の差別、貧困そして彼らの文化的伝統が消されていることへの恐れの後に来る

1868年の明治維新の後、生まれ故郷の北海道が引き継がれました。政府がアイヌを先住民族と認めたことは一度もありませんでしたが、1899年に成立した法律では 

1997年まで、アイヌ文化を促進するための法律が廃止され、現在の法律に置き換えられました。 

しかし、さまざまな調査によると、アイヌの子孫はまだほとんどの人よりもそれを厳しくしています 

2017年、北海道政府はアイヌが暮らしていることが確認された63の市町村について調査を行いました。1つの発見はアイヌの33.3パーセントだけがそれらの63の自治体のための45.8パーセントの全体的な率と比較して大学に行ったということでした調査のためにインタビューを受けた671人のうち、23.2%がアイヌであることに対して差別されていると答えた。

アイヌのルーツを公開しないことを選択した多くの人々が、アイヌと民族的なつながりがあることは明らかではありません。(この記事は、松山直樹と吉垣文子のレポートをまとめたものです。)